J最終戦

と言うわけで今年も最終戦が終わり、順位が確定した。
今日も珍しく、浦和-鹿島、柏-川崎が見られたが、
浦和-鹿島メインで見ていた。

優勝を争うチームが両方アウェイではあったが、
埼スタの鹿島の方がより難しい状況ではあった。
又0-0で終わった前半の時点で、川崎が3-0という情報も
入ってきていたことであろう。
そして雨が強まる中、足をすべらせる選手も続出、
浦和かスタートからハイペースで来たこともあり、
一見ピンチのようにも見えたが。

まあ点を取られない限り鹿島の試合ではある。
攻め込んでいるようには見えども、解説の人間力の言うとおり、
浦和がパスで進んでくる内にDFラインはすっかり構築されており、
無理矢理その外から打っては外し、得点の匂いはせず、
相手を崩す為の手立てはほぼ見あたらずと言った感触。
所謂「持たされている」状況で、雨の中消耗も激しかったのではないか。

鹿島が一点決めたのは浦和が攻め上がった後の一発のカウンター。
自陣から内田へパス、そこからゴール前へ。
その時点でゴール前は2対2なのだが、浦和DFの内一人はボールを見てしまい。
実際は興梠、マルキ対坪井1人の状況では防ぎようもないだろう。
本来であれば内田に入った時点で浦和の選手は
全力で戻るべきシーンのはずなのだが、明らかにそう言う意識が薄い。
運ばれるボールを見ながらも足が弛んでいる選手までいる。
鹿島が最後、ロスタイムで押し込まれたシーンもあったが、
もはや総力戦と言った体で。
そう言う局面局面での一歩の差というか気合いの差というか。
また要所要所で傷んだふりをして時間を稼ぐなど、
心憎いまでの経験値の高さがあった。
もちろん浦和も最後までファイトしたと思うし、ああ言う状況のなかで
点が入っていた可能性もあったとは思うのだが、今回は
鹿島が「優勝に値する素晴らしいチーム」だったと言うことであろう。

試合決定後の興梠、小笠原のインタビューでも、
フォアザチームの発言が好印象ではあったし、
なにより小笠原は変わったなと思う。
以前の寡黙で口下手で、事によると無愛想な印象から、
チーム、メンバーを思い、又気持ちの入った受け答え。
こういった姿を見ると、代表にもう一度という感じにもなる。

いずれにせよチームの完成度、戦術の浸透、そして
メンバーのフィット具合と、それぞれのパラメーターが
一番バランス良く高いチームが順当に勝ったかなと言うこと。

但し気になるのは、やはり「点取り屋」の不在。
11位の磐田の前田、20得点がトップと言うところ。
ちょっと才能の片鱗があれば、即座に中東に買われてしまう。
不景気と言ってしまえばそれまでなのだし、それで
日本人FWの出場機会が増えたり、混戦になって見所が
これも増えたりするのだからいいとする向きもあるだろうが。
やはりそれなりにスペシャルなFWがいて切磋琢磨していくのが
今後の事を考えれば必要になってくるのではないのだろうか。

J2では結局湘南が11年ぶり?の昇格、仙台、セレッソは復帰と。
それぞれもうJ1中位弱位の戦力は出せると思うので、
中々楽しみな次年度になりそうだ。

いずれ終わってしまって、来シーズンまでまたちょっと
つまらない日々が…
まあ移籍云々で何とかつないでいこうかと思う。
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク