トヨタS-FR初見

カリカチュア。

例えばミニ、チンクエチェント、そしてビートルと。

過去の偉大な先達たちの、その成り立ちをオマージュして
現代に蘇らせ、特にミニは日本でも大人気となった。

S-FRもそんな風に作られたらよかったのだが。

こっちはカリカチュア。

プロポーションのあり方は、こういうコンパクトでこそ重要と思う。
実際、3代目のミニはフロントオーバーハングを伸ばしすぎて、
ちょっとアグリーなデザインになってしまっているが。

S-FRはそこは悪くはない。
というか、間抜けに大きいフロントグリルを除けば良いのかな?
そこにS800&2000GTの、あの分割具合をうまいこと取り入れてやれば、
結構良いと思うのだが。

今のままでは、アニメの世界か遊園地にしか似合わなそう。

まあでも、「日本ならでは」のデザインを行うにあたって、
アニメ大国ニッポンをリスペクトして創ればこうなるのかな。

内装も必要最小限のものが、何と言うかおもちゃっぽく配置されてい、
その何処かに「TAKARATOMY」ってロゴがあっても違和感なさそう。
カーナビスペースを作っていないのも潔くていい。
スマホスタンドとUSBが付いていれば必要十分。

いずれにせよ、今の若い子たちに、安くこれが提供できれば、
なかなかいい感じはするのだが。

関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク