スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スズキソリオ

これもがっかりだ。
なんでこんなに劣化しているのだろうか。
雰囲気としては、70年代の、変に華燭が多く、
曲線基調だった頃の車のようで。
何よりマスクもリアランプ類も、大きな車の
デザインをそのままくっつけたというか、
コンプレックス丸出しというか。

こんなの恥ずかしくて乗れないよ。

まあ得意げな顔して乗るやつも居るだろうけど。

やっぱり軽とか小型車なら、道具としての割り切りの中に、
品質感とか遊び心とかが見えてくるものじゃないとキツイ。

あと、フロントに穴の開いていない、
グリル風の安っぽいメッキ風華燭を付けているのが
増えているが、これも全く認められない。
こんなののどこが良いのだろうか。
馬鹿らしい…
だったらそれ外してその分安く売ってくれ。
スポンサーサイト

新型ヴィッツ

まあトヨタだし、品質とか、燃費性能とかに
間違いはないんだろうけどね。

少なくとも写真で見る限り、見た目が…
何というか、古くさいというか。
不景気故、パッソも売れてるし、女性向けから
ダウンサイジングの男性ユーザーも取り込みたいと。

見え見えというか、
もうフロント周りとリアからでは社格が違う感じでちぐはぐ。
ヘッドランプの上部の磨りガラス風眉毛は、ドイツ車風。
でもグリルはメッキだとスバル風。

でもリアウインドウとかピラーのないデザインで、
これじゃアイゴじゃんという感じ。

してインパネはといえば、センターメーターでかなり
デザイン的には消化されてきていた先代から、
手のひらを返したメーター位置。
あれこれ理屈を付けようが、アレは失敗だという事だ。

しかもデザインが又酷い。
フィットもいい加減酷いが、それと似た感じの酷さだ。
それとも今はこれが最先端で、私が古いだけなのか。
というかホント古くさいし機能的にも見えないし、毎日見るのが苦痛な感じだ。

なんと言っても、これをみて、例えば韓国なり中国なりのデザインを見ると、
最早あっという間に逆転されてしまうのではないかと心配してしまう。
インプレッサコンセプトとかだって、そっくりな韓国市販車出てたしねえw

カスペルスキー2011バージョンアップ

メールでのお知らせを元にバージョンアップを行った。
特に見た目変わったところはなかったが、
起動時間が結構早くなってる印象。

具体的には、いままで1分半前後だったのが、
ジャスト1分ぐらいでOKとなる。
これは結構うれしいものである。

検討している人の参考にとしては、
相変わらずウイルスパターンアップデートは頻繁にあるが、
例えばFF14をやっている最中でも殆ど気付かないくらいだし、
ネットサーフィンをしていて、結構飛べない先も出てくるが、
それが逆に安心感がある。
ウイルス検索も、回を重ねれば早くなるし、
今はフルにかけても1時間掛からないくらい。
前は悪名高いウイルスバスター2010で、こうしてみると、
なんて酷いものを使っていたんだろうって感じ。

ただし、まあ難点もあって、まず、インストールしているソフトによっては、
相性が悪い場合があるのではという事と、今回のアップデートでも、
メールによるお知らせのみ、もし気付かなければ、おそらくそのままになってしまうだろうという事。
要はホームページも貧弱だし、親切でない。結局サポートはジャストシステムの方なのだが、
それも探し出すのに一苦労といった感があって、至れり尽くせりのサポートがないと
無理な人には勧めない。何かわからない事があっても、自分で調べて解決
出来るスキルがないと、不満が出るかも。

今はどこも、一ヶ月無料お試しがあるので、価格対比など考えながら、
試してみればいいと思う。

スバルトレジア

何の事はない、トヨタラクティスのライセンス生産だが。

お互いのCMの酷さは寒気がするほどだが、
車としては中々かっこいいと思う。
リアなんかフィットそのままに見えるし、
明らかにフィット潰しの車種ではあろう。

WebCGのインプレにもあったが、手堅く作られた
白いキャンバスの様な車との由。
それこそがこのサイズの実用車の求められるものであって、
トヨタの車など死ぬまで買う気がない私でも、
スバルとして出て、数年うちにスバルなりのブラッシュアップが
かけられたなら、かなり欲しい気がする。

ただ残念なのは、スバル自身が、そうした車を作り得なかった事。
何度か試みてはいたが、いずれも形にならなかったし、
とっさに車名も思い出せないレベルだ。
しかし本来、スバル360から1000の流れにあれば、
小型の扱いやすい大衆車、というジャンルで、
フィットとタメを張るような名車が、
生まれていなければなあ、と夢想した次第。
実際の所、レックスやら初代レオーネやら、今見ても
珍車、奇車レベルであって、群馬に生まれ、
それまでスバルを愛用していた父親が、日産に
乗り換えて、「アレはもうスバルじゃない」と言って居たのを思い出す。

いずれにせよ、この不景気の中、一メーカーとして
存続させるにはしょうがない事なのだろうとは思うし、
どんどん売れてもらいたいモノだと思う。

F1

もう見なくなってから10年は経つだろうか。

とにかく全く興味が持てないが。
結局どの辺かと言えば、自分はドライバーより
マシンの多様性とか、革新的技術、レギュレーションの
穴を突いた奇天烈な装備とか、そんなところに
魅力を感じていたと思う。

最近のF1は、そう言った事を封じるために
躍起になったレギュレーションに
がんじがらめに縛られている。

13年度からは、なんとエンジンが
1600の直4だと…

いくら環境に配慮って言っても
やり過ぎだろう。

自分のマイカーより排気量やら
気筒数やら少ないエンジンて…

やはりそこに最高峰の技術とかパワーとか
見られないのはつまらない。

KSR110

もう手放して何年も経つんですが。

以前書いた記事で検索してくる人の中で、
エンジン始動出来無いっぽい人が多いみたい。

つうことで自分がしていたかけ方。
(あくまで素人の言う事ですが)

まず、空冷4ストシングルって事で、セルもなく、
キックで掛けるしかないですが、シンプルかつ丈夫なんで、
しばらく使って無くても掛からないとか壊れるとかって事はない。
バッテリーすら上がってても関係ありません。
キックしすぎたからっていても、プラグかぶるって事もないと思う。

自分の場合は買ってしばらくして使わない環境になってしまい、
乗るとしても半年に一遍、バッテリーは上がったままという状態。

という感じでは、やっぱりすぐには掛かりません。
KSRの場合、自動遠心クラッチなので、押し掛けも出来ますが難しい。
緩い坂でもあれば、ニュートラルで走り出してスピード載ったら2速とかに入れれば
良いんですが、ハンドクラッチがないんで微妙なコントロールは出来ません。
慣れない人には危険もあるので勧められず。

※検索多いので追記
KSR110はクラッチレスで、かつボトムニュートラル(Nが1速の下)なのでかなりやりづらい。
まあ、バイクを押してくれる人がいれば出来るかな?
まずはカットオフスイッチ切ったまま、とかガソリンコック開けてない、とか初歩的なミスはナシで。
チョークレバーは全開に引いたほうがいいと思います。
その状態でライダーが跨りギアニュートラル、押し役はしっかり支えつつ押します。
(危険なので公道ではやらないほうがいいと思います。)
ある程度速度が出た所で、かなり素早く2速へシフト。(1速だとギア比がきつくて無理と思う)
結局そのつなぎの部分がクラッチでコントロールできないばかりか、
1速を飛ばすこともできないため、難しくなります。

なのでキックオンリー。
まずはキックアームを軽く踏み下げていき、重くなった所で止め、
そのままキックアームを又上まで上げ。
体重掛けて一気に踏む。
その際、チョークレバーはフルに引いたまま。
アクセルは自分の場合、ほんの僅か開ける感じ。

それの繰り返しです。
しばらく踏み続ければ、「ぼぼぼ」と火が入るようになり。
回り始めてもしばらくはチョークは戻さず、回転が安定するまでは
そのままで。

又走り始めてもしばらくは、アクセルはエンジンの回転に沿うように
優しく開けないとエンストしますし、
暖まりきってないと、信号で止まったときもエンストしがち。
クラッチ操作でごまかせないのでちょっとつらいところです。

といった感じですが、一旦暖まってしまえば
特に気の使うところのないエンジンと思います。

今日のJ雑感

又してもJ2に逆戻りしたサンガだが。
なんと大木監督を獲得、しかも成績にかかわらず2年契約は続けると。
そしてキモは祖母井氏がGMに就任し、同じく2年契約となっている事。
正味本気なのであれば、スポンサーは口は出さずに金だけ出して結果を待って欲しいモノ。
実際の所、選手層がそんなに悪いとも思えないしね。

そして迷走の横浜FM。
噂ではあるが、大黒、谷口の加入が本当なら、
青山とともに中々面白い感じではある。
またラドンチッチにも手を伸ばしているという。
実現すれば、後はサイドバックをどうするかくらいの
レベルではある。

まあ実際、あれだけ選手首きって、来期も何も出来ず中位なら、
最早社長以下運営はまとめて切腹してもらいたいくらいだ。
とは言えそれには、この騒動の現況とも言える、俊輔さんが
一年通して怪我をせず、安定したパフォーマンスを発揮する事が必須かと。
あとは若手が流出しないかどうか。
どうも昔から「スカした」感じの選手が多く、熱血求心力タイプがいないので。

エスパルス大丈夫か?

別にサポでも何でもないが。

監督、ベテランの大量解雇に続き、
藤本は名古屋、そしてなんと、
枝村がまさかのガンバ入り。
青山もマリノス決まってるし、本田には
鹿島がオファー出していると言うし。

これじゃ今の時点で、殆どチームとして
形にならないんじゃない?

しかも新しい監督J初めての実績無い外人だし。
一気に降格候補入りだね。

レクサスLFA事故について。

6月にニュルで成瀬氏がお亡くなりになって早もう半年。

気になってググってみたものの、発生しばらくのニュース以外
新しい物は何もなく。

掲示板の心なき書き込みに、胸が痛んだのみであった。

それともトヨタは何か正式にリリースしたのだろうか。
まあ無いとは思う。

トヨタにすれば、あくまで内部的な出来事であり、
公表する必要もないと考えているのか。
それとも今後の販売に何かまずい事でもあったか。

そう言う面で、トヨタは車好きの一部の層から、
そっぽを向かれてしまうのであるとは思うが。

状況写真等を見た限りでは、
相手のBMWも含め、フロントタイヤから前が全てつぶれてしまっており、
おそらく80キロ前後での正面衝突と考えられる。

まあそうなれば、そんな事故で生きている方がおかしいとも言えるのだが。
乱暴に、単体で考えれば、壁に160キロで衝突したとも言えるのだし。

BMW側が生き残れたのははもう、車高の高さの差とか、そう言うレベルとも言えるが。
ただまあ、現場写真では、BMWがLFAに乗り上げたようにも見えないので。

少なくとも、LFAのフロントタイヤは、コックピットのカーボンタブ直前まで
迫っており、どうみてもエンジンがバルクヘッド前に残ってはいないように見える。
(→エンジンのコックピット内への進入)
又、電動のステアリング構造自体も、カーグラの記事で見ると、コックピット内
(バルクヘッド内側)にリジットマウントされているようなので、
これらに圧迫され、死亡事故となってしまったと考えるのが妥当。
カーボン成形技術がいくら最新技術で進歩したとは言え、
160キロで飛び込んでくるエンジンを防げなかったとしても仕方ないとは思う。

いずれにせよ、そこに至るまでの中で何があったか。
なぜ正面衝突したかは、はっきりさせてもらいたいモノである。

追記:その後幾つかの記事、紹介写真など見るに、エンジン進入とかも
無かったかもしれない。カーボンシャーシが無事、となれば、
逆に衝撃のその全てを生身の体が受ける羽目になるわけで。
体はハーネスでシートにくくりつけられていて、ヘルメットに掛かる衝撃を
首だけで支えられるはずがないという事か。
BMW側生存について言えば、重く、背の高く、そしてほぼ鉄とアルミでのシャシーが、
上手く衝撃を分散し、重傷ながら生きながらえる事が出来たというべき。
逆に当然ながら、BMWの相手がSUVなら、BMW側が…という感じ。
いずれにせよ、その位置関係からは、BMW側に罪はないと言えるし。
何が起こったのかは教えて貰えないのだろうか。

J雑感

相対的に見て、迷走してしまう感じの所って、
所謂古豪、と呼ばれるところ。
まあ、親会社からの圧力やら人事やら。
一番端的に出たのがまあベルディだと思うが。
千葉なんかも完全に瓦解。新しい監督も訳分からんし。
訳分からないと言えば清水もそうだし浦和もそう。
マリノス分裂寸前だし。

清水の凋落とグランパスの優勝については、やはり
久米一正GMの存在抜きには語れないように思う。
セレッソについても同様らしいし。

その辺あんまり表には出ないけれど、川崎、アルビ、大宮なんかは
良いと思うし、なにげに柏もその辺で復調。
ただ川崎は高畠監督に何かあるのか?相馬も悪くないけれど、
あんまり良い扱いではないような。
アルビもかなり連れてくる外国籍選手の質が高かったが、
大黒柱のマルシオいなくなってどうか。

ガンバ、鹿島、広島等は、その辺イマイチでも、下部組織が生きている印象。
磐田もそれに近いか。まあただそのパターンだと、世代交代に難ありか。

レッズについては上層部が流動的すぎて、かつ継続できないのと、
補強すべき点が見えているのかいないのかよく分からない。
清水、マリノスもそう。

来期上がってくるJ2陣について言えば、やはり例年の傾向通り、
スタートダッシュに失敗したら無いわけで、柏は良ければセレッソくらい、
悪くても今期の仙台くらいか。

甲府については、監督が三浦氏に決まったという事で、
これまたお門違いの監督選んでしまった印象。
ここまでのサッカーと全く違った監督だが。
まあ三浦氏についても、今度駄目だったらお声はかからないであろう。
そんな事言ってる内に、京都は大木さんだとw
普通に考えて逆だろう。

福岡については、今期の湘南とか位の印象しかない。
というか、札幌とか横浜FC的な感触か。

なので降格一番候補。
後は現時点では甲府が危ない気がする。
今期J1から落ちそうな候補と言えば。
まあ結局大宮、神戸あたりは無縁というわけにはいかないだろうが。
新潟、山形も危ないだろうし、仙台も監督問題で遺恨がなければいいが。

ただ心情的には、浦和、マリノス、清水、磐田あたりも
一度落ちてやり直した方が良いんじゃと思ったり。

FC東京

このチームがまさか2部落ちするなんて、
最終節までだって誰も信じていなかったろうけれど。

逆に言えば、これだけ接戦の中にあって、
最終節まで降格の可能性を残した東京と、
最終節まで残留の可能性を残せた神戸の差か。

東京の負け数は14、でも他に4チームが14敗している。
10位のレッズもそう。
分けは多く12分けだが、なんと4位アントラーズも同じ。
まあそれだけ拮抗していたという事であり。

結局前監督が理想を追求して負けもいとわなかった時期と、
選手の故障が相次ぎ、選手層も薄く、完治しないまま使って
又壊れてしまうという悪循環。
そしてリザルト的にも、徐々に落ちてはいったが、
「まだ下がいる」的な感覚で最終節まで。

毎年そういった事に慣れている大宮が、
中断期間に的確な補強&早めの監督交代を行い、
最終節を待たず自力残留を決めたのとは対照的に、
特に途中大黒以外補強もなく、代表で選手が欠け、
長友は居なくなりと、危機意識が運営にも
欠如していたように思う。

前監督についても実のところ、その前までの迷走に比べれば、
随分ましとも言える物であったのは確かで。
ただ去年、今年と補強したメンツがさほど上手く機能しなかったのは確かで、
ビジョンやスカウティングについては大いに疑問。

まあいずれにせよ、落ちてしまったのはしょうがないし、
このメンツがいかに削られず来期を戦えるか。
まあただし今期のジェフの例もあるし、確実に上がれる保証はない。
というかJ2下位チームに、ガッチリ引かれてカウンターとかされたら、
中々勝ち星も拾えないのではないだろうか。
まあ一つの見所ではある。

欲しい車2010版

まあ車好きなら誰しもやっていると思うが。

今年もtoto終了で夢が潰えたので
ここの所夢見ていたやつを挙げておく。

まずはメインとしては。
ランドローバーのレンジローバースポーツ。
やはり一台はオールラウンドな車が欲しい。
実用的な4駆でそれほど派手でなく、室内に入れば
上品なウッドとレザーの世界。
この辺はドイツがいくら頑張っても無理なようだ。
サイズ感もまあ幅があるがそれ以外はちょうど良い。
ボディ、内装カラーどちらもツボだ。
唯一エンジンがちょっと時代に合わない。
クリーンディーゼルが入ればダントツなのだが。

そしてスポーツから、
ポルシェボクスター・スパイダー。
これはなぜかスタイルにやられている。
あのリアの造形はたまらない物がある。
キャンバストップは実用ギリギリらしいが、
どうせ6億当たる前提なので関係なく。
あれのPDKなんて最高だと思う。

この2台が絶対的に欲しいレベルで。

後は浮動票的な感じで定まらない。

ここの所のワーゲンは、どれも本当に良いレベルなのだが。
逆にそれ1台で全て満たしてしまいそうで怖い。

ベンツでもEのクーペやカブリオレはいいし、
アルピナも良い感じだ。
ただ5は最早大きすぎる。
実車を見かけたが、7のようだ。
そのくせ横から離れてみれば3のよう。

イタリアンについては、アルファやアバルトもいいが。
アルファについてはデザインが気に入らず。
アバルトはアリと言えばあり。

イギリスはジャガー、ロータスなどいいのだが、
シチュエーションが限定されすぎるか。
ミニも良いが売れすぎ。

フランスを見れば。
シトロエンは常に欲しい車のあるメーカーだが。
販売網が弱すぎるのが痛い。
せっかくなんだから、プジョーと併売にすべき。
ルノースポールもかなり良いが、
殆ど売る気がないように見えて×。

あとはボルボだろうか。
70のインパネはすごく好き。

日本車については、少なくともデザインにおいて、
これは格好良すぎて欲しい、と思わせる物は…

トヨタは一見そつがないが、それだけにどうしても欲しい、
と思わせる物はない。
新しいレクサス2ボックスなど、理解に苦しむ物もあるし。

日産は波長が合わないので無い。

マツダもやり過ぎる感があり、イマイチ。

ホンダについては好きなのにロクな物が無く残念。

スバルはレガシイがあり得ないので…

その他はスズキはわるくないか。

といった感じであるが、
実際6億当たったとしても、あんまりガイシャばかりでは
世間体もあるので、国産1台買うかなあ、
なんてくだらない夢想にふけるのではある…

良くするはずのモノが悪くする

ここのところの不景気、就職難など、全く
考えられないほどの酷さであるが。

と言っても日常生活に、それほど困窮感があるわけでもなく、
目を血走らせているひとも多くないような。

例えば給料少なくても、最近は100円ショップなんてのがあり、
結構そこだけで済ませる事が出来るようになってるけど。

でもそれはまあ、ぶっちゃけ日本で作っていないという事で。
まあこれまで日本で作っていたモノを海外で作るので、
日本の労働者があぶれるというのは基本として。

それに加えて、105円と言うその中から、他国での生産、人件費、
輸送、仲買費用、そして販売に関わる人件費等々を分配するとなれば。
いくら数を売ろうが、さして儲けなど出るわけがない。

そして今、携帯やらパソコンやら。
それがない時代に比べれば、ずいぶんと便利になった。
それは逆に言えば、例えば電話番とか受付とか、
プレゼンテーションの資料作成とか、まあ枚挙にいとまがないが、
それまで数人~数十人で行われていた事が、一人で出来る事になり。
一人追い詰められ、精神を病む人が増えるのも自明の理だ。

家庭でもそうであって。
炊事、掃除に洗濯など、自分の母親の世代と比べても、
随分手間のかからないモノになっている。
とは言っても、入ってくる収入は増え続けるわけでもなく。
むしろ目減りしていく有様。
便利なはずの携帯だって、家族で持てばかなりの費用。
一家に電話一台だった頃とは比べものにならないし、
携帯出始めの頃なんか、通信費にこんなに使うようになるなど
考えもしなかったし、使う気もなかったような気がする。
そうした上で、さらにネットやらBS、CSやら。
目減りしていく収入を補うためには共働きになる。

そうなると又、正社員を目指す人の選択肢が減る。

何かホント堂々巡りであって。
まあその中でも何かしら見つけ出せる人は利益を得。
そうでない人は、溢れまくる情報のように見えて、
操作されている情報に踊らされていくしかないのかとも思う。

J終了

今年もtoto、Bigとも一度も擦りもすることなく終わった。
基本開催日につきtoto1枚、Big2枚のペースで買い、末等も当たらぬとは。
これで又来年開幕まで、ツマラヌ現実を生きていかねばならない。

それはさておき。

レッズvs神戸をテレビ視聴した。
実はそれほど期待はしていなかったが、
神戸が一点取り、裏の東京が一点取られて俄然興が乗り、
最後まで見切ってしまった。

ここ数試合、神戸が良いと聞いていたが、
確かにかなり良い。
とにかく良く動き、全体をコンパクトにまとめ、
ボールを奪えば縦に早い攻撃。
これだけ見たら、とても降格争いのチームとは思えない。

それは実際の所、やはり前の監督との相性が悪すぎた、と言えるだろう。
まあ三浦監督とて悪いわけでもないが、理論派監督の陥る罠というか、
自分の方法論に拘るあまり、上手くいかないと、選手のポジションを変えてみたり、
はたまた日替わりで選手を替えてみたりと、東京と奇しくも同じパターン。
結局最後のスタッツを確認すれば、神戸9勝11分け、東京8勝12分けと、わずか1試合分、
勝つか分けるかがその差をつけていた。

なのでここ数戦がどうこうと言うより、やはり積み重ねであり、その上のチームと比べても、
1つ2つの取りこぼしというレベルの話である。
得点王争いがわずか17得点という低レベルで終わっている事から分かるとおり、
今の戦術、戦い方では守備が優勢であり、派手に得点を取って勝つのは難しい。
となれば、ほんのわずかの差、監督、選手、フロント、サポーター等、
結束が強くなければ生き残れないという事にもなる。

ただその中でも、選手の質とか言う話は湘南を見れば明らかであり、
あれだけグダグダなマリノスが8位で終われるのは選手の質であろう。
監督を変えて良くなる、ならないというのも、そもそも良い選手がいての話で。
まあ今節に限って言えば、主力解雇など発表した所は軒並み負けているようだが。

まあ後これは単なる持論であるが。
雑誌や新聞のインタビューなどで、若い選手が先輩選手の事を
「○○くん」とか言わせて平気なチームは、やはり駄目だと思う。
それが世界に照らし合わせて、例えば試合中に敬語なんか使わないとか、
そう言う事はどうでも良いが、一般メディアに触れる部分でそうした言い方は変。

そう言う意味で言えば、今節苦労人の吉田が大活躍した神戸に比べ、
そうした位置にいるべき選手が見あたらないFC東京、とも言えるだろうか。
ガンバで良い活躍をしたルーカス、そしてセレッソを後ろから支えた茂庭など。
世代交代を焦り、若い選手しかいない脆さが見えた気がした。

ともあれ来期、神戸は残れたわけだから、楽天にはもっと気前よくお金を使ってもらい、
良い選手を呼んでJを盛り上げて欲しい。

反面FC東京は、初めてのJ2落ちに際して、どこまで今のメンツを
維持できるのかが興味大きいところ。
まだ次のワールドカップまで間もあるし、広島みたいに
みんなで落ちて上がってくるのも良いが、それでもやはり
代表への道は狭まるのは間違いなく、平山や今野あたりは、
移籍した方が良いのかもしれない。

 ▲ 

カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。