J第3節マリノス-フロンターレ戦

BSのTBSで観戦。全節放映が有るようで何より。
結局スカパーにはいるつもりが無いうちにとっては
ありがたい事である。

天候はいいが風はかなり強い日産スタジアム。
マリノスは前線に俊輔、狩野、山瀬を起用する布陣。
対してフロンターレは野戦病院状態。
2節までは何とか気合で勝ちをもぎ取ったが、
もうそれも通用せず。

結局のところ攻撃はともかく、守備は稲本、伊藤と川島だけで
守っているような形に対し、マリノスは攻撃時どんどん
飛び込んでくるのだからたまらない。

俊輔は今の所好調をキープ。マリノスに足りなかったピースが
(外人助っ人除けば)揃った感じ。
要はマリノスの前は、アタッカー、ドリブラーはいても
司令塔タイプ、ゲームをコントロール出来る人間不在だった。
俊輔が入るとボールの落ち付け所、預けどころができるし、
どうしてもそこに相手チームのマークが集まるので、
アタッカーも生きるということ。
またボランチも上がりやすい環境となり、攻撃に厚みが出来る。
何しろパスの正確さ、アイデアが豊富で、元々器用な選手が
多いから、みな生き生きプレイしている。

一点目は俊輔の見事なロングシュート。
これは前節の狩野のシュートに対する俊輔の意地か。
二点目、三点目は山瀬。それまで力んでフカしてしまいがちだったのが
今回は川島をもぶち抜く二発。
そして四点目は俊輔から栗原のホットライン。
それ以外にも相手GKが川島でなければ、というシーン続出であった。

これで又期待出来るのは、イマイチもう一皮むけなかった
選手たちが、いろいろな部分で俊輔から吸収出来るのでは、
という事。もちろんここまでうまく行き過ぎで、これから先
劣勢に立つときもあるとは思うが、そういう時に他の選手が
成長していれば、又打開策も出るだろう。

そして心配していた監督も、よく見ると元アルディージャ監督の
樋口コーチと上手く住み分けが出来ているようで、
元々アルディージャをクビになった時も「なんで」と思うくらい
手腕の有る人だと思うので、そういった部分も効いているのでは。

とか言って期待させて、大連敗ってこともあるから
まだ安心出来ないが、横浜市民としてw?、ぜひ活躍して
貰いたいものである。

フロンターレについては早くも限界が来ている。
これで又火曜はホームとは言えACL。
昨年も出ているはずなのに、この故障者の多さは、
もはや監督、コーチ陣の指導方法、ケアに問題ありと
言わざるをえないのではないか?

又、今のメンバーでは4-3-3もきついと思われ。
4-4-2相手に劣勢の場面で、中盤がそのままでは、
数的不利に陥るし、上がってきたサイドバックの
マークに3トップがそのまま下がっていては、
いざカウンターとなったときに前線にテセのみと。
関塚監督は4-4-2と使い分けていたし
それが理想的だろう。

ところでガンバは新潟にも引き分け。
結局フォワードにスペシャルがいないと勝てないのであれば、
もはやトップチームとは言えないだろう。
単なるポゼッションチームだ。
これは前も書いたが、西野監督の選手起用基準が
厳し過ぎる、長期政権による硬直化を起こしているせいと思う。
それに不満の選手が流出するばかりとなっており、
フロントは、監督と心中するかどうするか、
早く判断した方が良い。
このままやるのだったら、一刻も早くいいフォワードを
どこかから連れてくることではないか。

関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク