中国

日本経済の衰えに伴い、クローズアップされる中国。
報道の姿勢を見るに、あまり好意的な感じはしない。
又、中国の日本に対する感情的な部分、というのも、大きく
報道されることも多い。

ただ、そう言うのを見て感じるのは、
全て自分たち日本人が通ってきた道であることは、
すっかり無かったことにしてしまっている違和感。

まず、公害問題。
水俣病や四日市喘息やら、子供の頃には教科書で習ったもの。
光化学スモッグが発生し、酸性雨やらなにやら。
ゴジラにも「ヘドラ」なんて出てきたけれど、その頃の
河川なんて、泡だらけ、どぎつい色の廃液なんて当たり前だった。

食に関する安全性だって。
添加物だって子供の頃当たり前に使われていたものが、
何種類規制になったろうか?普通に販売している食品から、
やれ鉛が出た、水銀が出たとかもよく聞いた。

贋作商品、モノマネだって日本が一番得意にしたところ。
今や世界に誇る日本車だって、最初は英国あたりから勉強させて貰ったもの。

中国人観光客の進出とかマナーとか、バブル期の日本人より
はるかにマシではないのかなあ?

要は自分らが全てやってきたことなんだし、それを否定するなとは言わないが、
そういう事を改善なり回避なり出来る方法があるなら、教えてあげて
そこで何なら利益を出せばいいじゃん、と言う事で。

中国人の日本に対する意識だって、あれだけの人がいるんだもの、
悪く思う人もいれば、好感を持つ人も多いだろうし、関心無い人も多いだろう。
さらに、悪意を持たれたとしても、それはこちらの今までの
やり口に対して、ってことも忘れてはいけない。
そして、そうした様々な意見がある中で、取捨選択して流しているのは
マスコミの人間だということ。

因みに自分もこれまで仕事をしてきた中で、何人かの中国の方と
仕事をしてきたが、皆実際頭が良く、労を惜しまず働く人が多かった。
ちょっと言葉の疎通が難しくても、逆に機を見て動く、気持ちを汲み取る、
みたいなところは、今の若者達より優れている位だ。
難点は遅刻がたまに有るくらいで。
なので個人的には悪い印象は全く無いし。
逆に中国に行って、そうして働けるかというと絶対無理なので
尊敬の念を持つ程。

別に自分は思想的、政治的には何も無いが、
仲良くやっていければいいなあ、と思う次第。
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク