ホンダ N-BOX /

代車で借りたのでレビュー。

中々珍妙な車なので楽しかったです。

今一番売れているN-BOXの変わり種版、
ルーフを低くし、リアドアがヒンジになり、2ドアっぽく見せています。

乗り込んでみると、白×水色のポップな色調。
幅こそ無いですが、シートはベンチシート風のたっぷりしたもの。
特徴的なウインドシールド廻りのデザインで、ハンドルから前が長く、
着座位置も結構高いので、大きい車に乗っている様です。

但し、以前N-WGNに乗った時も感じましたが、ポジションは
背の低い女性に合わせやすくなっているせいか、足元を合わせると
ハンドルが遠く、ハンドルに合わせると足元が窮屈となってしまい、
結局どっち付かずの中途半端なポジションになってしまいます。
又、上から踏みつけるようなペダルもイマイチ。フィールもブカブカ。
ベースのN-BOXはサイドウインドウは6ライトですが、こっちは
Cピラーの小窓がない上、徐々にウエストラインがせり上がっている為、
斜め後方視界はかなり悪いです。

ともあれ、走り出しは意外とスムーズ、ホンダらしい硬めの
足回りです。まあ車高もあるので、柔らかいと安心して走れないでしょう。
と言っても乗り心地は悪くないですが、常に路面の振動を伝える感じは
乗るにつれ気になってくるものでした。ちょっとした目地段差でも素直にショックが
伝わってくるので乗るにつれ嫌な感じが増していきました。

加速はノンターボの為推して知るべしで、定速で走っている限り
1500回転くらいにエンジンが抑えられている為、意外に静かですが、
結構踏み込まないと加速状態には移りませんし、踏めば踏んだでかなり喧しい。
エコモードになっていた為、解除してみましたが、そうすると今度は
アイドリングストップをしなくなり、停止状態からの踏み込みでは
エンジン音の高まりとともに妙なウナリ音(CVT?)が響き渡るし、
スナッチも過大となるため、結局エコモードに戻しました。

ハンドリングについては、フィールもほとんど無く渋い感覚、
しかも直進でも微修正舵を必要とするので疲れます。
ただこれ、ハンドルを軽くするスイッチがあって、こちらだと
全くフィールはなくなり、まさに小指一本でも回せるような感じになって、
むしろこちらのほうがマシで、車にもあっていると思います。
いずれにせよ、乗り心地の面含め、小径低燃費志向タイヤが
悪さをしている感じで、車なりの走りからちょっと外れると
「もうこれ以上無理できないな」といった感じで頼りないです。

ブレーキについては、ペダルストロークが大きく、初期応答までの
遊びも過多に思えましたが、フィール自体は悪くなく、停止の
抜き際のコントロールも断然しやすい。アイドリングストップの仕方が
N-WGNに比べ遥かに自然で、変にエンジンが再始動してギクシャク
することもなかったですし。そう、アイドリングストップは基本的に
注意深く観察すれば、若干始動からの繋がりに難が出ることもあれど、
違和感もなく使えました。始動時も室内にいる限り気にならず。

それにしても装備は満載で、冬だけにステアリング、シートヒーターは
なかなかいい装備でした。その他、オートライトにクルーズコントロール、
安全ブレーキ等々、フィットにも勝る装備が多々あります。
最初は遅いと思いましたが、乗り慣れるにつれて、交通の流れに乗る
位の速度域であれば問題なく使えることもわかりましたし、意外に
注目度も高く、駐車も楽々というわけで、(ベースのN-BOXが)
売れているのも納得の出来でした。

ただまあ、コレで200万円を超えてくるようなものですから、
自分のFIT3ハイブリッドSパケもその位で買えた事を考えると、
だいぶ疑問で、駐車スペース、税金等々メリットはあれど、
安全性やダイナミック性能を見れば、到底選ぶことはないでしょう。

こんな背の高さも不要に思え、前の見晴らしは良いですが、四周の
死角も増えてしまうのが、取り回しもいいだけに気がかり。
あと10センチ位は低め、まっとうなスタイリンクで
パワーがもうちょっとあって安ければ、まあ悪くないかな、と。
N-ONEがかなりそれに近いですね。次に機会があれば、N-ONEのターボを
リクエストしてみようかな。
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク