スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

監督解任

今日朝たまたま磐田対FC東京戦を
再放送で見たのだが。

特に前半、目を覆うような出来。
かなり選手が故障しているときに、また付け焼き刃的な
システムと言うこともあり、全く前線にボールが収まらないし、
そのセカンドボールも拾えない。
アンカーの森重も全く効いていないし、
とにかく消極的かつ「何としてでも失点しないようにしよう」とかの
気概も全く伝わって来ず。

そんなわけでホームの後押しを受けた磐田に、好きなようにやられた感あり。
監督力で見ても磐田の柳下監督は、黄金期の選手が抜けて輝きを失いかけていた
磐田、若手を使っての地道な成長と言った面で適していると思う。
何となく山形小林監督的な。
派手さはなくても堅実に行けるタイプ。
そう言った意味では大宮にも期待しているのだが。

対して城福監督、非常に弁が立つ。
同じようなタイプの反町さんと共に、言ってることはいいけど結果はどうなの?
ってタイプと言うことになってしまう。
まあ言っても湘南は元々戦力的に無理があるという感が大きく。
FC東京についても、移籍あり、怪我ありで中々難しいとは思うのだが。

それにしても怪我人が出すぎで、こうなるともう日頃の練習メニューの
強度とか、フィジカルトレーナーの善し悪しとか、選手の健康管理とか。
そう言った大きな部分でどうなの?と言うことであって。
まあ代表の掲げた「ヒトもボールも動くサッカー」にハンパに毒されている
今の感じで、他のチームも結構怪我人は多い。
ただそこはそれとして、各チームやりくりしながらやっているわけで。
要は人が欠けても、チームとしての戦い方に筋が通っていて、
立ち戻るベースがあるなら、一時は落ちてもそこそこキープは出来るもの。

先日解任された三浦監督や、京都加藤監督もそうだが、
うまくいかないと人を変え、ポジションを変え、フォーメーションを変えでは…
そうした迷走状態が、今日見た試合でもありあり見て取れていて。
解任もやむなし、と言うか、中途半端に言論部分の強さがあるだけに、
タイミング的にはちょっと遅いかもしれない。

と言う中で後任となった大熊氏。
代表コーチで大声出してるイメージしかないし、
元監督と言っても、当時の選手はもういないわけで。
何とか降格を免れるのか見物ではある。
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。