Jリーグラストスパート

残すは後数戦となった。

順位争いは例年に比べるとちょっと違い、というか
ここのところの不況の煽りがどんどん出ており、
要は良い外国人は取れず、チームの中核の日本人選手も
どんどん歳をとっていくばかりで世代交代もうまく進まず。
といった体で、名古屋以外、戦力的にどうなのという感じ。
その名古屋にしても、ACLがなかったから良いようなものの、
とてもとてもターンオーバーで戦っていく力はない。

このまま独走かと思われた名古屋も、今回鹿島に敗れた。
まあ、それでもギリギリ優勝するのではないか。
要はその下が付いてこられるだけの戦力がないので。

鹿島については、まず主力が高齢化して、安定してパフォーマンスを
維持できない点。監督自体が、あまり選手を替えないタイプなだけに
ACLも入ってとなると無理が出てくる。
では世代交代に向けて若手が育っているかというとちょっと疑問もある。
マルキーニョスはいつまで使えるか。これは本山、小笠原についても同様。

これはガンバにも言える事ではあるが、これまで特にフォワードについては
計算できる外国人にこだわり過ぎていた感があった。
それが今年は獲得選手の不調、移籍等で、若手を使わざるを得ない状況になり、
そうして使ってみれば、全く遜色ないどころか、良い選手が育っていたという。
このままうまく世代交代が進めば、来季は期待できそう。

そしてフロンターレ。
ここはワールドカップ後主力選手が移籍したり、代表に人を抜かれたり、
かなり難しいやりくりだろうと思うが、ここまでこの順位は立派。
憲剛はまだまだどんどんうまくなっている印象で、ただ代表選出が
遅くなってしまったのが残念。
ジュニーニョがどこまで使えるか、その代役が見つかるかというのは肝。

セレッソはここのところ失速気味だが、それでも面白い。
ただ来期に向けては、乾、清武辺りが、もっと攻撃のバリエーションを持たないときついだろう。
もう一人ぐらい、キーマンがほしいところ。

マリノスは、監督が来期継続という事でちょっと。
このまま行ったとしても、俊輔、清水辺りはどこまで使えるのか。
若手がどんどん出て行ってしまっているのも気になる。
小野、端戸辺りは大事にしてほしい。
あまり先の見えないチームという印象で、地元ながら
サポーター、という感じではない。

清水は一時期トップには立ったが、選手の層の薄さ、というか戦力差が目立つ。
また戦術的にもかなり運動量を求められるため、コンディションが
整い、選手もそろえばいけるが、少しでも傾けばこんなものだろう。
ここでまた監督解任や、ベテランの戦力外通告となんともはや。
組織としてこれでは駄目なんじゃないか。

広島については、今のシステム、戦法で行く限り、この辺りが
定位置という気がする。絶対的なストライカーでもいれば、
優勝も狙えそうだが。ただ面白い事は確かで、
チームの一体感とともにまだまだ期待できるチームと思う。
システム変更なぞしたら面白いのではないか。
オプション的でも良いので。

アルビは良い意味で驚き。
主力流出、監督交代と、良いイメージはなかったのだが。
この位置はホント見事である。マルシオに加え、あのミシェウがここまで
生きるようになるとは。やっぱりご飯がおいしいのだろうか。

浦和は何というか、あの監督と心中するつもりらしいので、
後は来期、CBとFW、できればGKとDMF(てほぼ全部だけど)に
いかに良い補強が出来るかとは思う。
特にCBはもう限界なのではないか。

ジュビロは柳下監督が渋い。
やはり良い監督に良い指導が受けられるか、というのは重要なんだなと
つくづく思わせる。前田も安定してこの力が出せていれば、
と思うが、そうだったらもうジュビロにはいないか。
苦しみに苦しんだ世代交代が、何とかなりそう。
まあそれでも前田、西、川口の壁は厚いが。

モンテディオは、あの監督あってのものであって、
それ以上も以下もない。
ないと思うが、豊富な資金があって、好きにやってもらえたら、
もっと上は狙えるだろう。
でもそれはもう山形ではない気もする。

ベガルタは逆にもうちょっといけると思ったが、
やはり地力という面で劣るところはあるにはある。
ここもでも一体感という面では大きく、J2上がりの堅守速攻チームが
苦しむ事が多い中、何とか定着できそう。

大宮。
ここは逆によくも毎年、この辺でいられるなあとは思う。
選手も悪い事もないし、監督も悪くない。
まあ観客水増しだってまあ可愛いもんだ。
それでも何で上に行けないかは謎。
良くも悪くも、一回壊して再生しないと駄目かも。

そしてFC東京。
まさかのこの順位。
ここ2戦ほど良い感じだが、全く気は抜けない。
それにしても、選手起用一つとっても、前任監督は何だったのかとは思わせる。
記事では、面白いサッカーをやる的なものも多かったが、
少しも面白くなかった。少なくとも勝てない限りは。
選手は良い選手がそろっているし、やはり監督次第という面も
大きいのかとは思う。

神戸についても同じで、何であの前任監督に任せたのかと思う。
というか相性が悪すぎたのだろう。
いずれにせよ資金力はあるのだろうから、きちんと
方向性を示せる経営者が一番必要なのでは。

サンガは結局無理だった。ここも何が悪いのかといえば、
選手層だってそんなに悪い感じもないし、監督、コーチ側の
体質的なものなのかなあ、と思わぬでもない。
またもエレベータークラブに逆戻りだ。

ベルマーレはまあ、何も言う事もなし。
あの監督であの選手層ではJ1では無理だった。
という結論。
お金がなくては無理なのね。

総じてそれほど戦力に差が出ず、でもそれが試合を面白くしているかと言えば、
レベルの低下したところで拮抗しているわけで、これが面白いとは言えず。
また、ここ数年「人もボールも動くサッカー」が当たり前になった事により、
怪我をして離脱する選手がかなり目立つのもポイント。
ケアや管理などにもあまりお金がかけられないのだろうか。
フィジカル強化、管理にお金をかけられるか否かで、選手生命にも
クラブによって大きく差が出てきそう。
これまでの強豪チームには主力の高齢化、世代交代の必要が大きく。
それを脅かすチームが来期は名古屋以外に出てくるのだろうか。
シーズンオフの移籍情報からは目が離せない事になりそうだ。
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク