ワールドカップアジア予選vsオマーン戦

という訳で、終わってみれば3-0、日本快勝でした。

細かく見れば、割とイージーな所でパスミスとかあったし
選手のコンビネーションやコンディションもまだまだな部分も散見されたが。

相手は埼スタの雰囲気に萎縮してしまったのか、
全く気迫に欠け、前半は1点取った後、日本もそれに付き合うような形になった。

まあ後半すぐに巻き返しの2点が取れたのは大きかった。

選手個々としては。
まずサッカーのキャリアとしては、ちょっと道を間違えた感のある本田だが、
こういう場面になると別格、細かいミスも多いがまさに代表に不可欠。
長友は何度もいいチャンスを演出、岡崎も確実に強くなっている。
反面香川が目立つシーンは殆ど無く、遠藤についても積極性が感じられず。
内田、長谷部は黒子に徹したか。

今回の交代は、さほどメッセージ性の感じられるものでもなかったが、
まあ、手の内をあまり明かさないようにしたのではないかという
解説にやや賛同。

しかしあれでは、特にDMFとCBがあの組み合わせで戦っていけるのかという
課題について、全くあぶり出せるものではなかった。
勿論予選では、アレでも破綻はそうそう出てこないだろうが、本戦では無理と思う。
オーストラリアあたりに一回ズタズタにやられでもしない限り変えないか?

にしても、点をとれるのはいいことだ。
これまでの代表であれば、今回以上にボールは保持するものの、相手のブロックの周りで
ボールをこねくり回した挙句、カウンターで1点先取され、その後何とか後半ロスタイムに
1点返してドロー、とかがお決まりだったのにな。
オフェンシブな選手が欧州組+調子のいいチームにいる前田ってのも効いたか。

まあその意味で言っても、川島と吉田、SBはともかく、ガンバ組と長谷部については疑問。
遠藤に頼ったチームではあるが、後2年持つのか?長谷部はそこまで悪くないが、
遠藤を使うなら、全盛期の明神や、怪我前の米本みたいなタイプのほうがいいのでは。
今野にしても、何故そこまで拘るか不思議なDF。
いまのJにだって、もっといいDFいっぱいいると思うのだが。
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク