スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー雑感

たまに面白いのでバルサの試合は見る。

今季のJでは採用するチームも増えた4-3-3。
そのひとつの完成形がこれでは有る。
というか、今のバルサにおいてもやはり完璧に機能させるのは
難しいシステムで、怪我人が続出するとなると
勝ち点が取れない試合も出てくる。

いい時ってのを見ると、もうDFラインはすごく高く押し上げ、
2バックに近くなっており、2-5-3と言った感。
パスに一糸の乱れもなく、相手のプレスにあってもボールを失わず、
ボールホルダー以外の選手は常に動きパスコースの選択肢を増やし。
しかもJのように無闇に動いて体力を消耗するでも無く、
引いたカメラで見ると、バルサの選手のポジションが
ある間隔、角度を保ったまま柔軟に伸び縮みし、相手を翻弄して
いるのが見える。

そして一瞬の隙でもあれば、本当に軽々とシュートまで持っていく。

もしどこかで相手にボールを渡すことになっても、非常に
コンパクトになった空間なので、裏に抜け出そうとしたときには
オフサイドポジションに相手FWは取り残されている、と言った風情。

ただやっぱり連続して掛け違ってしまう事もあり、
上手くはまらない試合というのも出てきて、
相手に持たれたまま自陣まで多く侵入されてしまうと、
結構危ない状況になったりする。

それでも落とす試合が少ないのは、そういう状況でも
個人で点を取れる選手がいるから。

また、あのスタジアムも素晴らしい。
それが毎回満員のお客さんで埋まるというんだから、
まさに理想的と言えるのではないだろうか。

ただまあ、その微妙なバランスが
どこまで維持していけるかはあるけども。

って考えても、いくらあれが素晴らしい形を見せるからって言っても、
日本のJのチームが出来るかと言ったら否であるので。
今季採用しているチームが、どこまでやり通せるのか
見ものというところでは有る。

ACLでは川崎、ガンバがやっと勝ったが、
やはり勢いは無くなってきていて。
中東にブラジル人FWをごっそり持っていかれてから、
なんだか没落は激しく、ちょっと前の全然勝てない
時代に逆戻りしたようではある。
しかもガンバ勝ったとは言え、一時2-2までつめられており、
勝ったことだけが好材料で、後は何も無い。
平井がハットトリックだが、Jに戻って西野監督が使うのか、
結果が出なくても使い続けるのかは疑問。
この後のJで勝ち点を稼げないなら、西野監督退陣も
ありうるのではないか。

で、話変わってチャンピオンリーグでは本田が活躍。
はいいのだが、マスコミもどうしても俊輔との対立関係に
持って行きたいようではある。

正直俊輔が入って2戦、マリノスはいいが、去年も
いい時があると思えば連敗を重ねるような
チームであり、又、湘南、川崎と中盤3枚のチーム
だけの対戦であり、鹿島はともかく、例えば京都、神戸みたいな
ガチガチのチームで通用するかはこれからも見ないと分からず。

俊輔自体も、去年あえて一回マリノス復帰を断り、イバラの道の
リーガを選んだ挙句、出場機会も無くと。
金銭面での折り合い云々と言っていたが、本人以外、スペインに行って
俊輔がレギュラー張って活躍出来ると思っていた人はそうはいないだろう。
自分もそう思っていて、でもあえて厳しい環境に身を置きたいのかと思っていた。
ところが一転、恐らくワールドカップ出場を睨んでかとも思うが、
初志貫徹出来ず帰ってきてしまったのは残念。
なので逆に言えば、この後結果が出せない場面が続いてしまったら
どうするのだろうかと思う。

対して本田については、所謂ビッグマウス。
とはいえ、中田のように極端にマスコミ嫌いに走ることも無い様で、
むしろ積極的に上手くコミットして行こうとしている感アリ。
先日テレビで、「やっぱり運というのも必要だ」と言っていて
小倉かな?が「おー運を拾うんですね」的なことを言ったら、
「いえ、努力して運を掴むんです」とか言っていた。
こんな流れからも、頭はいいんだなと感じさせる。
俊輔が何となくインタビューでは涙目でナサケない感じなのとは
一線を画すというところ。

実際ああいう場面で点を取る、取らないってのは、当然
相手の動きもあるし、ボールの転がり方一つだって完璧に
コントロール出来るわけではないし。(何かメッシだけ別w)
そこでちゃんとボールが来て、ゴール出来るっていうのは、
やはり運を掴み取った証拠であろう。

俊輔がマンUからFKで得点できたのも同じことではあるが。

で、この後ロシアリーグで本田がどの程度活躍出来るのかは
分からないし、正直リーグ全体のレベルとしてどの程度なのか。
まあ彼自身ステップの途中の踏み台、位のことを公言しているし、
上手く行ってくれれば日本人選手の価値を高めてくれるかもしれない。
実際のところ一番今成功しているのは長谷部だとは思うが、
監督が変わってから中々難しい様でもあるし。

ちょっとズレたが、取りあえず今本田が代表の核になって
バンバン活躍する、という図式も無いし、監督もアレなんで、
基本は俊輔がよっぽど落ちない限り、外される事も無いだろう。
ネットの評を見ると、何だか本田が救世主みたいな書き方をしている
人もチラホラいるが、ゲームじゃあるまいし、選手ぱっと
取り替えたら連戦連勝とかありえない。

整頓すれば、代表自体はもう岡田監督でここまで来てしまっている時点で、
彼と、それを取り巻くコーチ陣の力量以上にはなりえず。

もし選手に期待をするならそれはMFでなくFW。
岡崎なり玉田なり、森本、平山とかまあ誰でも。
そうした選手がワールドカップでピークになり、得点しまくらない限り
楽しいワールドカップにはならないだろう。

俊輔はこのワールドカップで代表はほぼ終わり。
本田はむしろこのままキャリアを伸ばしてもらい、
次のワールドカップで代表を引っ張ってもらいたい。

とここまで書いてきて、なんだか本田はひどい怪我だけは
しないといいなあと思った。
今まで何人の有望選手がそうして潰れてきたか。

でも割とヨーロッパの選手、ルーニーとか
ひどい怪我しても又第一線で活躍する選手もいるねえ。
やっぱ医療とかリハビリとか、向こうのほうがいいのかなあ?

関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。