フォルクスワーゲン ディーゼル偽装について。

webCGに良い記事が載っていたので。
エディターから一言 第318回:VWのディーゼル不正はなぜ起きたのか―― 
エンジン開発のプロフェッショナルが事件の背景を語る

まあ、元マツダの技術者さんのインタビューという形で、
メディア↔メーカーの言い逃れというか、VWに対する配慮というかはあるけど。

歯に衣着せぬ発言ぶりは良いと思うし、それでも同じ技術者として、
残念でもあり悔しくも有るとは思います。

しかしまあ、そもそもディーゼルってやっぱり、
「クリーンでもなんでもない」ってことは認めちゃっている訳で。

要は、テストの時だけ綺麗で、実走行時は遥かに汚い排ガスを
撒き散らかしているということ。

排ガスに昔のような真っ黒い色がついていないだけで、逆に
無色無臭になっただけたちが悪いシロモノだ。

それを又、テストの条件でいい結果を出すのは当たり前、
実走行ではそんなに綺麗にはできないですよ、
燃費だって前からそうでしょう、なんて言い放っちゃうのは
技術者の奢りというか欺瞞というかなんというか。

そもそも燃費なんて、カタログ値から落ちるのは当たり前というのは
周知の事実であって、話半分でユーザーだって見ている。
ただ排ガスは違う。「クリーンディーゼルって言っても、ホントは
排ガス汚いんだよね」って納得して買っているわけではないのだ。
燃費は悪くても健康に被害はないけれど、排ガスは違う。
ただのすり替えだ。

で、排ガス値の今後のテスト方法として、実際に走行し数値を計測する
形になると、マツダのディーゼルも他の方法を探さなくてはならないと
認めているという時点で、「テストの誤魔化しはしていないが、
実際は汚い排ガスを出していますよ」ということ。

結局まだ日本では、マツダのディーゼルが売れていると言っても
たかが知れているし、外車でもBMWに目立ち始めた位で、
そこまでは影響がないだろう。

だから今ここでハッキリとディーゼルが駄目だ、と分かったのは
朗報と思う。

ただ、数年後にはそのテストにも通る、優れたディーゼルが
発売されるかもしれない。そうしたらその時はまた評価できると思う。

ただしVWはもうダメだ。

だってあんなメーカー、「ドイツ製」という金看板の元、「技術と信頼」
が売り、というか、差別化できるのはそこだけだったのに、

・キチンと性能を出して規制をクリアする技術力もなく。
・代替案としてのハイブリッドもまともに開発できず。
・排ガス試験を誤魔化しで通過させ。
・知らぬ存ぜぬで何年も売り続け。
・一部の技術者の暴走で済まそうとする。

そんな企業だったわけですよ。

あまつさえ日本の報道では、今後はEVにシフトするという。

どの口で言うか、といったところで。

まあ、これまでVW買っていたユーザーは
大人しくトヨタにでも乗り換えれば
良いんじゃないですか。
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク