日本ワールドカップ終了

これまでが出来すぎ、そういう事も出来るだろう。
今年に入ってから直前までのテストマッチでボロボロの成績。
結果も出ていない急造のフォーメーションで挑むと知ったとき、
ここまで勝ち抜けると思った人が何人いたろうか。
俊輔が結局そこで外され、内田についても出てくることはなく。
元々守備には不安の大きかった2選手が外れたことと、
岡田監督のマリノス時代得意とした守備的戦術。
がっちりハマったと言って良い。
ただそこにはそういう守った中で点を取ってくれる選手が必要。
それが本田だった。
カメルーン戦で決めたあの一点。
あれによって快進撃が開始された。

また、後半攻めこまれ、耐えぬいた自信によって、
DFラインの良いコンビネーションが生まれたとも思う。
あの後3戦、攻め込まれるシーンも多々有ったが、
守備陣の奮戦、特にいきなり抜擢されて獅子奮迅の戦いを見せた
川島は、MVPに値する活躍であり、世代交代を印象づけた。

憲剛は個人的に好きな選手で、やれると思っていただけに、
出番が最後回って来たのはホント良かった。
と思う反面、結構出来ていたけど息が合わないシーンもあり、
もっと使って欲しかったと思う。

で、パラグアイ戦。
冷静に分析すれば、幾つかあったシーンで点が取れた、
又は取られた可能性はあった。
それがお互いのDF、GKの好プレーで阻まれ続けるうち、
ああこれはPKまで行っちゃうなとは感じていた。
交代についても、あそこで森本でなく使えない玉田を入れる辺り、
PKキッカーも踏まえてのことと感じた。

けっきょくPK。
ここまで来ても、川島のこれまでの活躍を見れば、
「一つくらい止めるのではないか」と思い、
ただ相手も伝統のパラグアイのキーパー。
これも止められる可能性はある。
勝敗は、どちらかの選手が外さないと決まらないと思ったのが
果たして悪い方の現実となった。

駒野、そもそも内田の代わりとして岡田監督が
想定したのは今野。それが又故障して選ばれた選手。
しかし快進撃を続ける中、結局4試合スタメンを変えず
ここまで来た。

話はそれるが、急造のフォーメーション、それがうまく機能したときに、
コンビネーションを向上させるには変えなかったのはよかったと
思われるが、逆に変えてこなかったのは残念と思う。
デンマーク戦で形を変えてきたが人は変えず、機能しなかった。
そんな伏線もあったとは思うが…

あえて特に人も来ないブログだから書くが、
PK3人目駒野が来たとき、「何で」と思った。
ここまで来れたのも、彼の力もあるわけだけど、
試合中サイドを駆け上がってのクロス、あさっての方向に
ドンぶかし続けたのも彼。
今回のレギュラーの中で、1、2を争うヘタさ具合だったと思う。
それをこのシーンで使ってこなくたって、玉田なり憲剛なり、
岡崎だって闘莉王だって行けたような気がする。
でも彼を使い、彼は外してしまった。
いくら「よくやった」「お前は悪くない」なんて外野が言ったって、
本人の記憶として、また「2010年代表の軌跡」としての記録として、
永遠に残り、語り継がれてしまうものとなってしまった。
恐らく次回リベンジする機会は本人には回ってこないのだろう。
今回活躍した選手には海外からオファーも舞い込んでいるようだが、
こうして終止符を打たされることになった駒野にとっては、
何と残酷な運命であろうか。
そして朝のワイドショーで、駒野の母親にインタビューした
常識はずれがいるという。いやはやなんとも。

とはいえとはいえ、これからはまた、お互い所属クラブへ戻り、
切磋琢磨していく日々が始まる。
結果を出せた選手、出せなかった選手、それぞれの思いで、
これからを過ごして欲しいと思う。

後今回、特に攻撃陣に関して、海外でプレーする、
又は海外経験のあることが、如何に重要かということも
改めて再認識する結果となった。
これを機にオファーのある選手はどんどん行って欲しいし、
そこで活躍して、また日本で頑張る選手にも
目が向くようになってほしい。

日本代表

結局のところ、誰しも予想だにしなかった好成績で
予選を突破してしまった。

それは当然このくらいでないと突破できないわけだが。

ぶっちゃけた話、対戦順とか、純粋な対戦相手の強さ、
まとまり、コンディション等々、見劣りというか
予想以下ではあったかなと思う。

でもそれは逆に言えば、日本の方はいいわけで。
これだけまとまり、又コンディションも良いように見え、
不評のジャブラニでFK一試合2発決めて見せ、
怪我人らしい怪我人も出ず。
(あーそれについてはいつも痛い痛い言う選手外したからかw)

一時、岡田監督は、勝つためにいろいろな分野、
オカルトチックな方面まで勉強したという。
アフリカは今だに呪術とかありそうだが、
そんな事まで想起してしまうほど良い。

まあ真面目に言えばテストマッチでボロボロに負けたまま突入し、
しかも機能したようには見えなかった現布陣で
カメルーン戦に突入し、そこで一勝出来たことが転機、
と、解説の方も言っていたが、まさにその通りと思う。

あれがもう、あの負け連続等も含め、前々から
用意されたシナリオとかだったら、日本、岡田監督は
むちゃくちゃすごいと思うが、恐らくはそうではないだろう。
あの状態でもう吹っ切れ、その時点でコンディションのいい選手、
使えると直感で判断した選手で組んだと思う。
それが実際使えてしまったわけだから、監督冥利につきるのではないか。

GKにしても、楢崎は怪我明けであるし、川島の様子を見れば
採用もわかるが、もし彼が原因で敗戦するようなことがあれば
今後の代表キーパーの道が絶たれ、自信も喪失してしまう
可能性もあった。
しかし驚くほどの好反応。他の選手もそうだが、
やはりJでジャブラニを使っているのも大きいのか。

CB2人については変わらず中澤、闘莉王。
これも、中澤についてはちと冷めた感じがいつもあったが、
年齢も重ね、恐らく川口という後ろ盾?もあり、
安定していると思う。彼にしてみれば、ドイツでボロボロになり、
一旦代表を引退表明した選手。
戻って本当によかったのではないか。

闘莉王は例のオウンゴール2つで大分大人しくなったというか、
あの辺りから又気合が入り直って、DFとしての自分に
戻ったような気がする。

そうして安定しているDFの要因として、
阿部の存在は大きいと思う。
何しろ彼の本職はあそこであり、決してCBのサブではない。
レッズでもそうして去年まで使われており、
それが彼のキャリアを潰していた、と思う。
しかしここに来て、所属チームでもボランチを任され、
代表でもサブの一人だった筈なのにレギュラー。
分からないものであるが、元々闘莉王とは去年まで
チームメイト。暴れる彼のサポートも堂に入ったもの。
生き生き仕事をしている感じだ。

そして長友の覚醒。恐らくアフリカの水が合うのではないかw
この大会の密かな注目株となっていると思う。
4-3-3や4-2-3-1等で、サイドに攻撃のキーマンが
居ることが多いトレンドの中、その選手を抑えきっているのだから。

逆の駒野は如何にもベテラン。
目立たず、バランスを崩さず。
でも密かに狙っているのが彼らしい。
でも彼も、内田の不調に始まり、紺野の故障がなければ
ベンチだったろうから分からないものだ。

長谷部、遠藤についてはやはり、ここに阿部が入って
かなり楽になったというか。
ただ守備の負担は減ったかもだが、ふたりとも献身的によく動く。
特に遠藤はスタッツ見てもかなり走っている。
テストマッチから見て明らかにコンディションもいいが、
やはりどう考えてもこのチームに司令塔は2人いらず。
そのせいもあってのこの運動量と思うが、
遠藤には良い効果だってようだ。
長谷部はもうすこし攻撃に顔を出しても欲しいが、
現状ではあれがベストか。

そして前線3人。
これは消去法としてこうなったとしか思えないが、
見事にはまっていると思う。
大体大久保なんて、ただのカード集め野郎になるかと思ってた。
まあゴールこそ無いが、それ言ったらルーニーもない。
(比べるとこ違うかw)

そして松井右なんて、左ですら出てなかったのに
見事にはまっている。ただ岡田監督言うところの
「戦える選手」ということで言えば、日常的に
フランスで揉まれているせいもあって全く相手に
物怖じするところはない。

左右どちらも相手にとって嫌な選手であろうし、
ただ何しろそれが、俊輔や玉田なり、今まで重用してきた
選手を切っての結果がこうなのだから何とも。
オランダ戦だけその例の二人を交代で出したが、
明らかに酷く、出られない理由も改めてはっきりしたと思う。

そしてなにより本田。
彼は今「持っている」時期なのだと思う。
岡田監督は、彼の技量とかコンディションとか、そんな事ではなく
その「持っている運」に賭けた、と思う。
俯瞰で見れば、随所にいい面も見せるが、それ程
テクニカルではない。でも運動量に欠けると言われた彼が
ヘトヘトになるまで走りきり、その持っているものまで
全て発揮して結果を出した。
よく「中田の再来」なんて言われるが、
それ以上になれる資質はあると思う。
何しろ中田については、あの性格でどう考えても、
ドイツ戦の敗戦の理由のひとつになってたから。
本田はビッグマウスであるが、実は何か
日本人的奥ゆかしさを持っているように見える。
まあ中田を見て、反面教師としているのかもしれないが。
試合後のインタビューでも、目の動きから分かるように、
かなり考えて発言しているように思う。
どこかのいつも涙目の坊ちゃんとは違う。

等々、色々あるが、控えで出ていない選手、
憲剛は出してやって欲しい。
使いどころはあると思うし、年齢的にも。
内田は結局実はオーバートレーニング?
全く出てこない。彼は元々守備の出来ない選手。
それが出さない理由だったら、これまで使い続けたのは
なんだったかと思うが。なんだか市川とか思い出す。
森本はもうホント、今後最後困ったら出すかなってくらいだろうが。
出て取れたらすごいだろうな。
彼はそのくらい持っているだろう。

さて、次回の一戦。
冷静に考えてちょっとは行けそうな気がするも、
相性として南米チームは今のフォーメーションに合うのか。
ヨーロッパ相手には十分効果的ではあったが。
これからは相手も研究してくるだろうし、どう出るか。

まあ難しいのは、だからと言って日韓の時のトルコ戦みたいに
奇策に出て失敗したら、というところではある。
大量得点もなさそうだし、耐えてホンのちょっとのチャンスに
日本が、いや本田が決められるかが勝敗を分けるか。
何か彼ばかりに期待するのもとは思わないでもないが、
何処の国でもエースってそんなものだよね。
1点取ったらもう取れない選手と、2点、3点と伸びる選手。
伸びる方に賭けたいと思う。

日本vsデンマーク戦

何だろう。
これまでのデーターとか、何やらとか、
そんな所から想像出来る限界を超えている。
テレビで「ネッシー以上」なんて武田あたりが言っていたがw

それもいい方向に。

職場で話をしても、まあ勝てないだろう、
何とか引き分けられるかなと言ったところがせいぜい。

それが、本田のスーパーな無回転FKに始まり、
余韻も抜けぬ時間に、今度は遠藤が綺麗な弧を描いてみせた。

意外とこうなると慌てているのはデンマークの方で。
トマソンは一番危険な存在だったが、往年の切れはなかったのが
幸いしたと言えるだろう。

が、PKを取られる。
ちょっと微妙な判定だったが、総じてアバウトな審判に、
実は救われている部分もあった。

川島はよく反応したが、こぼれ球を決められる。
決められた後の猛烈な悔しがり様は、
今後の彼にはいい成長要素となりそうだ。

が、その後も嵩にかかって攻められることもなく。
何かカメルーン戦の最後の15分みたいな感じもなく、
流れから1点取ってみせた。

まさに「終わってみれば」3-1!
もう、評論家含め、誰もが予想しえなかった結果。
まあFKなんて、入るかどうか分からないもので。

遠藤のインタビュー、アナが、
「狙い通りですか」の問に、
「入ったんだからまあ狙い通りです」という答えが
何とも遠藤らしいが、まさにその通り。

本田にしても、「入るときは入る」というスタンス。

もちろん膨大な練習量の上でのヒトコトではあるだろうが。

何とか起きてリアルタイムで見られたが、
実にいいものを見せてもらった。

朝からの仕事へ向かう道、眠くてふらふらだったが、
空を見上げると薄い雲にブラシを掛けたような、
草原を風が吹き抜けているような不思議な雲が出ていた。

日本vsオランダ戦など

昨日は仕事でビデオ観戦となった。
予想としては結構派手に負けそうとは思っていたが、
何となく希望もあった。

ただスタメンが同じだったのにはちょっとびっくり。
同じ手は2度も通用しないと思ったが。

オランダについては、ちょっとセーブ気味と言うか。
親善試合の件もあり、取りあえず日本をプレスに来させて
疲労させ、後半点取ればいいやという感じ。
無理をせずバックラインから組み立てる姿が目立つ。

まあ日本も序盤こそ追う姿勢は見せたがさほどでも無く。

で、あの得点の後もオランダは試合をコントロールして
それ程派手に動かず、また川島の好セーブもあり助かった感じ。

にしてもあの交代選手、中村、玉田、岡崎が出てしまった時の
「何もできない感」は何だろう。

中村はもう衰えしか見えず、可哀想な感じ。
玉田はほんと彼専用のスペシャル布陣でも組まなければ生きないだろう。
岡崎は途中投入では無理。最初から入って100個のチャンスが有って
やっと2~3個決められる選手。

何か本当に「スポンサー絡み」で使わざるを得ないのかと
思わされるくらいである。

そしてカメルーンvsデンマーク。
1点ずつ取ったまま終わってくれればよかったが、
カメルーンはやはり日本でも勝てるレベルのチームであった。
個人技を活かしてシュートまで行くものの、
例えばこぼれ球に詰めるとか、そういう意識が
全く無いし、DFは割とザルだった。

デンマークについては、攻撃陣では基本ベントナーさえ
抑えればなんとかなる感じ。

DFも強いが速い動きには遅れる傾向アリ。
真正面からさえ行かなければ崩せそう。

まあお互いのデータはこの2戦で取れるはずで、
その分析力、対応力、戦術、スタメンの変更等、
監督、コーチ陣の力が試される一戦となると思う。

岡田ジャパン

カメルーン戦、まさかの勝利で大分盛り上がってますが。

他の国の対戦を見ても、やはり相手を研究し、
がっちり守ってってチームも多い、初戦だけに。

で、アフリカと言う慣れない環境、高地での試合、
不評のボール、等々の要素もあり、無得点引き分けや、
まさかのキーパーファンブルとかオウンゴールとか。

そんな試合になると、もはやテクニックや戦術ではなく、
フィジカルですら無い、気力の総量の多いチームが
勝ってる確率が多い気がする。

カメルーン戦については、やはりカメルーンは相当悪い状態
の様に見えた。でもそれを分析し、的確におさえ、
最後はかなり押し込まれるも、バーにも助けられたりして
勝ちをもぎ取っている。

正直あのフォーメーションでこられたとき、
まさか勝つとは思わなかったが、それはカメルーンも同じではないか。
当然今までの分析も使えないわけで、内容の悪かった
練習試合のみがあっただけ。

まさかとは思うが、そういう事も織り込み済みで、
実は非公開練習で作りこんでいたらすごいとは思うけど。
実際、批判されながらもJで2年連覇した時の
マリノス時代を思い出させたし。

ただいずれにせよ、運の部分は大きくて、
ゴールに入るか入らないかは紙一重。
昨日のスペインvsスイス戦だって、
スペインはあれだけ綺麗に崩しながら結局入らず。
スイスは、耐えて耐えてほんの数回のチャンスに
もう気力と根性でねじ込んだ感じ。
あのシーンにしろ、ファールを受けても仕方がない
感じだったが流されたし。
そう言えばあの試合、審判も微妙だった気はするが。

そういう運の部分も味方にして、
得点をもぎ取った本田ってのは本当に持っているとは思う。
テレビでも誰か言っていたが、本田っていうと
遠目からズドン、みたいな豪快なイメージもあるけど、
ポジショニングで得点するゴール、って言う形も多くて。
そういうパターンも持っている選手。
それがあのシーン、あのタイミングででるというのは
もはや奇跡な気がする。

一所懸命頑張ると神様はご褒美をくれる、
なんて口にだすこともある本田。
本当にそんな事があるんだ、って
日本国民が信じられるように思わせられたら
もう一歩日本も変わりそうなぐらいだ。

まあ岡田監督にしてもそうだが。
これで、日本サッカー界における記録、記憶として
海外での初勝利、と残ることになった。
たとえこの先2連敗して戻ってきてもだ。

とは言え今は、この奇跡があと数回起こることを
期待して待つとしよう。

日本対イングランド戦

客観的に見れば、最終調整のイングランド、
明らかにコンディションの上がらない選手もいたり、
テスト的な選手もいた。
雨という嫌なコンディションの中、
日本は善戦したように見えたが。

以前の対オランダ戦とかの例もあるが、
そもそも日本代表はポゼッション指向なだけに、
相手にガッツリ引かれるアジア相手より、
こうしたヨーロッパやアフリカのチームとの方が、
「一見」いい試合をすることが良くあり、
これもそう見ていいと思う。

そもそも相手からすれば、日本がしゃかりきになって
攻めてくるのもわかっていて、まあ最悪
一点くらい取られてしまう可能性もあると。
でもあのプレスは当然持たないから、
後半にちょっとエンジンふかせば楽勝、
と言う感じではないのだろうか。
実際オウンゴールとは言え、あれはサイドを完全に崩され、
スピードに劣る2人のCBが揃って犯したミス。
コレが本気のオランダ、いやベルギーなら、
普通にゴールされているだろう。

相変わらずの岡崎ワントップは得点の匂いもしないが、
もう岡田の中では彼はDFなのだろう。
いつも言う、「先制されると苦しくなる」これがキーワード。
つまり点なんてどうでもよくて、とにかく走りまわって
ボールの出所をチェックしろと。
で、何とか後半相手の足が止まったところでFKでも貰い、
俊輔のFKで1点とかそんなプランに見える。
だって後半投入出来るメンツも「得点」として考えても、
森本か玉田辺りしかいないしね。

ただ問題は、俊輔のFK能力は、もうさほどでもないし
遠藤にしても同じ。本田は発展途上。
それでも何とか点の取れそうなコーナーは、
手の内の一つをイングランド戦で見せちゃったしねw

そしてコートジボワールでは、またスタメンやら
フォーメーションとかイジッてくる気配がチラホラ。
この上何が試したいのか理解に苦しむが。
自分であればせいぜい本田を下げて憲剛入れて、
SBに駒野テストするとか、アンカー稲本入れてみるとか。
松井を先発から使うとか森本はどうかとかそんな感じで。

まあそもそも先回の4-1-2-3も、守備時に4-1-4-1に引いてるわけで、
結局は中盤の三角を正三角形にするか逆三角形にするかの違い。
ただ要はウイングが守備時にきちんと戻れるか否かで。
本田は明らかにその辺のタスクがこなせておらず、
オシムのインタビューでも名前が出てこない結果となった。
清水の4-3-3とか見るとわかるが、敵サイドバックがボールを
持ち上がると、岡崎とか最終ラインまで並走して戻ったりしてる。
そんな感じにまで守れないと、今のウイングはダメ。
大久保が目立ったのも、それを忠実にこなしていたからで、
長谷部、阿部あたりが良かったのも、とにかく動いて
パスコース潰したりスペースを埋めたり出来たから。
俊輔もコンディションが完璧なら、うまくなくても
懸命に守備に走っているし。

んなわけでなんというか。
イングランド戦でもパスが綺麗につながったけど、
ゴールに結びついていないし、こいつなら取れる、
って匂いは森本くらいしかない。
石川とか前田とか佐藤とか。
あと今柳沢も絶好調である。
むしろ今の岡崎の役割なら、ヤナギのほうが上手いと思う。

あとオシムのインタビューにもあったが、
高原は一体何なんだろうと思う。
ドイツでそれなりに結果出して帰ってきたはいいが
この体たらく。
レッズが合わないのだったら他に行けばいいのに
動かない。恐らくサラリーの問題で。
情けない感じではある。
男ならもう一花咲かせる気合で頑張って欲しかったが、
結局このワールドカップ前にもそれらしいアピールはなく。

色々懸命に盛りあげようとしているが、
コレでは無理だと思う。
ただまあ、本当のファンは強豪国同士の
対戦カードは楽しみではあると思うが。
(まあそれもCLに比べれば…)

オシム

J'sGOALニュース、日本対イングランドインタビューを
引用させて頂きました。
個人的な覚書として。

2次使用、リンク等ご遠慮下さい。

>>続きを読む

 ▲ 

カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク