スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震雑感3.16

昨晩は静岡中心とする地震。
震度も大きく、丁度富士山の辺りだけに不安。
この上富士山爆発などなったらまさに地獄…
でも、これだけ地殻変動があれば、無いとは言えないかも。

そして福島第1原発はもはや最終局面にあると思う。
中央制御室には常駐できないほど放射能が蔓延し、火災が報じられた
4号機は、近づいて確認できないほどの放射線量であると。
その4号機については原子炉隔壁外の貯蔵プールにある燃料の
最臨界が疑われており、外壁の破壊があるため、そのまま放射能が
漏れ出していると考えられる。
現段階のニュースでは、何処からか煙が発生しているが、
従業員が立屋の外に出られないため確認できないと…

又ここまで、1,3,2,4と順番に起こっているような
発表があるが、実際は同時進行で崩壊し続けているわけであり、
そのどれか一つでも爆発による核発散となれば、ほかの炉も手当ができず
暴走するか、連鎖反応で爆発の可能性もあるのではないか。

そう、もはや作業員が作業できる限界が近づいていて、
放棄せざるをえない時がそう遠くない時間に来る。
そうすればやったとしても、ヘリから放水ぐらいなもので。
チェルノブイリ事故までは行かないなどとまだ言っているが、
あちらは一基、こちらは六基あるのである。
うち四機は確実に危険な状況、5,6号機も放置できる状態ではない。

そうなった場合には、これまでの作業により、どこまで冷やし切れたか、
爆発してしまうのか耐えるのか。
かなりの被害が出るものと思われるが、チェルノブイリ事故の事後、
周辺作業やコンクリで固める作業が出来たのは、その頃はまだ「ソ連」
であり、作業者は何も知らされず作業した者が多いという事実。

今更のことであるが、いかに「想定外の地震、津波」が来たとて、
それで非常用ディーゼル発電機すら稼働できない状況になったというのは、
同じ沿岸にある女川原発が被害なしということを考えても、
企業側に想定の甘さがあるのは明白。一部報道では、以前から
津波についての不備が指摘されたり、点検の不備が指摘されたりしていたと。
そして現段階を以てしても、「電源の復旧」がされないというのは
衛星写真から見ても、設備を置く位置や施設強度等に配慮がされていない
設計だったのだと思われる。

そして、発表もそうだが、手立ても後手後手である。
IAEAでも米軍でもいい、手助けしてくれるところは
すぐに可能なかぎり呼んで対処すべき。
「自分らで何とかしますから」とか言ってる場合はとっくにすぎている。

12時過ぎの会見では、煙は3号機。当然ながら放射能付き。
いよいよ職員退避の時が迫っているか。
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。