スズキ新型ワゴンR

新型ワゴンRが発表になりましたね。

さて、また外見は、一見どこが変わったの?というか
車に詳しくない人から見れば見分けられない感じですが。

だがそれがいい。

モデルチェンジの度に、大きく形を変えて新型をアピールするのは、
実は世界的に見ても日本以外あまり無い。

それは当然当たり前の話で、その車に込めている意味、思いが
コンセプトとしてしっかりあるなら、外見にしろ大きく変わるのは、
アイデンティティが確立されていないということなので。

そういう意味で言えば、ゴルフなんかその最たるもので、
先日出た新型も連綿と続くゴルフデザインそのものだ。
(ただもう、サイズの拡大はやり過ぎと思えるほどではあるが)

という訳で、ワゴンRの外装はかなり評価できる。
コストに留意しながらも、見る人が見れば新しい線で構成されている。
ただまあ、最も評価されるべきは初代のデザインなのだが。
これがあってこその系譜でもあり、各世代のワゴンRが、市井で見ても
古臭く感じられず、各々個性を持って使われているのは凄い。

そもそもスズキは何気にデザイン力の高いメーカーであると
認識していて。勿論失敗もあるが、このワゴンRにしても
軽自動車のオーソリティとして、いい意味で力が抜け、
しかし手を抜いていない、いい仕事であると思う。

今回派手に新時代ハイブリッド的に喧伝しているものは、
効率の良いエネルギー回生システムといった所で、大枠は
セレナのものと近いし、BMWの3なども使っていたと思う。
アイドリングストップと組み合わせて使うことで、安価、軽量で
燃費を伸ばすことが出来るシステムだ。

後は軽量化であるが、この辺は相対的に対衝撃安全、経年耐久性等と
バーターになっていなければ、軽ければ軽いほどいいとは思う。

P.S.
関係ないが、ホンダの北米向け新型アコードを見て激しくガッカリ。
これは酷いデザインだ。しかしよく見ると、レガシィと似ているなと。
実際の所、これがアメリカで受けているデザインということなら、
自分の感覚がズレているということなのかな。

でも日産、トヨタの北米向けセダンはかっこいいと思うのだが。
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク