ここ数日の移籍動向など

まずびっくりしたのは、引退して本国にでも
帰ったかと思っていたマルキーニョスが、今度は
仙台に入団したこと。
当然もうトップフォームではないし、全戦出場も
難しいかもしれないが、柳沢、松下、赤嶺などともに、
面白い存在になるのではないか。
監督はもう言い訳できないだろうし、手腕に期待。
ただここで又フェルナンジーニョはクビなのかと。
やはり使いづらいのだろうか?

あとは本田拓也がやはり鹿島に行ったこと。
鹿島にしても思い切ったというか、本格的に小笠原の
代わりを探し始めたというところだろうか。
かわいそうなのは青木とか増田あたりだが。
監督は続投であるし、それほど入れ替えを好まないので
どう使ってくるかは楽しみ。

それにしても清水は完全崩壊で、いかにフロントと
監督、選手間の気持ちの乖離が進んでいたかがわかる。
確かに移籍制度は変わっているし、監督も結果という意味では出ていない。
しかしいずれにせよ、こうなってしまった間には、その進め方という意味で、
大きな間違いを犯していたのは間違いない。
全く信頼関係とか、変な話だが恩義を感じるとか、そういう部分がないということ。
これで岡崎もドイツへ、ということになれば、ほぼ去年の控えの選手しか
残らず、そこに外人新監督と新加入選手、という、ほぼ0からの出発という形になる。
高原、小林大悟と、癖のあるメンツと、大卒選手あたりが即戦力として
予想外の活躍でもしない限り、降格争いに入ることは確実。
ただ、あまりにも変わっただけに、相手に解析される前に勝ち点を稼げれば、
なんとかなるかもだが、それは柏、甲府辺りも一緒だ。

他のチームについてはまあさほどトピックはないが、
柏はじめ、新加入外国籍選手の質も楽しみである。
あとは各チーム、いかに選手を壊さずコンディションを保って
シーズンを戦い抜けるかがキー。
フィジカル管理のスペシャリストが置けるかどうかが
今後大きくなってくると思う。

あとは有能なGM、スカウターかな。
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク