SKYRIMの日常 RL セッティングについて

先日Realistic Lighting With CustomizationがVerアップされ、
インストーラー形式で簡単に入れられるようになりましたね。
(自記事→SKYRIMの日常 RL3.4

となりますと、今度はセッティングも試みてみたい、という方も
多くなるかと思いますので、自分なりですが解説を。
SKYRIMの日常 RLと若干重複します)

基本インストールすると、Skyrim/Dataフォルダ内に
◯Realistic Lighting.esp
◯Realistic Lighting Patcher.esp
◯Patcher.jar
◯Realistic Lighting.ini
の4つのファイルが生成されていると思います。

セッティングでは、
◯Realistic Lighting.ini を開いて数値を修正し、
◯Patcher.jarをダブルクリックで適応させる。
という形になります。Jarファイルを作動させるにはJavaが必要です。
(jarファイルが別のプログラムで開く設定になっている方は、Javaで開くよう修正)

ではRealistic Lighting.iniをメモ帳などで開いてみますと…
RL1.jpg
こんな感じです。左端に「;」が付いている行に関しては内容の説明等で、設定に反映されません。
(一番上の「GLOBAL MULTIPLIERS」に、それぞれの設定項目についての説明があります。)

========= ←この区切りで幾つかの項目に分かれていますが→========
◯GLOBAL 全体
これは全体のシーンを変更する時に使います。
その中に
◯MULTIPLIERS(赤線で示した項目部分)と
◯MODIFIERS(青線で示した項目部分)があります。

※基本セット数値は全て、MULTIPLIERS=1、MODIFIERS=0となっています。

又、その下にそれぞれ
◯NIGHTTIME 夜間
◯DAYTIME 昼間
◯DAWN 朝方
◯DUSK 夕方
◯INTERIOR 室内
◯DUNGEON ダンジョン
と分かれており、それぞれのシーンで別個に調整できます。

以下ちょっと以前の自記事から引用。

数値的な考え方として、まず基本設定数に対してGLOBALが反映され、その上で
各時間帯又は場所の設定が反映される。
MULTIPLIERSは乗算され、MODIFIERSは加算又は減算(マイナス設定で)される。
つまり、
基本数値×MULTIPLIERS数値+(-)MODIFIERS数値と言う事。
(GLOBALとその他項目両方セットした場合、全て上記数式に合わせ計算反映されます。)

基本数値については、Realistic Lighting関連のespのチェックを全てはずした上で、
ゲームを起動、コンソールで「php」と入力すると、それぞれの項目の数値を見ることが出来る。
(ただし、色々なシチュエーションで見てみましたが、固定数値ではない模様。)

数値について(上記数式反映後の数値)
◯値は0以下に設定することはできない。
◯Tinting値については「1」以上に設定できない。
◯Brightness値については「0.15」以下には設定できない。
◯数値上限はないが、効果が効きにくくなるか、又は反映されなくなる。


では実際のセッテイングですが。
自分自身、RLでセッティングしているのは、明るさと色合い部分のみで、
その他の部分についてはENBを入れて調整している感じです。

◯明暗の調整(SSで黄緑で囲んだ調整項目)

「brightness」
が明るさを調整する項目です。
(brightness(明るさ)Multiplier(乗算)Global(全体)という感じで以下同ですw)
ここを増やせば明るく、減らせば暗くなります。
MULTIPLIERSとMODIFIERS、同じシーンでも2つあってややこしいですが、
別にMULTIPLIERSだけの調整でいいかと思います。

「targetLum1」
「targetLum2」
ここはイマイチわかってないのですが、カメラの露出調整的な感じです。→Wiki
targetLum2の方がメイン?な感じで、下げると露出オーバー、明るく眩しい感じに、
上げると暗く均一な明るさになっていきます。

「contrast」
明るさ、では無いですが、上げると濃淡がはっきりします。→Wiki

「sunlightScale」
「skyScale」
sunlightは、太陽そのものの明るさではなく、それが物に反射した時の明るさの強度。
雪の反射光や、室内やダンジョンに差し込む光の強さなども変わります。
skyScaleは空自体の明るさとのことですが、イマイチ体感しにくい?

◯色合いの調整(SSの水色で囲んだ調整項目)

「saturation」
増加で色が強調されていきます。減らすとモノトーンに。
ただ独特な色合い変化なので、お好みでという感じ。

「red」
「green」
「blue」
「alpha」
こっちで自分は調整しています。上から3つはそれぞれ増やせばその色合いが増します。
(ただ注意しなければならないのは、「設定後の数値が1以上にはできない」と言う事。
基本数値が0.◯◯◯なので、乗算する分にはOKですが、あまり大きな数字は効かないかも。
MODIFIERSの方は弄らないほうがいいと思います。)
alphaが彩度変更になります。→Wiki
これだけ減らすと彩度アップ、増やすと彩度ダウンになります。

最初の方で書きましたが、シチュエーションごとに変更出来ますので、
例えばENBと共存させた時、全体の色合いを変えたい、なんて言う場合はGLOBALを、
「ダンジョンと室内だけ明るくしたい」なんて時は、DUNGEONとINTERIORの
数値だけ弄ればいいことになります。

と言った感じです。

数値を弄ったら、iniを保存して閉じ、Patcher.jarをダブルクリックして適応。
必ずロードオーダーと、espにチェックが入っているのを確認してください。

(Realistic Lighting.espが上、Realistic Lighting Patcher.espがその下。)

ちょっとここまで書いてみて、回りくどい説明で申し訳有りませんが、
やってみると簡単です。当たり前ですが何度でもやり直せるので、
試行錯誤しつつお試しいただければ自分好みの色合いが見つかるはず!

因みに今現在の場合ですが、RLの「Realistic Lighting 3_4 Manual Install」版をDLして
中を見てもらうと、「Realistic Lighting 3.4 Optionals」というフォルダがあります。
そこにそれぞれ「3.4 Optional ◯◯◯」という感じで、セッティングされたiniファイルが
入っているので見てみると参考になると思います。
(Option Vanillaというフォルダは、VanillaセットのRLに対しての物なので
通常VerのRLには参考になりません)

例えば「3.4 Optional Brighter Dungeons Only」では、下の方の
DUNGEON MULTIPLIERS項目のみ、

targetLum1MultiplierDungeon=1.95
targetLum2MultiplierDungeon=1.95

sunlightScaleMultiplierDungeon=0
skyScaleMultiplierDungeon=0

brightnessMultiplierDungeon=5

と調整されています。かなり明るくなるのではないでしょうか。
ただ、いま見て気づいたw のですが、sunとskyを0にしていました。
多分RL側のコントロールを切るといった意味合いかと思いますが
あとで自分でもやってみようかと思います。

※内容については変更する場合がございます。
又、自分なりの考察内容なので、事実と異なっている部分があった場合
お知らせ頂ければ幸いです。
SKYRIMの日常 マイセットにて、Superb ENB-RLと組み合わせた時の
自分のセッティング数値をアップしましたので、宜しければご参考まで。
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク