スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FIT3 3月は?

プリウス、アクアに継いで3位でした。

取り敢えず定位置というか。
何故かノートも大健闘しているが、アクアもプリウスに食われて
落としているし、もっと言えば、シエンタもカローラも減っている感あり。

しかし全体に、不景気感漂うのは確かで、実売量販価格帯が300万を
超える車など、やっと16位にクラウンが入っているくらい。
ちょっと前までは、アルヴェルがもっと上にいたと思ったが、今やヴェルで
20位と振るわず。これはやはりデザインもやり過ぎたところが影響して
いるのではないだろうか。大型ミニバンは欲しくとも、皆が皆あのオラオラ系で
良いわけでもなく。

まあホンダの凋落ぶりも目を覆いたくなるほどで、頼みのステップワゴンも
ヴォクシー、セレナの後塵を拝してしまっている。ハイブリッドが無いとは言え、
なんちゃってハイブリッドかつモデル末期のセレナにすら勝てないとは。
きちんとマーケッティングして、それを実車に落としこむ能力が、トヨタ、日産に
比べて劣っているのが見え見えなのが悲しい。
少なくともヒット作とする中に、あのバックドアは全く必要のないものだし、
そもそも駐車場で他のミニバンと並べて止まっているのを見ると、
ひと回り小さく見えてしまうのは頂けない。そういうデザインのまとめ方が
初めてのチャレンジなら仕方ないが、ここ数代それで失敗しているのに
まだやるか、と言った塩梅で。
もしやるとすれば大きく窓の広いドンガラを、シンプルな線でまとめて
他社より圧倒的安価で販売する、ステップワゴンなんてそんな車だと思う。

そして、シエンタに対抗すべきフリードのモデルチェンジの遅れ。
これも不可解だ。雑誌等によれば、1Lターボで出そうとしていたが
やはり売れないと見てハイブリッドを作っているらしいが、そもそも
ハイブリッドモデルがある機種であるのだから、それが用意していないと
いうのもおかしなものだ。ただこれは、FITでハイブリッドを大ゴケさせた為、
発売に及び腰になっているのかもしれないが。
もしこれが、シエンタの実車を見て、それをあらゆる部分で上回るべく
手を入れなおしている段階で、発売したらあっという間に大ヒットモデル、
となれば良いのだが、どうもそんな感じでもない。
逆に、あまりにシエンタの出来が良く、出すに出せない状況かもしれず。

とにかく、マーケッティング、デザイン、販売等々、獅子身中の虫というか、
ズバッとはっきりしたイイ車が出てくるとは思えないホンダ。
F1ですらもう、やってるだけの恥さらし状態で、情けなことこの上なし。
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。