スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のフィット3

取り立てて何もありません。

結局、例のリコール続きの影響で、販売台数はアクアの後塵を
拝していますけれども。

実際問題として、ハイブリッド単一車種のアクアに対して、ガソリン2種+
ハイブリッドでも勝てていないのだからまあ仕方がない。

そこまで人はハイブリッドを求めているのでしょう。
まあアクアには乗ったことがないのですが、外観も精錬されているし、
インパネも「チープ」って言われていますけど悪くはないと思います。

それをトヨタの販売力で売るのですから、そもそも複数車種をドシドシ売る、
みたいな売り方の出来ないホンダでは、太刀打ち出来るはずもない気がします。

Nシリーズにも食われてるのではないでしょうか。
だって幅とラゲッジ以外、Nの方が広いし、乗った感じだって「ああこれでいいじゃん」
というくらいはいい出来だし。

そこにあのリコールですから売上も伸びきらないのかなと。

街でそこそこ見るようになって来たフィット3ですけど、やっぱりそのスタイルも微妙。
もっさりしてるんですよね。線も煩雑だし、特にボデイ後半の幅に対してリアのトレッドが
狭く、安っぽい感じがします。

フロントマスクも何か「新しいホンダの顔」みたいなこと言ってる割に全く新しさも無いし、
他が立体的なのにそこてけヌメッとフラットで合っていない。
そして左右に振り分けたエアインテーク風のダミーグリル。これも面積が大きすぎて
不格好。

結局今までのフィットは何だったの?というくらいイメージがない上に、それを超えてるとは
全く思えず。初代フィットはまだよく見かけますが、ひと目でフィットとわかるし、街なかにいて
浮かず、沢山走ってても可愛いしポップ。2代目はイメージを引き継いで新しくしようとして
多少失敗かなあと言う感じなんか、オデッセイ、ステップワゴンにも通ずるものがありますね。

総じて初代は斬新なコンセプトとクリーンかつホンダらしいデザインで登場し一世を風靡しましたが、
そこから上手く発展させることが出来ないのは非常に残念。
トヨタのプリウスやらエスティマ等々、初代のイメージを上手く発展させつつ新しい提案もして、
「やっぱり新型はいいなあ」と思わせるのに比べ、ホンダなんか新型が出ると、敢えて旧型を
乗ってた人が駆け込みで旧型に乗り換えたりするって話も聞くし。

だけれども。

やっぱり乗ってみるといいんですよこれ。
室内もちょうどいい広さで、全く不足はないし。
シートの掛け心地はあっさりしてますけど、結構クッションも厚い感じで。
乗り心地は固いというより「締まっている」感じが好き。
でも軽い感じがあって路面が悪くても「ガタガタ」する感じではなくて、
踏面が固い感じながら上手く振動は抑えてあってフラット、そしてサスで
取りきれなかった振動はシートが上手く吸収してくれる感じ。

その走りの「軽快感」は全く癖になるもので、思い通り+αの加速も出来ますし、
ハイブリッドを活かして高級車顔負けの静かな走りも可能。
電動パワステもすっきりドライな感触ながら悪くない。
ちょっと気張ってコーナーに侵入しても、何事もなかったように走り抜けてしまいます。

外観についても、上では酷評しているものの、自分の「Sタイプ」は別格と思っており。
要はマヌケな印象のエアインテーク部分に、ポジションランプとフォグランプ。
このコンビネーションで入るだけで顔立ちがガラッといい感じになってますし。

4穴なのに5本スポークのアルミはちょっと?ですけれど似合ってるし、
サイドシルガーニッシュは腰高な印象を和らげています。
そして大型リアスポイラー。これがないと何だかへっぴり腰風に見えちゃうのが
あるだけで精悍な印象に。

なので個人的には全く気に入っていますし、Sを選んで大正解と思っています。
ただまあ、パドルなんて全然使ってませんし、ホイールは1インチ大きいのに、
トレッドは5ミリですが小さくなっていて、結果的にリアのトレッドのナロー感が
強調されちゃうのはマイナスポイントかな?

そう、リコール対応後の挙動ですけれど、また暫く走って私の走りを学習
してきたせいもあってか、普段使いでは全くスムーズ。気になっていた
ショッピングセンター駐車場へ登るスロープで、の1速に落ちちゃう現象も、
注意深くやっても再現できず、変にエンジン回転が高まることはなくなっています。

後は車庫入れの時、前進↔バックを繰り返すときとか、やっぱり空走感が出ることはありますが、
それはそういうものだし、ブレーキを踏めるよう心構えさえしておけば良い話なので
逆にそんなこと問題にするほうがオカシイかと。

最後に燃費ですが、これははっきり言って期待はずれ。
最近はリッター15キロ行くか行かないかです。
まあこれは走り方の問題なので、近所への買い物くらいしか
使わなければこんなものなのかなあと感じます。
横浜って割と丘陵地帯なので、高低差のある走行パターンに
なるのもマイナス要因かと思います。

恐らく地方とかで、ある程度空いた道の通勤20キロ往復とか
高速を制限速度内で淡々と走るとか、そういう使い方なら
余裕で20キロ超え、頑張れば30キロも超えるのでしょうが。

それでも前車オデがリッター5キロ台だったこと考えれば
3倍走ってますので満足ですし、ハイブリッドの走り方に習熟すれば、
もう少しは伸ばせるものと感じます。


関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。