スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FIT3 経過観察_3

まだまだ2ヶ月。

未だに休みの日が待ち遠しい状態です。

とは言っても、結局奥さんとの買い物、位なので距離は伸びていません。
長距離を走って燃費を稼げないからか、未だに燃費はリッター12キロ辺り。
一回でも淡々と長距離をこなすとかすれば安定するのだろうけど、
残念ながらGWとか含めて今の所予定はありません。

でも、乗り心地については何となく一皮むけつつあるというか、初期の
組みあがりたての硬さがタイヤ含め馴染みつつあるのは感じられます。
具体的に言えば、未だ固めの乗り味はそのままながら、そのカドがマイルドに
なって来ています。道路状況は素直に伝えながらも、軽やかにやり過ごしてしまう様な、
出来のいいランニングシューズのような感触は全く素晴らしいです。
ロードノイズの遮断も巧みで、前のオデならば、年度末進行で舗装し直された
アスファルト路面に入ると明らかに静かになり、「おっ、やっぱり道路が新しいといいなあ」
なんて感じていたのですが、FITだとあんまり感じない、気づかないこともあるくらい。
ちょっと逆説的ですが、そのくらい静かに出来ています。

アクセルワークに対する反応も、シフトプログラムの学習機能でも働いている所為か、
ここの所意に反するような動きはほぼ見せません。まあこっちが慣れたのもあるでしょうが。
唯一、車庫入れで前進と後退を繰り返すような所では、若干違和感があります。
要はモーターで動き出すシーンと、エンジンも介入して動く場合があるので、反応が遅れ、
勾配があれば若干空走したりします。でもそれはこの車が元来「マニュアル車」であることを
考えればそんなものと思います。結局自分にしても、免許はマニュアルですが
自分で所持した車はセレナ、オデ共オートマ。そんなマニュアル車の感触を忘れていましたが
そこは慣れでどうにでもなると思います。

ただ基本の動き自体はオートマ然としたものなので、その辺をどう噛み砕くかは
ドライバー次第なのかとも思います。たまにこのFITで「エンブレが効かない」等と
仰っている方を見かけますが、そういう方は逆に「マニュアル車」として見ているのかなと。
きっとオートマ的にブレーキを多用するのに躊躇いがあるのでしょう。
でもこれも、FITについては回生ブレーキとの併用になるので、自分は気にせず
踏んでいます。と言うより回生での充電を狙ってそれなりに多用してみたりしています。
この車のリアブレーキがドラムだ、と知った時は若干がっかりしましたが、
そうした所を考えればコストも考えやむなしかと思います。

ともあれコストダウン、と見ると結構アラが見えてきているのも確かで、
ドア内側下部分とかパワーウインドウスイッチ廻りとか、いかにも安っぽいプラで
見た目通り凄く傷がつきやすい。前回書いたサイドブレーキ廻りも然り。
ホンダとしては「ソフトパッドを入れたインパネ」で頑張ったつもりなのでしょうが、
長く乗るベーシックカーとして、そんなところではなく実際手の触れる場所の品質、
というのを重視して欲しかった。タッチパネルのエアコンも使いづらいだけ。
そんな所ダイヤルにして他にコストを回して欲しかった。
そう考えるとアクアはそのへん上手く、全体にプラスティッキーなものの、
デザインで見せているのはうまいし理にかなっていると感じます。
シフトレバーにしても、あの形はもっと手元に近くシフトをレイアウトして生きる形で、
フロアに近い位置にあるFITではやや遠く感じます。そこもアクアでは一般的な
ゲート式になっており、「扱いやすさ」をきちんと考えている印象。

又、天井の鉄板が非常に薄い感じで、洗車の時などうかつに手を付けば一発で凹みそう
ですし、雨天時の例えば電線からの雨だれの音など吃驚するほど大きく生な音です。
他の所が静かなだけに余計目立ちます。そう言えばリアワイパーの動作音もかなり。
後席に座っていたらかなり耳障りでしょう。ワイパーで思い出しましたが、右側の拭き残しが
結構大きく、大きく傾斜して太いピラーと相まって雨天時の右前方視界はかなり悪いです。

但し、そういうところも含めて、200万弱で最新式のハイブリッド構成を味わえるのですから、
そこは認めざるを得ません。結局どこにコストを掛けるか、何処を引くかは開発者次第、
それがすべてのユーザーに受け入れられる内容になることなど先ず無く、仕方のない事かなあと。
割と「高品質感」を感じられる部分と、「安物感」を感じてしまう部分が混在しているので、
そういう所をトヨタみたいに均質化できなかったりするのもホンダ流なのかな。
少なくとも最近の日産みたく、全てに安物感がにじみでているメーカーよりなんぼかマシです。

2015 09 28追記
何故かこの記事に、未だに拍手ボタンを押してくれる方がいらっしゃるようなので、
いくつか追記を。

まず冒頭の、「燃費12km/l」ですが、これは実際のところ、この期間リコール対応で
ディーラーに出していることが多く。その中の、プログラム書き換えに伴う作業か何かで、
おそらく、暫くアイドリング状態におかなければならないと思われ。
ディーラーから帰ってくると、それまでの燃費データーがリセットされ、そのアイドリング燃費からの
スタートとなるため、そこに残っている平均値がリッター10キロを割っている酷いもので、
そのまま分からず使っていたため燃費がおかしかったと思われます。

で、実際はどうかというと、
エアコンフル稼働する夏冬はリッター16km前後辺りで、使わなければ18km以上行きます。
又、高速で早い流れに乗って走っても21kmくらいには伸びるので、大人しく走れば
もっと伸びそうです。それと、うちのグレードはSパケなので、それ以外のタイプでしたら、
プラス1kmは余裕と思いますし、郊外や地方の平野部にお住みで、渋滞もせず定速で
走れる環境に有るならば、普通に20kmは超えそうな気もします。

あと気に入ったところで追記するとすれば、LEDヘッドランプの明るさ、
オートヘッドライトの便利さ、ハイブリッド車専用の、導光チューブ式リアコンビランプも
夜すごく綺麗ですし、ターンシグナルの着き方も何だか優しい感じで好きです。

Sパケは外装はかなり気に入っていますが、クルーズコントロールはいらないかな。
パドルシフトも正直、高速道路での一発の加速が欲しい時くらいしか使わないかな。

あと、ダメなところはやっぱり塗装の薄さ。傷がかなり付きやすいです。
おそらく駐車中に人が擦って行ったか、台風か何かで飛んできた物が当たったか、
細かい擦り傷が目立ちはしませんが多くなってます。
もう諦めていますが、経年変化の痛みが目立ってくると嫌かなあと思います。


関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。