自販連

たまに思い出してみるのが自販連のランキングのページ。

知らないヒトは自動販売機かとも思うかもだが、
日本自動車販売業界連合会、の略で。
そこで色々な統計が見られるのだが、
毎月の販売台数を30位までのランキングとして
載せている。
(軽は除いているので実際はちょっと又違うが)

この時代、やはり世相、各メーカーの思惑なども見えて
おもしろいものである。

まあ言うまでもないことだが、今の一位はプリウス。
でもまあ凄いのが月間の登録車数。
3万台を越えている単一車種なんて、私が
見始めてからは一度も記憶にない。
こうした機構的にも複雑で手間の掛かる車を、
これだけの規模で生産できるのはやはりトヨタならでは。

同じハイブリッドとして紹介されることの多いホンダのインサイトは
販売数も伸び悩んでいるが、車の出来は置いておいても、
やはりそこまで生産できない、販売力のなさも関わって
来るのだと思う。ホンダは特に販売店を集約しているので、
(どこの店でもどの車種も買える)売りたい、又は売れる車種
以外ほったらかしになる形になる。
今だと売れているフィット、フリードと売りたいステップワゴン、
売りたくても作れないインサイト、といった感じだろうか。

そして象徴的なものがカローラ。
9月単月ではあるが何と15位…
これまでは何が何でもここでの1位を譲らないようにするべく、
派生車種、全く関係のない車種にも「カローラ」の名前を乗せ、
一位を死守してきたはずだが。
この順位については隔世の感がある。

また、不況でも何でも10位以内にいたクラウンも
もはや探さないと分からない位置にまで後退。
1月~6月での順位は18位である。
ただしこの順位にして、単一車種でセダンのみの
ものについては30位以内にクラウンだけと
もはや日本ではセダンは過去のものになった。

寂しいのはオデッセイの27位。
でもこれも3ナンバー(オーバー2L)低床ミニバンとしては
ただこの車種のみである。
当然効率を考えると1ボックスタイプにはかなわないし、
燃費も悪いし良いところはないのだが。
もうちょっとがんばって欲しいところ。

日産については本来ファンでいたいのだが、
今の日産については見るべき物がない。
デザインが総じて守備範囲外になってしまうのが
まず第一、そして外見はちょっとアレでも
中身は、って言える車種も少ない。

三菱についてはもうどうでも良いが、
マツダはなんとか存続して欲しい。
スバルはレガシィがあれなんでホント心配。
軽もやめちゃうし、ここも寂しいところ。

等々やはりこども店長一人勝ちかなあ、
と思う今日この頃。
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク