サッカー移籍動向

正月休みも明け、また移籍情報が次々と入ってきている。
その中でも大きいものといえばまずは小野の名前を
上げなくてはならないだろう。

ただ実際のところは、「どの程度動けるのか」という
不安の方が大きいのではあるが。
以前フェイエからレッズに一時帰ってきていた時でさえ、
故障もあったろうが殆んど使い物にならず、
また海外へ出たあとも、レギュラーで出てはいない。

もちろん才能はもう折り紙付きであって、
あのカニばさみでの故障さえなければ、少なくとも
中村なんかより遥か高みまで登っていたかもしれない
人材とは思う。ただ例えば去年、レッズから永井を取ったはいいが、
ほとんど使い物にならなかった事の二の舞にならなければ
いいなとは思う。実際のところ、どこのポジションでどう使うかが、
いまいち見えてはこない補強にも映る。

他の選手ではまず大分にいた家長がセレッソに拾ってもらったこと。
ただこれも使いどころとしてどうなのか?
まあ2シャドウの位置が最適とは思うが、サイド、ボランチでも
行けそうなのでなんとかレギュラーに食い込んで欲しい。
というか大分でも結局レギュラー取れなかった選手なので、
早熟タイプでもう終わってる、とかでないといいけど。

あとはチーム全般でいうと、この不況のせいで、海外からの
大物移籍など全く噂も聞かないが、それぞれのチームでの
中堅、スーパーサブが意外と移籍しているのが目に付く。
金銭条件もかなり安いところまで行っているのか、J2のチームでも、
札幌やら横浜FCなど、いい補強が出来ているところも目立つ。

そう俯瞰してみて気づくのは、お金云々より、良い監督、環境といった
ところで選手が移動していることに気づく。
要は実現しているサッカー観に共感できるか、フロントはどうかとか。
グランパス、広島なんかはそれが顕著だと思う。

反面気がかりなのはまずガンバ。
いわゆるサブの選手が一気に抜けている。
播戸、山崎、寺田、松代等々。来季もACLはあり、ワールドカップもある。
そういったなかで主力が不在の場合、どうして行くのであろう。
元々西野監督自体が、そういった部分で頑固なだけに、
即戦力の補強ができないと、主力の高齢化もあり、かなり危ない一年になりかねない。
あとは新潟。これは鈴木監督を切ったことに尽きるのだろう。
主力メンバーの離脱が多すぎる。北野、千代反田、松下、ジウトン…
これではいくらリシャルデスが残ったとて無理なのでは。
降格にかなり近づいたように思う。

アルディージャ、サンガ、磐田など、ここのところ下位グループに関しては
意外と恐らく監督、フロント好みの選手が集められているようで、
逆に今年も大きく動く気のないマリノスは、一体どうなってしまうのか心配。
鹿島、レッズはまあ現線力でもイケそうなので、大きな動きが無くても
平気そうではある。まああと山田がアジアカップ予選で骨折したこともあり、
柏木には良いチャンスが巡ってきたようには思う。

まだまだこれからも、外国籍選手の獲得もあるだろうし、
目が離せない状況ではある。
ただ、ここ数年流行った、下位チームで芽を出したブラジル人を
引き抜く、という手法が通用しないので、どれだけいい選手を
連れてこられるかのの目利きが重要にはなるだろう。
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク