毎日待ち遠しい

最近は少しずつ新型FITも見かけるようになりました。

実際走っているのを見ると、ちょっとデザインはやっぱり残念。
フォルムがもっさりしていて、しかもゴチャついた線で構成されていて、
タダの勢いだけで出しちゃった感が明らかに漂っている。
もうこういう目先だけの変化で新型をアピールするのはいい加減やめてほしい。
少なくともあのサイドウインドウの切り抜き方は0点だ。
長く使えて運転しやすく親しみやすいものにして欲しかったと思う。
多分バックや車庫入れは、慣れるまで結構苦労しそうだなと予想。

前にも書いたが、それに比べVWのデザインはどうだ。
ケレン味もなくスッキリとして飽きずに乗れそうで、
運転のしやすさや視界の良さはハッキリしている。
カー・オブ・ザ・イヤーも見事にさらわれたが、全く持って正論。
太刀打ちなんか出来るレベルですら無い。
そしてこれをもって、最早「日本のカー・オブ・ザ・イヤー」も
終焉、そろそろ終わりでいいのではないかとも思う。

ともあれ、今回のモーターショーで注目度が高いのは、
何と言ってもスバルのレヴォーグであろう。
正直レガシィはアメリカしか見ておらず、先代レガシィオーナーが、
乗り換えたくても乗り換えられない状況があった。
そこにこれであるから注目も当然。
まあぶっちゃけ「インプレッサ・ワゴン」ではあるし、
フロントはボルボっぽくもあり、サイドのグラフィックは
メッキモール、Dピラー形状とも気に食わず、テールランプの処理も
スバルらしさの欠片もなく駄目、インパネもインプだし。
でもそれでも何より、1.6レギュラーガスターボが光る。

そういう意味で、ホンダの2、1.5、1リッターターボも注目度大、
やっと欧州ダウンサイジングターボに対抗できるエンジンが来たか
という印象。ホンダはこの部分もっと力を入れるべきと思う。
何なら市販車のエンジンサプライヤーとしてもどうか?
ロータスやアルファなんかに売り込んでは如何なものか?

話が脱線したが、さて、買ったSモデル、気付けば最も高価な
グレードを買ってしまっていて、その値段出せば、というのもないでもない。
しかしまあ、Fからの21万円高でどれだけの装備がつくかを書き留めて、
その理由としたいと思う。

・LEDヘッドライト
・クルーズコントロール
・セキュリティアラーム
・RSシート&RSインテリア&ステンレス製スポーツペダル
・本革巻ステアリングホイール
・室内専用ガーニッシュ類(ドットプリント)
・クロームメッキ・エアコンアウトレットノブ
・LEDポジションランプ(フロントバンパー内蔵)
・フォグライト
・RSサイドシルガーニッシュ
・RS大型テールゲートスポイラー
・RSリアバンパー
・パドルシフト
・16インチアルミホイール(185/55R16 83V)

という訳で、ポイントになったパドルシフトや
LEDヘッド、副ランプ類以外でもかなりの種類。
十分納得のお値段と言っていいし、同価格帯の
外車と比べても「安心パック」も盛り込んだ内容では
勝るところが多いのではないかと感じ、満足である。

関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク