新型アルファード・ヴェルファイア

酷い。
でも売れるんだろうけど。

エスクワイヤも酷いけども。

両車とも、虚仮威しのメッキギラギラのフロントマスク。
本当に下品だし、前を行く車を全て食い散らかしていく獣のよう。

ここまで下品にメッキを使った車は久々。
しかも作りが安い。
もう職人気質のモデラーとか居ないんじゃないかな?
とにかく上っ面だけで彫りが浅い。
いかにもコンピューター上でチョイチョイとデザインし、
プレゼンもCGでOKを貰い、出来てみたらこんなもの的な。
特にフロント廻り、正面から見ればメッキは大量だが、奥行きがなく、ただのプラ版に
メッキだけ施しただけではないか。

大体この辺りのデザインは、アメリカのピックアップトラックが代表的なものだと
思うが、そのデザインは単純でも肉厚、重量感を漂わせ、いかにもシッカリした
アピアランスがあり、これぞアメリカという感じがするのだが。
そしてそのへんは、当のトヨタもタンドラですごく上手く作れていると思うのだが。

インテリアはいつものトヨタ風旦那仕様。
でもこれはもう自分で運転する車じゃない。
特等席の2列目に座って送迎されるような車。
個人で持って運転手やるのは馬鹿らしいですね。
セレナやノア・ボクシー等なら、家族仲良くワイワイ、と
いう図式も見えるんだけど、ここまで贅沢になってしまうと、
法人向けが妥当なのだろう。

最後に。
これは非常に評価できるところなのだが、リアサスがマルチリンクになった。
今までは大衆車と同じトーションビームだったのだから大進化。
トーションビームははっきり言って、多人数乗った時の荷重変化による
アライメント変化や、その上で乗り心地までとなると厳しいかと思う。
ただコスト的に有利なだけだ。

なのでこれまでトヨタのみリアがトーションビームであり、他社はマルチリンク
だったのが、オデッセイが馬鹿なことに追従し、コストカットのためにそこの
クオリティを下げたお陰で、乗り心地を酷評されているのは御存知の通り。

そこを当のトヨタがマルチリンクに進化させたのは驚き。
見えないところにコストは掛けない主義なのに。
(まあ実際の構成は、写真で見る限り安っぽく、低床を実現させるため、
ストロークにも難がありそうだが)
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク