スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FIT3 経過観察_5

今回のお題は「電動」で。

まずキモのハイブリッドシステムから。

基本的に休みは不定期なのですが、週2では取れています。
そこで乗るわけですが、最初のエンジンスタート時は必ずエンジンが掛かります。
ここはちょっと残念。あまり距離を走らないからで、毎日乗る方などはそういう事もないかもですが。
ちょっと走れば停車時はアイドリングストップしておりますが、スタートすれば程なくエンジンは
掛かっています。ただそのショックや振動などはほぼ感じられず、割と掛かったり停止したりを
繰り返していますが、そこでの不快感はありません。
加速フィーリングは独特なもので、ミッションが7速もありますから、アクセルを踏み込めば
短い周期でエンジン回転は上下し加速しますが、そのエンジンの力感に追加してモーターも
加勢するので、独特の浮遊感、と言うか軽やかさというかがあります。

次にブレーキ、これは結構クセモノです。

と言っても、逆に何の知識も持たず、ぼんやり乗っていればわからないレベルでしょうが。
サーボシステムが電動となり、回生ブレーキと油圧ブレーキの協調を行う、複雑なシステムです。
油圧であれば、例えば前のオデッセイでも、最初じわりと踏み込んでノーズダイブを殺しつつ、
そのまま一定の踏力を保てば車速が落ちていくにつれ、サーボ効果で効きが強まりますので、
停止数メートル前から徐々に踏力を抜くことで、全くダイブさせず停車させることが出来ました。

それがFIT3でやると、まず一定の踏力で効きが強まるということがあまり体感できないため、
最初は今までの感覚より強めに踏んでやる必要があります。そして停車時ノーズダイブですが、
今の所完全に消すことは出来ていません。停車寸前に踏力を抜くと、恐らく再加速に備えるのでしょう、
モーターでスルスル前に出ようとしてしまうので、もう一度ブレーキングする羽目になり、カックンと
してしまうのです。なので停車時は、その再加速状態を出させないレベルで踏み込んでやる必要があり、
結局微小ですがダイブは避けられません。
まあただそれも、自分的な同乗者に対するコダワリというだけで、多分その同乗者自身、
あまり感じていないフシもありますけれども。

そして電動パワーステアリング。
こちらはまあ特には違和感はない。無いのですが、なにかこういう感覚知ってるなと思えば、
ゲーセンのレースゲームのハンドル感に近い。それは殆どエンジンの微振動が感じられない
と言うことも大きいと思いますし、特に据え切りで感じられる、スッと切れてしまう感じもそれを
助長しているのかと思います。油圧だと据え切りでは、やっぱりタイヤやステアリングシステムに
若干無理させてる感が感じられるんですが、そういう感触がないので。
とは言え雑味のない軽やかな切れ味は気に入っていて、オデッセイの低速で結構重い感じが、
特に疲れているときなど負担で嫌いだったので歓迎しています。

とまあそんな感じで、色々楽しみながら運転しています。

そう、ディスプレイで確認できる平均燃費が最近やっと12キロ代になったとディーラーの方に話すと、
一回トリップメーターをリセットすることを勧められ。試しにやってみると効果はてきめん。
あっという間に平均20を超えました。ただここ何回か近場だけなので16キロ台ですが。
オデが5キロ台しか走っていなかったことを考えれば画期的。
ついでに税金も安くなっていてまあローン抱えていることを忘れればいいことずくめ。
保険の更新も近いですが、安く設定できれば車両保険も入ろうかと考えています。
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。