スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本代表トーゴ戦

取りあえず相手が主力でなく、
アフリカから飛行機乗り継いで着いたばかり、
ワールドカップも逃しゴタゴタ…

そんな所へ持ってきて、いきなりいい攻撃から
ポンポン点が入ってしまっては、
もうアフリカ人なんて集中できそうもなく。

とまあそんなわけで、気持ちいいと言えばいい、
悪く言えば物足りない、そんな試合だったが。

岡崎はハットトリックとノリノリだ。
どんな状況であれ、点を取るのが仕事。
やはりこういう展開を経験していかないと、
伸びるモノも伸びないというか。
メンタルの部分での成長を促せたのでは?

森本もやはり良い。
元々ベルディで出てきたときから「持っている」
選手だったが、セリエの弱小チームに買われて
行ったときには、やはり名波や柳沢みたいな
運命に終わるかと思われた。

ただ一つ違ったのは、「まだ子供」だったこと。
そして南米から若くして渡ってくる面々のように、
下部組織からじっくり育てて貰えたこと。
なおかつそんな中で結果を残し、なんと
いまはレギュラーでワントップ!!を張るという。

いまや陰りの見えるセリエとはいえ、
DFの強さが基本のリーグ、そこで屈強な
相手に競り勝っての得点を上げているのである。
そんな期待に対し、またDFを背負って反転からのシュートという
形で結果を残してくれた。

本田については、所謂ビッグマウスであって、
シュートを外し続け、あまりチャンスにも絡めないながら、
ごっつあんゴールを2回続けてモノにするなど、
こいつも持っている選手ではある。
また、大口をたたいているながら、中田とは違い
アタッカーなので、「得点を取る」という誰にでも分かる
評価基準で評価されようとしているのが良い。
又、意外と先輩連中にもかわいがられているようだし。

という形で考えていくと、FWについては岡崎、森本は良いとして、
他が大分微妙である。玉田、大久保、前田など、
ほとんど得点の匂いがしない。
怪我で出遅れている田中達や、佐藤、はたまた石川の方が、
よっぽど取れそうではある。

中盤はW中村、長谷部、遠藤で落ち着いてしまっている。
それぞれ流動的に動けるので、変に怪我無く行ってくれれば、
それで良いような気がする。
もうちょっと守備的なボランチもほしいが、
稲本、今野がバックアップにいればOKと思う。

やはり問題はDFの4枚であって、この3試合においては
相手方の問題もあってほとんど仕事のない状態。
岩政、徳永も使ったが、どう生きるかという意味では
分からずじまい。

GKは楢崎筆頭にどの選手も一長一短で
特に問題もないように思える。

あとはレギュラーとして出ている中でも
今一立ち位置が曖昧になっているのが
玉田、大久保、松井、阿部などであろう。
やはり彼らにはまず自分のチームで、もう一度
しっかり結果を出していくことが重要だと思う。
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。