ACL第1戦

鹿島-長春戦については、
本山、小笠原の欠場、フェリペ、イのフィット等、
気になるところもあったのだが。

ホームということも有り、対する中国もおとなしく、
ベタ引きというよりも綺麗な2ラインのブロックで守る形。
何となくJ2あたりのチームと戦っている様相。

なので全体のまとまりとしてはイマイチながら、
良い動きを見せていた中田のセットプレーでの一点を
無難に守り切るといういつもの鹿島らしい一戦となった。

交代でもジウトン、大迫を投入したり、
良いトレーニングマッチになったのではないだろうか。

ただ、やはり野沢については、随所に非常に高い技術を
見せるものの、無難なボール捌きに逃げることも多く、
もう少しむら無く実力を見せられれば、代表にも行けるのでは。
また、伊野波については、イにポジションを奪われる形と
なっており、ちょっとどうかとは思った。

対して城南-川崎戦では、
荒れたピッチ、いい加減な審判、ボールより体に向かってくる
相手選手、そしてとにかく前線に放り込んでくるサッカー。
まさにアウェイのアジアの戦い。
まあただ初めてのアジアではないので、あそこまで付き合うことは
無かった気もするし、選手の起用、交代も疑問。

中村憲剛は早々と口の中を切ったせいで終了後は口の中真っ赤だったし、
代表の疲れ、今後のスケジュールを考えれば最後まで使うべきでは
無かったと思うし、本人の出来はともかく、黒津のところでボールを奪われたり
流れが止まったりするシーンが多かったにもかかわらず、
後半30分過ぎるまで交代は無しと後手に回ってしまった。

あとびっくりしたのが局アナ。
まずテセを韓国選手と紹介するわ、ボール持った選手の
名前は間違えるわ、ボキャブラリーに乏しいわで。
名波もそれほど喋りが上手くはないだけに、
そこもテンション下がった。

まあまだ予選6戦の内一戦目なのでどうと言う事も無いが。
鹿島の相変わらずの感じが目立った内容であった。

追記:なんと憲剛アゴ骨折、手術が必要で
開幕絶望らしい。

試合を見ていても、一応ボールに行っているのだが、明らかに
そのまま体を当ててくるシーンが多かった昨日の試合。
該当の場面も、ゴール前でボールを競った時にカウンター気味に
相手DFのタックルを喰らった形。

でも、日本でも華奢な部類の憲剛に対して、
190センチ90キロ位の、もはや格闘家としても通用する体格で
当たっていくわけだから、怪我しない方がおかしい。

とは言え試合開始15分くらいの時だし、そこから我慢し続けちゃった
憲剛、そして続行を許した、又はさせたスタッフの判断ミスは痛すぎる。
どうしてもあの場面で勝たなければいけない試合でも無く、
せめてハーフタイムできちんと診ていれば…
折角掴んだ代表の座を失うことにならなければ良いが。

25日追記
スポーツ新聞を見たところによれば、下顎2ヶ所骨折しており、
6~8週間かかるらしい。足とかでは無いにせよ、しばらく
流動食しか取れないらしく、筋力、試合勘の低下はもとより、
代表戦、リーグ戦ともしばらくはムリとのこと。
やっと掴んだ代表の座、年齢を考えると次回は分からず、
ここで逃すことになれば悔やんでも悔やみきれないだろう。
とにかく一日でも早い復帰が出来るようお祈りします。
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク