2015 MOTOGP マレーシア戦。

あまり記事にはしませんが、見続けているMOTOGP。
トップクラスのその象徴とも言えるライダー、ロッシが又やらかした。

寄る年波には勝てないのか、今回もそこまで速くは走れない。
ともあれマシン自体も、相変わらずドゥカ、ホンダに対し、最高速で
10キロ以上遅いからそこは難しいところでもあるけれど。

コースのタイプとしては中低速よりなだけに、ヤマハ有利な部分もあれど、
コーナー脱出時のトラクション性能でホンダに劣り、連続するコーナーでは
最初のブレーキングで勝っても、2つ、3つと行くうちに不利な体勢になる。

で、今回は「侍」ヘルメットを被るペドロサが執念の勝利、2位はロレンソ。
この2台はペドロサが安定して速く、ロレンソも無理をして追わなかったか
と言った印象を受けた。

その後ろで丁々発止のバトルを繰り広げていたのがロッシとマルケス。
お互いベストコンディションとは程遠いペースで、それがうまく、と言うか
シンクロしている感じで、各コーナーで差しつ差されつ。

まあいつもの感じながら、ラインなど気にせずインからアウトから差してくる
マルケス、それに合わせヒートアップしたロッシも、ラインを外したり
アウトのステップから足が外れたりとラフさが目立ち始め。

その数週前からロッシがあからさまにヘルメットを振ってマルケスを
睨みつけ始め、挙句左手を立てたりしていて。

そして7週目、幾つかのコーナーを抜きつ抜かれつでマルケスがちょっと
アウトにはらんだ立ち上がり、インからするすると抜きにかかるロッシ。

本来ならリーンインしたまま徐々にトラクションを掛けて行くところ、
ロッシはかぶせていたアウトのマルケスを、ハッキリ目視しながらマシンを立て、
どんどんコーナーアウト側にはらませていく。

そのままではどうしてもコースアウトしかないと感じたマルケス、マシンを
寝かそうとするが、ロッシは退かず、あろうことかアウト側の足でマルケスのマシンの
カウルを押し戻し、こらえきれずマルケス転倒、右ステップが折れてしまいそのままリタイア。

今シーズン、これまでのレースでも、2人が絡んでロッシがコースから押し出されたり、
マルケスが転倒したりと続いていたが。

今回この映像、もう誰がどう見てもわざとである。

レース後のインタビューで、わざとらしい言い訳をしているが、そもそも
レース中のアウトの相手を見ながらアウト側にラインをはらまして
コースアウトに導く、なんて危険行為以外のものではない。

コーナーでの駆け引きにおいて、「相手の走行ラインを塞ぐ」走りは
常套手段なれど、それは相手より自分のマシンが先行していて成り立つもの。
この場合アウトがマルケスなので、「行けない」と思えば減速すれば良いのでは
という人もいるかもしれないが、明らかにインのロッシがアウトのマルケスを目視しつつ、
ラインを膨らましている時点で異常である。

当然、2015年のチャンピオンシップ争いにおいて、2位のロレンソに肉薄されている
現状、先行してしまったマルケスに追いつき追いぬくためには、そこでドッグファイトを
演じている場合ではないとはいえ、だからと言ってマルケスが「どうぞお先に」と
やる必要は全く無い。そもそもがメーカーも違い、どちらもチャンピオンを経験した
ライバル同士なのだから。

それが嫌なら自力で引き離すしかないのが筋で、それが出来なかったロッシに、
何を言う権利もない。それを圧倒的ファンの多さで圧倒しようとしている様が
最早醜くしか映らない。

結局ペナルティも曖昧なもので、このレースのポイントは剥奪されず、
最終戦に向け、ロッシ312ポイント、ロレンソ305ポイントと7ポイント差となった。

ただし最終戦、ロッシは決勝レース最後尾からのスタートとなったので、
ロレンソが先着し、間に何人かのライダーが入ってしまうと2位に転落してしまう
こととはなった。実際、先頭グループに追いつくことは出来ても、
そこに待ち受けるのはマルケスなわけで、自分が行けそうでも敢えてロレンソを先行させ、
ロッシを抑えにかかるのではないか。ドゥカの2台も侮れないし、調子の上がった
ペドロサだってみすみす抜かせる訳もなく。

まあ純粋にポイント争いの行方を見るには、中々面白い裁定とは思うが、
もう正直レース界の老害と化したロッシ、引退したらいかがだろうか。

そんな中、スズキファクトリーの2台は、順位こそ7,8位ながら、
アツいドッグファイトを見せ、結果先輩格のエスパルガロが先行した。
これはチームとしては、そこで接触して2人共ポイントを落とす危険も孕むものの、
それを続けさせたチーム、転倒もせず勝負をつけた2人の姿は
混沌としたレース結果の一服の清涼剤と言えるのではないだろうか。
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク