ナビスコ

まあサッカーの事だが。

今年は川崎とF東という、個性的で
元気の良い2チームということで
楽しみにしていた。

がまあ、F東に石川をはじめ
故障者も多く、川崎の攻撃力を
考えると難しいとは思っていた。

実際始まってみても終始とはいわないが
押される場面が多く、きわどいシーンもあり、
得点が川崎にもたらされるのは
時間の問題のような気がした。

しかし最初に点を取ったのはF東。
しかも米本と意外な選手の
意外にスペシャルな無回転w

完全に川崎側、特に川島は打ってくると
予想しておらず、それでも手には当てたものの、
無回転の場合前にはじき返すアクションでなければ
防げない場合が多く、これもそのまま
ネットに吸い込まれる形となった。

その後は一進一退、うっかりウトウトしてしまい、
目を覚ますと残り20分ほど。
何ともう1点入っていた。
それでも川崎の攻撃力を考えれば
まだ取れない点差ではない。

しかしF東もDFを3枠とも使い交代し
守ってくる。
結局攻め込みながらも
ネットは揺れず、そのまま終了。
川崎は期待されながらまたも無冠。

その後の表彰式では、準決勝に終わった選手が
かけられたメダルを外す、その他よろしくない
態度を取ったとの事でペナルティーが
かけられるかもと、後味の悪いものにしてしまった。

こう見てみると、川崎自体も、各報道、状況から、
「勝てる」と思いすぎていたのではないか。
対してF東については「何とかして勝ってやろう」
という気持ちが試合の中からも強く感じられた。

確かにあれだけがっちりゴール前を塞がれたら
難しくなるのは当然だが。
それを結局放り込んで混戦でも何でも入れば…
という戦法になってしまってはもう運頼り。

頼りといえば川崎の攻撃自体、今回は
最初からジュニ、レナト、テセを並べたところで、
城福さんの手の内に入っちゃったのかも。
そこで得点が取れればいいんだけども、
取れなかった場合のオプションが弱いのだ。
特にレナチーニョなんかベンチにして、
後半投入とするなど、前半様子見で
行った方が結果論だけどよかったぽい。

前線で取れなくても、それを囮にして
中村、谷口あたりが取っていれば、
という形も余りなかったように思う。

まあともかくとして、ここは選手、というより、
監督の力量として、今回は城福さんに
軍配が上がったということだろうか。
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク