スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011前半Jリーグ雑感

震災の影響でまだまだ試合数は少ないわけだが。

ここまで結果を見ると、まずリーグ全体として
お金が使えず、いい外人選手を買えなくなり。

それどころかまたしてもガンバはFWを中東に売っぱらった。
他のチームにちょっといいFWがいるとクレクレ君で奪い取り、
たいして活躍もさせずに売って移籍金をせしめるという、
金に意地汚い関西臭紛々たるやり方はもう我慢できない。
監督が長期政権すぎるのもアレだし。

まあ閑話休題。

というわけで選手も小粒、若手が逆に活躍しやすい環境もあり、
そしてそうなると「監督力」がクローズアップされてくる。

ここまで大躍進のレイソル。
これはJ2で戦い抜いて、ナビスコなどでJ1とも戦い、
ある程度行ける算段はあったと思うが、ここまでうまくいくのは、
監督の指導力と、コネクションを生かした良質のブラジル選手、
ということになるだろう。

負けないベガルタも、ここまで震災の負を逆にパワーと変えて、
負けない試合ができており、降格争いには巻き込まれないだろう。

「相馬フロンターレ」はもともと期待大であったが、
初期はやはりまだコンセプト浸透ができず、苦戦していた。
が、今はほんとうに見ていて楽しいチームになってきた。
山瀬もいきいきしており、やはり監督次第だと痛感。

サンフレッチェはもう監督も長く、良い選手も多く。
継続は力なりといったところ。

マリノスについては監督には何も期待できず、
選手個々の力のみに頼った状態。
うまく回れば勝つのだが、全く面白みはない。
決まりごとのようなFW交代も含め。
いまのマリノスに選手を育てたりする雰囲気はなく、
くすぶっている選手は今すぐ出たほうがいいと思う。
狩野とか。小野もこのままでは勿体無く、
どこかに出たほうがいい気がする。

ジュビロは柳下監督の手堅さと、大卒新人が
うまく組み合わさったか。

名古屋についてはやはり失速している。
ここはレギュラーが揃い、ある程度コンディションが良くないと
本来の力が出ないので。

ガンバは冒頭にも書いたが、もう見るもの無し。
監督交代を望む。

清水はかなりの入れ替えであったが、ゴトビ監督はいいと思う。
アメリカで勉強した人って感じ。

ヴィッセル、大宮についてはまあ戦力、監督力ともこんなモンか。
これ以上は選手の質を上げるしかないだろう。

セレッソはやはり選手が出すぎ。
なかなかむずかしそう。

鹿島はまだわからないけども、FWの奮起が必要。
世代交代もやはりほころびが目立ってきた。
特にいいGKとOMFはほしい。

あとの残りはまあそんなモン。
残留争いになるだろう。

そのなかで酷いのはやはりレッズ。
監督はダメすぎるが、そもそもそれを連れてきたフロント、
柱谷GMも最低。
選手を取るのはいいが、OMFに偏り過ぎ、DF,DMFとも質が悪い。
そして獲ったMFも生かせずベンチ、怪我とかw
とにかくここに入ると選手はダメに成ってしまう。
エジミウソン、リシャルデス、梅崎、柏木。
高原だって清水で生き生きしてるし。
前にも書いたが、阿部だってレッズじゃなければもっと行けたろう。
とにかくフロントの体質がかわらぬ限り、降格もあり得る。
スポンサーサイト

PCトラブル(マウス、サウンド)覚書

先日来、なぜかスリープ状態にしても、
一旦電源が切れてすぐ起動してしまう症状が出ており。

ネットで調べて電源管理などいじってみたが効果はなかった。

しかしそのどこかに、「USB接続のもので干渉がある場合がある」
というのがあったのを思い出し、マウスのプロパティを開けてみると。

あったあった、こんなトコロにも電源管理のタブが…
案の定「このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」
のボックスにチェックが入ってい、それを外すと問題なくスリープになるように。

まあ、そこにいたるまでに、スパイウエアかとも思い、スパイボットで
オフライン検索、いくつか引っかかったのはまあ良かったか。

と、又サウンドがホワイトノイズに?と思ったが、とある一ファイルだけで、
ほかは影響なく、FFDとかいじってるうちに治ってしまったり。
サウンドはこれからもまだ怪しいかもしれない。

原発事故について。

ここ数週間、明らかに当時隠蔽していたデータが、
小出しに出されて来ている。

その理由の殆どは
「解析ミス」だの「必要と思わなかった」だの。

そうしたデータから読み解くに、
もうベント前にはメルトダウンし、(ベント前に県内でテルル検出)
大量の放射能漏れを起こしていたということで。

今も避難が完了していない飯舘村などの積算放射線についても
どんどん数字が上がっているが、これもまだ「過小評価」なのだろう。

その数値にしても「空気中」のものであって、地面に降り注ぎ、
蓄積されたものは未発表。

ここが実はかなり重要で、直接触れたり吸い込んだり、水、農作物等、
累積すれば確実に危険な数値となり。

子供もそうだが、結婚適齢期の男女が浴びた場合、その子供たちは
ひどい障害が出てくる可能性は高い。

また、農作、水産物等の放射線数値には、測定方法、検査数など考えても、
かなり少なめに見積もられているのは確実で、セシウムですらまともに計っておらず、
その他諸々のモノについては計測すらしていない。

挙句の果てには、生産者、生産地域からの圧力で、公表しない、
「もう安全だ」と言って計らない、など身の毛もよだつ。

これからも地面や海水に蓄積されたものが、
(というか今も放出され続けているが)
作物などに取り込まれ、それを食べた人の体のいろいろな場所に
蓄積、濃縮されていくわけで、もはや日本は壮大な人体実験場と化したとも。

まあこうなった理由としては、まあ「責任の所在」を問われる、
または特定されるのを恐れ、なんとか誤魔化していけないか、
ということがメインと考えている。

11日からデータが次々と上がってきていても隠蔽し、
うっかり公表してしまったものは「解析ミス」、「機械の故障」とし、
御用学者達は「メルトダウンなどありえない」と解説するという。

まあ結局「パニックを防ぐ為だった」と言われればそれまでで、
アレだけ過小なデータですら物の買い占めが起こり、
影響がないところへ逃げる人までいたのだから、
正式にデータを公表していたなら、史上類を見ない
パニック状態になったのは確実。

でもそのかわり、現地の方々を中心とし、かなりの方々が
基準値を大幅に超える被爆をしてしまっているということ。

そして「少なくとも」関東以北に住む人達は、多かれ少なかれ
食物等により体内に放射性物質を蓄積していくことになる。

もう「ほとぼり」も冷め、あきらめムードも漂う中ではあるが、
これからの梅雨、夏の猛暑、台風などにより、崩壊しかけている
福島第一原電の建屋が崩壊し、更なる放射能の拡散がある
可能性が高いことだけここに記しておく。

HDについて追記

結局どうなんだろ?
前のも同じシーゲイトで、買った時から、
軽く「ゴゴゴ」って音してて、それが若干
でかい鉄製のケースに共鳴して、
人が寝静まった夜中だと結構うるさく感じていた。
交換前はかなり音が大きくもなっていたと思うし、
「ゴトッ」とか変な音もしていた。

今交換したこれは、まるで別の機械のよう?
注意して聞いてもほぼ分からず、夜中静かなときに
ほんと小さな作動音らしきものが聞こえるだけ。
ファンの音のほうが大きいが、ケースに余裕があり、
変にチューンナップもしていないから、かなり静か。

これが技術の進歩なのか?

 ▲ 

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。