スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇杯

天皇杯4回戦の3戦が行われた。

仙台-川崎はなんとなく予想もしていたが、
仙台がホームのアドバンテージもあって押し切った。
来季からJ1での戦いとなるだけに、期する物もあったろう。
運動量豊富に動き回り、チャンスも多かった。
ただ実際のリーグ戦とすれば1-1の引き分けとなる。
川崎相手にここまでできればというのはあるが、
これまでJ2から昇格したチームの中で、守備的なチーム
(横浜FC、札幌など)については、守れても得点が取れず
勝ち切れない内に相手に研究され、一年で降格となるケースが多く、
どうなるか見物である。山形は今年下馬評では降格候補だったが、
スタートダッシュに成功しているので、その貯金で免れた。
そんな戦い方が出来ないと辛いだろう。
対して川崎は、相手ボールになるとかなり引いてしまい
前線からプレスに行かないため自由にボールを回されるシーンか多く、
攻撃に出て、相手のボールを奪われた時の戻りも遅く、
やはりこのメンバーを揃えているのに使い切れている感がない。
戦術云々より個人技に頼りすぎている傾向があり、
この監督でいいのかという思いはある。
結局いいところまでは行きながらすべてのタイトルを逃しており、
選手の年齢等考えても、来年無理なら下降線を辿りそう。

鹿島-ガンバについてはやはりガンバの気合は
相当なものであり、お互い助っ人ストライカーを欠くにしても、
鹿島はそれ+ダニーロの退団があり、ちょっとモチベーションに
影響があるようにも見えた。
3連覇という偉業を達成し、リーグ終了後も色々と
忙しかったというのもあるかもしれない。

清水-新潟は見ていないが清水が勝ったようだ。
それにしても鈴木監督解任は残念である。
今の所次の監督の発表はないが、
あの反町監督のあと、ここまで作り上げたチームは
どうなってしまうのであろうか。
清水は取りあえずヨンセンが完全復活するか
新助っ人ストライカーがこない限り
大きな飛躍はないだろう。

まあというか、J全体としてオイルマネーに
助っ人を狩られ続けており、全くいい状況とは言えない。
何処かエメルソンやフッキみたいなの発掘しないかな。

話は変わるが、大分はもうだめのようだ。
借金を返さないとJ1復帰はできず、多分大甘の見積でも
H14年までかかるという。
そしてやはりというか、ポポビッチ監督も解任となった。
日本を気に入ったみたいだし、大宮あたりが雇えば良いのにと思う。
選手も森重がF東に決まり、金崎は名古屋に決まったようだ。
内心鹿島に行けば、本山あたりの後継としてぴったりと
思ったのだが。名古屋だとマギヌンあたりとポジションを
競うのだろうか。まあうまく育って欲しい選手ではある。
あとはキーパー西川くんの動向が気になるところではある。
エジミウソンは神戸。

闘莉王はほぼ名古屋のようで、やはり名古屋-トヨタ、
神戸-楽天と、比較的資金力のあるところがいい選手を
集めることになるのだろうし、この不況の中では
こういう事がかなりはっきりしてくるのだと思う。
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。