ホンダフィット新型初見

プロトタイプ、となっていますが実質発表された新型フィット。

自分はホンダユーザーなので、今回は数週間前に
一枚の予告DMが届いており、形は知っていましたが。

イメージは残しつつも大胆に変えて来ましたね。
特にフロントフェイスは特徴だったつり目のヘッドライトを、
ユーロシビックを思わせるフェイスに。

サイドの大胆なプレスは最近の流行りですが悪くはないと思います。
全体には廃盤となったエディックスを思わせる形ですね。

残念なところはサイドウインドウ下端ラインのウエッジが
効きすぎ、そしてウインドスクリーンが寝過ぎである所。

これは全くスタイルしか見ておらず、この車のユーザー層を
無視した構成であると言えます。この形では、前がわかりづらく
サイドのウエッジがキツイと、バックで真っ直ぐ停めにくいということもあります。
又、後席の閉塞感も生みやすいといいところはありません。

同じホンダのN1とまでは言いませんが、素直な線で出したほうが
運転のしやすさではいいと思われ、そうした点も長く売っていく
部分では重要ではないかと思います。
そういう点で、やはりVWの車は素晴らしいお手本だと思うのですが。

余談ですがリアランプを上まで伸ばしたのも不可解。
これはボルボのパクリと言われても仕方がない。
あと、フロントのデザインを踏襲してつけたと思われる
リアの黒いエアアウトレット風の華燭、これは明らかにやり過ぎ。
これが実際エアアウトレットで、空力に重要な意味があるならともかく、
ただの飾りをすべての車種に付ける意味は無いです。
せめてRSバージョンだけにすべきだった。
どうにも整理しきれていない感じが多いのですが、これは
東洋圏市場を見据えたデザインなんでしょうか?

そしてインテリア、これは超残念。
先代もエクステリアはともかく、インテリアはそれだけで
購入する気にならないくらいの酷さでしたが、そんな所を
受け継がなくてもいいのにと思います。

今回はドライバーオリエンテッド的に、エアコン吹き出しを
インパネ上部に乗せて来ましたが、このへんはトヨタが
ウイッシュ辺りから使っている手法のパクリ。
しかも全く整理されていません。
自分は元々左右がある程度対称なものが好きなので余計に
感じるのでしょうが、それにしてもちょっと…と思わせる出来。
助手席側の寂しさも頂けない。
何の提案もアイデアも見当たりません。
ハイブリッドだからとシフトあたりを青く光らせてますが、
これもトヨタの後追いとしか映りません。

ともあれ。
全てを新設計のエンジンにしてきたのは評価出来ますし、
特にハイブリッドに7段セミオートマを組み合わせ、アクアをも
超える燃費を達成してきたのは素晴らしい。
記事など読むと、走りや質感などもいいようなので、
総じて言えばエポックメイキングな車になりそうですね。
ほぼハイブリッドメインで売れるのではないでしょうか。
後はハイブリッド以外にDCTは搭載されていないのが残念。
まあCVTの方が合っているしコストも安いのでしょうが、
このへんは一気にやっちゃったほうが良かったように思います。
まだうまく制御ができないのかな?
ハイブリッドはモーターもあるから上手く制御できる的な
記事も見たし。
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク