プリウス

3代目プリウスだが。

本気のトヨタがどんな仕事が出来るのか、
インサイトと比べてみるとよく分かる。

スタイリングについては、特に先代のイメージから進化させる
かたちをとる限り、世界中見てもここより進化、精練させて仕上げられる
メーカーは他にないのではないだろうか。
特に気に入っているのはフロント、リアサイドのオーバーハング部分、
空力トレンドに沿った平面を取り入れているところか。
テールランプは旧型を引きずりすぎな感もあるが、
トヨタ流の、「マイチェン用伸びしろ」だろう。

室内については、フロントウォークスルーが無いのが欠点。
先代まであっただけに、乗り換え検討のユーザーは一考部分かも。
こういう「デザイナーの為のデザイン」は必要とは思われず、
唯一汚点と思う。それ以外は得に文句なし。

そして何より価格対装備での気合いの入り方。
Lの200万というのは、もう本当に他のメーカーが完全に
太刀打ちできないレベル、である。
その装備も、エアバッグを全く省かないばかりか、
色々電装品、内装などをダウングレードする中、
上位グレードの一部がオプションの、アンダーカバーを装備し、
装備を乗せない軽量と合わせ、最高燃費を
叩き出しているのである。

オプションの盛り方はトヨタ流の小狡さが前面に出ており、
サンルーフ、LEDヘッドライト、クルーズコントロール等々、
その装備がほしければ○グレードを買うしかない、となる。
又、その価格差も、LからSへの部分ではかなり納得できるのだが、
SからGにおいては全く納得できかねる内容ではある。
ただまあ、この車を買う人のほとんどはその部分に気づかず、
また、金額気にせず「一番良いグレードをくれ」って言うヒトも多いだろうから、
良い値付けであると、逆に納得した。

雑誌など読むと、17インチ装備のツーリングエディションでないと
走りがイマイチ、などとあって、実際フロントサスの取り付け方法に
差が付けられている事もあり、走り重視の人には、
これを選ぶかどうか悩ませることになるか。

今のところ全く隙のないプリウス、自分で買うとすれば
ありがたくLを安く買わせてもらい、必要なら安いナビ、ETCを
追加する感じかと思う。
今までずっとトヨタなんて買うつもりはなかったのだが、
これなら、と思わせてしまうすごい車。

まあ先立つものもないので買いませんが。
関連記事

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク