スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FIT3のいいところ。

ここまで記事にすると、なんだか悪口のほうが多いのですが。

今日も雨のなか乗ってきました。
ともあれ買い物だけですけれど。

愛車ながら悪口も多く書いていますが、今日はいいところを。

まずは走り味ですけれど。

発進、これは通常モーターのみで発進し、10km越えたあたりでエンジンが始動し、
というパターンなのですけれど、これがすこぶる良い。

自分は発進と停止、これをなるべくスムーズに、同乗者に負担をかけないように気遣ってやるのですが、
発進はなにも考えなくて良い、程よいトルクでスルスルっと発進できます。
首が「カックン」と後ろにもっていかれることなんかまずありません。
他の人のインプレなど読むとたまに、「発進加速が鈍い」などと書かれている方も見ますが、
そういう方々は、逆に首が持ってかれないと「遅い」って思うのでしょうかね?
当然アイドリングもないので、無振動のままスピードに乗る様は気持ち良いです。

購入当初は気になった停止寸前のコントロールの難しさは、ブレーキのあたりが出た今、
ほぼ解消され、完璧とは言いませんが、スムーズに停止することができるようになっています。
又、通常オートマなんかだと、あんまりブレーキを踏みすぎるのは気が引けますが、これは
低速に落ちるまでは回生ブレーキとのコンビになるので、フェードの心配も要らず、
減速エネルギーを再利用できるとあって、意のままの減速が可能です。

力を入れたと喧伝されたステアリングの感触も、エンジン振動がほぼシャットアウトされており、
ふらつく感じもなく、シュアーな切れ味です。小径ハンドルながら軽いのもいい感じ。
足回りはこれもまた雑誌など含め「硬い」と評されることが多いものですが、そもそも若いころは
バイク一筋だった自分にとり、こんなもの硬いなんてこれっぽっちも思わないし、前のオデも
しっかりした足だったこともあり、同乗者からも何のクレームも出ません。
タイヤ自体が省燃費志向で硬めなのか、やはり道の継ぎ目的なところでは鋭めのショックはありますが、
それもインフォメーションと捉えられる範囲内のものです。

コーナーではスッとフロントが入り、そのままほぼロールを感じさせず、気が付けばそのコーナーを
抜けてしまっているような軽やかさ。そこにはやはり独自の「センタータンクレイアウト」も
効いているように思われます。ボディの小ささが伝わってきて、思うように振り回しても
まったく問題なく走ってくれます。

エンジンは軽く回っている印象ですが、モーターアシストによる余力感が常に感じられ、
DCTの小気味いいシフトチェンジもあり、かなり余裕の感じられる力感があり。
交通の流れをリードできるのはもちろんですが、前の遅い車に引っかかって低速走行を
強いられるような場面でも、ストレスなく追従することも得意です。

運転席シートはサイドのサポートの盛り上がりが、オデに比べて明確、且つ自分の体形にも合い、
腰の部分のクッションも良くすわり心地が良いです。テレスコピックも付いたステアリングと合わせ、
ちょうどいいポジションが取れます。ちなみに自分は、シート上下位置はほぼ一番下、ステアリングの
前後は一番引いたところで調整しています。当然ですが、体が斜め向いちゃうなんてこともありません。

インパネは当初、エアコンのアウトレットやステアリングに付いたメッキがちょっと気になりましたが、
慣れたらどうということもなく。スピードメーターを中心とした美しいメーターパネルはお気に入りです。
黒一色のインテリアも悪くなく、シートのテキスタイルも渋めで好きです。
欲を言えば渋めのベージュかブラウンのものが欲しかったですけれど。

外装で言えば、スタイルは評価していませんが、LEDのヘッドライトは白い光且つ光量も十分。
でもそれより導光チューブを使ったテールランプの点灯時の美しさは特筆もの。
又、ストップランプはそれを強く光らせるのでなく、別体で点灯するのも良いと思います。
RSとSタイプ専用のアルミも気に入っています。

燃費は最近、16.7くらいまで改善し、まあエアコン頻度や馴れ、がいい方向に来ているかな
という感じ。ただ、それはもうこのくらい走れば御の字として、そこを気にせずしばらくは
乗ってみたいと思っています。

後最後にひとつだけ欠点。
今日は雨降りだったので、カーブでの右フロントピラーの死角がかなり気になりました。
ワイパーの右端の拭き残し面積が大きめのため、気を使っての運転となるのです。
FITに限らず日本車限定で、かなりフロントウインドウを寝かせ、ピラーを前に出した
スタイルが横行していますが、これは何とかして欲しいです。

空力はこの方がいいのかとも思いますが、ならばアウトバーンを擁するドイツ車などは、
全てこうなっていてもおかしくないですが、逆にほぼありません。
スタイルだってそこまで良くなっているとも思えず、視界の面ももちろんですが、
ウインドウ内側の掃除のし難さも欠点です。まずないことですが、横転したときにも
潰れ易いのではないでしょうか?
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。