スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去に学ぶ

未だ水抜きすら始まっていない今日この頃。
もう数日前から、順調に行けば明日にも、とか言いながら。

この原発被害についてどうなるかというのは、
結局学者さん達が言う、基準数値なるもの。
それは信頼できるものではない。

何故ならそれは限定された環境での動物による実験と、
局地的に偶発的に起きた事故からのデータしかないからで。
人体実験が出来たのは、戦後まもなくの、危険性が認識されていない時代、
又は起きてしまったことを隠し、近隣の住民に被害が出た事象から。

そもそも数値の100が危なくて、99が平気なのかということ。

まあただそれを行っていると堂々巡りなので。

例えば一番有名なチェルノブイリ事故、その後どうなったのか。
当然あれだけの事故、万単位の方々が無くなっていると思う。
ただそれが「鉄のカーテン」に閉ざされた時期だけに解らない。

しかしあれだけ大規模に汚染物質がまき散らかされた、
ヨーロッパですらかなり降り注いだはず。
その1986年から丁度25年目。
例えばその時期に生まれたか、10歳くらいまでの子供は、25歳から35歳位。

どうだろう、周りでそのくらいの年齢の人に、
甲状腺の病気が多発しているとか、白血病で亡くなったとか、
それ程聞くものでもないが。

結局色々紐解くに、一番汚染されたのは、軍の実験なのだと思う。
Wiki 核実験
数多くの実験がなされている。
アメリカの、南太平洋の実験だけで67回!

やはり戦後、がんで死ぬ人が増えたのは、このせいもあるだろう。
ただまあそれだけではなくて、色々な化学物質、添加物やら農薬。
電磁波に高周波やらストレス社会やら。
昨今の少子化自体もこれらすべてが関わって、種の衰退が
始まっているのだろうと思う。

ともあれ。
今後日本は、どんどん落ちぶれていくのだろう。
一部の金儲けのネタをつかめた人を除けば。

そう言えるのも、福島原発がこのまま落ち着いてくれればこそ。
地面の汚染は福島県内以外それ程は行かず(報道を信じるなら)
海への汚染は酷いが薄まるなら。

最臨界は今でもボーダーを行ったり来たりしているとおもうが。
大きくそれを超えないことを願う。
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。