FIT3 10月動向~終わった

10月の販売ランキングを見て絶句。

悪い意味でのホンダらしさが炸裂しましたね。

これまで何とか月間販売台数4位に踏みとどまっていましたが、
遅れに遅れたフリードが販売開始、それでもシエンタに届かず5位、
そう、フリードでも5位。なぜなら新型セレナがアクアに肉薄する3位に
入っており、1位プリウスからアクア、セレナ、シエンタ、と言う順番。
その後にボクシーが続いてやっとフィットです。

ボクシーは販売店できちんとセレナ対策を立てている成果でしょう。
さすがトヨタという感じですが、セレナのこの勢いは凄いですね。
発売直後、ジェネレーター?からの発火リコールで暫く出荷停止に
なってもこの台数、いかに新型を待ちわびていたユーザーが多かったか。

実のところセレナ、シャーシはキャリーオーバー、最近のトレンドである、
シャーシの共用化、軽量化や低床化からは外れているのですが。
消費者にはそんなこと関係ないというのがよくわかります。
立派で大きく見え、新しさを感じさせるデザインと、オートパイロットという
新しいアイコン。そしてこれまで連綿と続く「セレナ」ヘリテイジの継承。
そういう「ツボ」はことごとく押さえて来ています。そして販売網。
やはり地力の差というか、ゴーン/ルノーにコレだけ虐げられてもなお、
ここまで数字を持ってくるのは凄いこと。まあ、絞り込みがうまく行っているとも。

さて、当のホンダは、といえば。
いつもの通り、新型車種が発表されるとその車種しか力を入れず、
他の車種が犠牲になる図式はいつまで経っても払拭されないですね。
それどころか、これまで、最量販車種ゆえ影響が少なかったフィットも
極端に台数を落としている事実。

いかにマーケッティングが下手かということです。
時代を見抜く力を持った人材が、最早不在、と言ってもいい。
ハイブリッドに燃料電池、果てはジェット機まで、技術力は他の
追随を許さぬものが見とれますが、どう売るか、どう見せるかの
勘所が全く外れている。ほんとうの意味での車好きが、もうホンダには
残っていないのではないかとすら思わせます。

フィットにしても、リコールで躓いたとは言え、基本同じエンジンを積む
ヴェゼルがヒットし、フリードもいい出足を見せている事を踏まえれば、
地力、ここで言えばデザインが全く悪い、ということでしょう。
何故初代があれだけヒットしたか、2代目もスムーズにそれを引き継げたか、
そこのところを全く無視して、いちデザイナーのマスターベイションで
ガチャガチャして勢いだけの、女性ユーザーを無視したデザインで出す。
もう頭がおかしいとしか思えません。内部からホンダを弱体化し、
潰そうと企むスパイかもしれません。

セレナの出足を見て、改めてステップワゴンの惨状を見れば一目瞭然。
まあ、ハイブリッドがいまだに出てこないのが一番とは思いますが、
基本はデザインのマズさ。別に単体で見て、悪いとは言いません。
でも今売れるのはフロントのデザインで、大きく立派でメッキビカビカ、
虚仮威しで前走車をどかせられるようなもの。それが現行モデルでは、
敢えて車幅が小さく見えるようなデザインをし、差別化出来たはずの
スパーダも、「あえて抑えたデザインで」なんて頭のおかしいデザイナーの
意見を鵜呑みにして発売、結果遠目に見ると軽自動車とも見間違えそうな
車格+他が2リッターなのに1.5リッターと、斜め上すぎるコンセプト。
旦那さんの「オラオラしたい」部分、奥さんの「隣の家より良い物感」部分、
そこら辺をバッサリ切り捨てればこうなるのはわかりますよね。
で、最近はフロントを派手に改造したモデューロ仕様+ホンダセンシングwを
全面に出したCMを打ち始める始末。

馬鹿か…

何度同じことを繰り返しているのでしょうかホンダ。

色々意欲作、実験的な車を出し、かなりの数1代限りで
消滅していく車が多い中、せっかく大ヒットした車たちを、
おおよそ2代目はキープコンセプト、3代目にガラッと変えて、
ことごとく失敗して来ているのに何故学ばないのか?

一見、オデッセイ3代目はその場限り多少のヒットはしましたが、
結局続いていないのだから失敗です。しかもそれは「オラオラ系」の
人たちにたまたま受けただけなのに、それすら引き継げずブランド自体を
潰しかけている有様。現行も中途半端なコンセプトと酷いデザイン、
そしてあのトヨタすら危機感を感じて、リアサスをマルチリンクにしたタイミングで、
小型車レベルのトレーリングアームに変えてくるへっぽこさ。
そもそも、それまでトヨタのアルヴェルがトレーリングアームで、モノの
判らない一般ユーザーには売れていたのを横目で見て、じゃあウチもそこで
コストダウンしよう、と指示を出した役員は死んで良し。

そもそもなんで、トヨタを買わずホンダを買う人がいるのか、そういうところを
全く理解していない。トヨタが前ストラット、後ろトレーリングアームと言う、安い
構成だった所に、ホンダは前ダブルウイッシュボーン、後ろマルチリンク、って
言う所に価値があったのです。そういう「スッペック」で判断する要素が、
例えばホンダに限らず、マツダ、スバルを選ぶユーザーには多いことが
何故判らないのでしょうか。

ともあれ。

別に全てのユーザーに迎合する、ありきたりなことをやって欲しいわけでもないのですが。

そもそもここ最近のホンダデザインはどうしても納得出来ないので。

まあ、FIT3のユーザーではありますけれど、日常で使ってみて、
すごく良いなあ、と思うところがいっぱいある。でもやっぱり外装は
もうちょっと何とかならなかったのかなあと思いますし、
塗装の悪さは、長く使い続けることを拒否されているように感じます。

フリードにしても、エクステリアは全く評価できず、そうなると
2年、3年後には大きくシエンタに差をつけられていそうです。

なんか纏まりませんが今日はここまで。
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク