J1第13節

さて、これをもって中断期間となるわけですが。

ここの所、これというカードがTVでなかったり見られない時間だったりして、
いまいちきちんと見ていなかったりするのですが。

今朝再放送のガンバvs鳥栖を後半から見ました。
1-0でその後ガンバがもう1点追加したところまでは、まだガンバ余裕に見えた。
しかしその後すぐに、ロングスローからあっさり1点返された。
むっちゃマークにつきすぎて逆に得点者に寄せきれない感じ?
結果的にはここで取られたのが痛かったとも言えるが、まだ2-1、ガンバ優位だった。

ここで倉田が痛んで武井に交代、その後鳥栖が連続して3枚カードを切る。
ポイントとしてはここか?フレッシュな選手3人といった意味では。
鳥栖2点目は藤田のキックが見事だったと言えるが、ガンバDFはまたも固まりすぎな
イメージ。人を見るのかスペースを埋めるのか中途半端な感じ。

それでも攻めつづけてロスタイム。ガンバが押し込んで規定の3分。
こにまま終わるかといった所、で絵に描いたような鳥栖のカウンター発動。
2対3を作られあっさり取られてしまう。
まあここで2人しか残っていない、というのは責められることでもないし、
ゴールを守るのはつい最近まで控えのキーパーだし。

まあ総じて、こういう事はよくあることで、後はいかにトレーニングを積んで
共通理解項目を増やすか、とか、最後まで走れるかとか言う事になるので。

まあ何が言いたいかといえば、やはりガンバは特殊なチームであって、
いくらガンバにずっと居たからといっても、新人監督には荷が重すぎたという感じ。
広島や磐田は新人監督でもよくやっているが、それは地固めができているからで。
柳下監督など特にそういうタイプだと思う。
新潟などもそんな感じだったけど、その後策がなければ今年のようになる。

後は補強。今野一人入れたからそれでDFはOK、と言ったことは無理だったのが
はっきり分かる。元々中澤もそうだが、人を動かすとか、強い体で相手を壊しても止めきるとか
そういうタイプではなく、2人ともそういうタイプと組んでこそ強さを発揮するタイプと思う。
お互い頑張ってるけど、それが結果に結びつかないどころか、評価は落ちる一方だ。
もう今野も、代表に呼ぶレベルにはないのではないか。

まあその辺はザッケローニの人選なのか、サッカー協会の差金なのかわからないが、
対人や空中戦に強い、生粋のCBタイプの選手を何故入れないのだろう。
今のメンツで本当に、世界の強豪FWと渡り合えるとは全く思えない。
DFラインからの組立云々なんてのは、そもそもきちんと相手を止められてからの
話なのではないだろうか。
Jの選手すら止められないのに選ばれ続けるのは理解不能である。

ともあれ。

この中断期間、いかに途中移籍でのいい選手を集められるか。

新潟などは監督からだが。

故障者続出のチームも多いので、どれだけリカバリーできるか。

注目は川崎かな。
勢いづいているし、この中断期間にいいトレーニングが出来れば。
ポポ東京とか浦和とかもそう。

マリノスに関して言えば、やっぱ大黒の所をもうそろそろすげ替えたほうがいい感じ。
それと齋藤、小野をいかに囲って上手く育成できるか。
もう一人外人欲しいね。カルリーニョスとかヨンアピンみたいな感じの。
中盤の底で一人で食い止めたり動き回ったり出来る選手。
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク