KSR110

もう手放して何年も経つんですが。

以前書いた記事で検索してくる人の中で、
エンジン始動出来無いっぽい人が多いみたい。

つうことで自分がしていたかけ方。
(あくまで素人の言う事ですが)

まず、空冷4ストシングルって事で、セルもなく、
キックで掛けるしかないですが、シンプルかつ丈夫なんで、
しばらく使って無くても掛からないとか壊れるとかって事はない。
バッテリーすら上がってても関係ありません。
キックしすぎたからっていても、プラグかぶるって事もないと思う。

自分の場合は買ってしばらくして使わない環境になってしまい、
乗るとしても半年に一遍、バッテリーは上がったままという状態。

という感じでは、やっぱりすぐには掛かりません。
KSRの場合、自動遠心クラッチなので、押し掛けも出来ますが難しい。
緩い坂でもあれば、ニュートラルで走り出してスピード載ったら2速とかに入れれば
良いんですが、ハンドクラッチがないんで微妙なコントロールは出来ません。
慣れない人には危険もあるので勧められず。

※検索多いので追記
KSR110はクラッチレスで、かつボトムニュートラル(Nが1速の下)なのでかなりやりづらい。
まあ、バイクを押してくれる人がいれば出来るかな?
まずはカットオフスイッチ切ったまま、とかガソリンコック開けてない、とか初歩的なミスはナシで。
チョークレバーは全開に引いたほうがいいと思います。
その状態でライダーが跨りギアニュートラル、押し役はしっかり支えつつ押します。
(危険なので公道ではやらないほうがいいと思います。)
ある程度速度が出た所で、かなり素早く2速へシフト。(1速だとギア比がきつくて無理と思う)
結局そのつなぎの部分がクラッチでコントロールできないばかりか、
1速を飛ばすこともできないため、難しくなります。

なのでキックオンリー。
まずはキックアームを軽く踏み下げていき、重くなった所で止め、
そのままキックアームを又上まで上げ。
体重掛けて一気に踏む。
その際、チョークレバーはフルに引いたまま。
アクセルは自分の場合、ほんの僅か開ける感じ。

それの繰り返しです。
しばらく踏み続ければ、「ぼぼぼ」と火が入るようになり。
回り始めてもしばらくはチョークは戻さず、回転が安定するまでは
そのままで。

又走り始めてもしばらくは、アクセルはエンジンの回転に沿うように
優しく開けないとエンストしますし、
暖まりきってないと、信号で止まったときもエンストしがち。
クラッチ操作でごまかせないのでちょっとつらいところです。

といった感じですが、一旦暖まってしまえば
特に気の使うところのないエンジンと思います。
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク