2012年J1リーグ戦終了

さて、今年も毎回totoとBIGを買い続けましたが、
全くかすりもせず終わりました。

BIGなんか一番当たっても8個までくらいだし。
やっぱ金持ちがまとめ買いして当ててるだけなのか?

ともあれ、今年のJ1は見事に粒の小さい、
日本の景気やら何やらを反映したものになりましたね。

優勝チームの勝ち点が64、降格はコンサは置いておくとして、
神戸39、ガンバ38という、正に間の詰まったところに
チームがひしめき合っている感じ。

まあこれは、お金がそんなに無くても、戦術やら
タフにプレーしたとか、そんなところで賞金圏内が
狙えるわけですから、チームのモチベーションは上がるでしょう。

今回の上位10チームで、J2上がり、又は降格がないのは、
マリノス、グランパス、エスパルスのみという。

ホームチームのマリノス、まさかの4位というのも何やら。
あまりいい印象が無いまま終わったものの、堅実というか
思い切りのない樋口采配と、思いのほかうまく行った補強、
要所での俊輔の覚醒wで意外と手堅く勝ち点を稼いでいたのが
効いたのでしょう。とは言え、マルキはともかくドゥトラ取ったときは
ああ終わったなと思わなくもなかったですが。

レッズもまさかの滑り込み3位ですが、勝ち点55、得失点差わずか5ですから、
今年ならではで、通年ならば中位以下にもなろうかというもの。
浮かれている場合ではありませんね。ACLで消耗すれば降格もあるかも。
まあそれは広島や仙台にも言えますが。

降格はまさかのガンバ17位と言う体たらく。
最後まで真実味というか必死さの見えないチームでしたね。
遠藤がそういう選手なのはわかるが、他の人からもそういうのは見えない。
そして藤ヶ谷はほんと下手くそなキーパーで、やらかした曽ヶ端状態が
普通といった感じの酷さ加減。
あそこを秋口でも、他チームのセカンドキーパー辺りで補強すれば、
絶対残留できたように思います。

神戸については、補強と監督のバランスがちぐはぐ、西野監督も
えらい糞カードを引かされてしまいましたね。
これでは来季監督のお声は掛かるのか?と言う感じ。

ともあれ。

リザルト的には面白くても、やっぱりお金のあるチームは
きちんとした選手、監督で独走するくらいの勢いが見たい。
ちょっと小粒過ぎますね結局は。

何とかその辺ならないかなあ?

後はストーブリーグに期待ですかね。
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク