スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

去就

Jリーグもいよいよ大詰め。
去就に関する情報もちらほら出てきた。

近年のJについては、やはり突出した外人助っ人が
金銭的に取れなかったり、中東にかっさらわれたりで、
どうしてもフロント力、監督力、勝敗にこだわる気持ち、
みたいなものが強いチームが上位に来る傾向にある。
この3つの要素がバランス良く機能しないととたんに
下位に沈んでしまう。

今年についてもあえて名前は挙げないが、
監督で低迷したと思われるチーム、
選手の気持ち、まとまりを欠いて低迷したチーム、
またどうしても人事に疑問が残るチームとあった。

今回早くも発表されているところでは、
マリノスの木村監督。
これはそもそもなぜこの人で一年やったかという。
いろいろ他の所にお金をかけすぎて、
結局そうするしかなかったというのが真相だろうが。
又、次期監督も木村和司。
名選手が名監督たり得るかどうかは水物で。
フロント側のコメントではなるべくリスクのない形で、
伝統を継承できヒト、ということらしいが。
だったらまだ井原の方が計算できそうな気がする。
水沼の二の舞にならなければいいんだけど。

そして新潟の鈴木監督解任も分からない。
少なくとも今の順位にいられるのは監督力に
よるものが大きいはずで。
まあ獲得してくるブラジル人の質が良かったとも
言えるが、それを引き抜かれてもこれだけ
やれる監督があまり思い浮かばない。
また、移籍していった外人が、新天地で
あまり良い成績を残せていない事から見ても、
用兵にうまさが出ていると言うことではないのか。
これで来期の監督選びに失敗すれば、
今年の柏と同じ運命をたどるだろう。

逆に浦和のフィンケ監督残留については
大きな決断だったと思う。
結局監督云々ではなく、今年の低迷の原因は
高原、エジミウソンの不発、攻撃的MFの怪我、
また、個性の強い選手の不満を抑えられない体質
等々であり、全体に硬直化した中では、
もはや使えない選手、不満型の選手を切って
新しい血をいれなければ変われない時期である。
ただ、そう決めた以上は、例えば根幹選手を
全て入れ替えるぐらいのフロント力が問われるだろう。

その他上位チームでは継続が目立つ中、
ガンバ西野さんがどう動くか、がハイライトかな。
そろそろ違った方向を見せてもらいたい気がする。
ガンバ自体も中心選手の高齢化で、
これからも分からないし。


関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。