FIT3 経過観察_10

フィット3リコール4回めも終わり…

って言っても結局はハイブリッドだけなんですよねこれ。
新車登録台数ではずっとトップのままだし。

実際の所、1.3Lなんか、普通に燃費ハイブリッドといい勝負みたいだし、
実際の使い勝手なんか当然一緒だし、まだ迷ってる人は一回乗ってみて、
納得できればいい買い物だと思います。

と言うか雑誌やネットのインプレでも、ホンダの車といえば「乗り心地が固い」
って書かれるのがもう通例になってるけど、やっぱり実際乗ってみてこそとは
思います。昔の話ですが、オデを購入する際、最初は実のところもうエスティマ一本に
絞ってトヨタディーラーに行ったのですけれど、下取りはけち臭い、そして試乗もさせず
その場で契約を迫り、ちょっと辟易として一旦保留したのに、その日にまた電話を
入れてきて購入を再度迫ってきたトヨタに対し、「取り敢えず交渉材料として」見に行った
ホンダディーラーでは、オデッセイを検討中と伝えた途端に「取り敢えず乗ってみてください」
と試乗を勧められ、一発で気に入ったという経緯があるのです。

と、話がそれました。フィット3について。
外観デザインは、前のフィットと比べれば、無骨でちょっと煩雑なスタイリングですけれど、
中は結構広いです。横にはそれ程でもないですが、ちょうどいい感じ。
リアシートの足元は驚きの広さが有ります。
ラゲッジもオデの3列目を起こした状態より広いですね。HVは床面に若干段差が付きますが、
ウチの使い方では全く気になりません。普段の買い物にちょうどいいサイズですね。
余り使う機会はないかもしれませんが、広げた時も凄いです。
後ろの背もたれを倒すだけですが、それに連動して座面部分も下がるので、低くてフラットな
荷物置き場が出来るのは魅力です。そのくせに長さは4m以内、幅も1.7m以下ですからびっくり。

リコール4回め対応後の変化については、あまり感じられはしませんが、加速時に無闇に
1速を使わなくなった感じは有りますかね。ちょっと上質感は増したかも。
夏場なので停車時にエンジンがかかることも多くなりましたが、それでもこの間
給油してからもう900kmを超えて走っていて、まだ目盛り3つ残っている燃費は
本当に脅威です。オデなら遠出しなければ250km程度でギブアップでしたしね。
このガソリン代高沸のご時世にはありがたいです。

まあ当然エコモードスイッチは入れていますが、それ以外は特に気にしていません。
走りはやはり軽い、速い、静かでラクラクです。タイヤの踏面の硬さは有りますが
そこまで気にはなりません。ステアリングは電動で若干モーターアシスト特有の
感触が有りますが、軽くて楽です。コーナーでも何の不安もありません。
あ、ただやはり長くて傾斜が強く、更に太いAピラーは視界を妨げます。
右コーナーでは頭をずらして視線を変えてもやっぱり邪魔でちょっと怖い。
この辺は年々厳しくなる衝突安全とトレード関係なのかな。
サイドウインドウの後ろ上がりのラインもまあ、慣れはしましたが、低く水平に
してくれたほうがいいに決まっているのでこれも残念。
ただこっちも側突とか車体剛性とか考えるとしょうがないのかな?

品質感についてもひとつ。運転席に座って前を見ていれば、かなり静かで
オデと比べても上質な感じですし、シートのすわり心地もあっさりながらいい感じで
サポートも有り気に入っています。

ただドア内張りの上の部分のプラ、ここが非常に安っぽい。またアームレスト前部の
パワーウインドウスイッチ周りとか、サイドブレーキレバーとか、100円ショップかと
思わせるくらい安っぽいプラで出来ていて、傷もつきやすい感じ。
当然こうしてコストを下げた分、販売価格も納得できる安さですけれど、常に視線に入り、
また触れる部分の「触感」はもっと大事にして欲しかった。

まあ見えない部分と言うか、リアのドアの開閉音は「これで大丈夫なの?」って思うくらいの
軽々しい感触ですし、リアワイパーの作動音なんか運転席でも耳障りなレベルだし。
ボンネットもほぼ開けないとは言え裏は錆止め塗装のみのグレーです。
この値段ではなかなか難しいのでしょうが。

後はボディの色のラインナップ、これは担当者クビでも良いレベル。
だってもはや黄色とベージュがラインナップから落ちている時点でオカシイ。
黄色はいい色だと思うけど、拘って緑の色味を混ぜたのが不評だったかな?
まあベージュなんて全く似合わない酷さだし、パープルも地味に合わない。
又、ホンダの定番色、これもいい加減全車種に適応するのは止めてほしい。
赤も黒も紺も全く合っていないと思う。ソリッドカラーでもメタでも濃い目の色は合わない感じ。
塊感が強調されてくると、そもそもの背の高さが強調され、もっさりして見える。
ちょっと前のホンダっていい色が多い印象があったのに、最近不発ですね。

全体のデザインとしても、もっと大きい車をギュッと潰しちゃったみたいな印象が
たまに街で見かけて気になることがありますね。
各部のディテールを見ているといいところも多いのですが、シルエットとして変。

その点、HVのSはRSエアロと16インチアルミを履き、、ちょっとスポーティな
ホットハッチイメージとなり、気に入ったりしているのですけれど。
大きめのリアスポイラーが、猫背気味なシルエットを補正している感じ。

こうして書いていると、細々とネガな部分も出ますけれど、実にいい車を買ったな、
と言う感触が有ります。兎に角今のホンダが出来る全ての所を、この車に集約して
来ているのがそこここに感じ取れますし、それを理解した上で乗る分には
全くもって楽しく、そして興味深いものが有ります。又距離が伸びるにつれ、
タイヤやブレーキのアタリが付いてきて、車両感覚も体に馴染んできて、
今日も乗ってきましたけれど、本当はもっともっと乗っていたい、そんな車です。

そう言えば、デミオの新型、これももはや公開されて写真も出まわってますが。

ぶっちゃけカッコイイですね。シルエットやモチーフなど、先代を継承しつつ
最近のマツダデザインの、更に最先端という感じで気に入りました。
と言うか基本スタイル優先で、リアシートとかラゲッジは付け足しレベルなので、
それをじゃあ買うか、と言われれば難しいところですが。

それにしても1.5Lディーゼルターボは魅力的で、ATとの組み合わせも
違和感が出づらいでしょうし、高トルクでゆるゆる走るのは気持ちよさそう。
自分の場合は、オデの車検が切れる関係であのタイミングでしか購入検討できず、
必然的にフィットとなりましたが、同時期に出ていて、乗ってみてよければ、
後は価格帯が200万を切っていれば、ひょっとして買ったかも。

但しまあ、完全な新作エンジンなだけに、出たてを買うのはFIT3にも似た
リスクが有る可能性もありますし、これまでのマツダスカイアクティブの
ディーゼルターボは、なにか特別な高いエンジンオイルを、頻繁に替えなければ
いけないという情報を見たことがあり、本当ならちょっと気になります。
又、経年でのエンジンの耐久性とか。後、そもそも最近のマツダ顔、あのでっかい
五角形グリルがあんまり好きではないというはあります。
アクセラを街で見ると、小さい車に無理やり大きい顔をつけたように見えて
カッコ悪い印象を持ちますし。それよりさらに小さいデミオではどうでしょうか。
早く実物を見たいですね。まあ実際問題として乗り換えられるわけではないですがね。


関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク