スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代表ご提案。

という訳で素人の提案なんです。
どうせ何も関係ないしね。

まず、今のワントップにMF5人でやるについて、
岡崎にはワントップ無理です。
岡田もとらせようと思っていない。
取りあえず前半前から追わせて0-0、相手が疲れて
スペースが出来たところに、って算段の様に思うが。

そうなるとぱっと入って点の取れるスーパーサブが欲しいところだが、
佐藤、田中達、石川、香川全部落としやがったあのメガネフグ…

なので先発ワントップは森本しかいない。
元々あのセリエで屈強な相手DFにもまれてるんです。
かなり適材です。
但し、前からの追い廻しなんかさせない。
常に相手DFラインとの駆け引きです。

そうなるとMF以後には、スタミナがあって縦に持ち込める、
或いは高精度のロングフィードがある選手。
もちろん「ハエのようにw」相手を追い廻し、プレスかけられる選手が必要。

DMFはまず稲本。アンカー的にどっしり構えてもらいます。
そしてチームメイト、憲剛ちゃんw この位置で自チームの様に
ゲームを作ってもらいましょう。

OMFは右に長谷部。右SB内田をうまく使ったり、自らも縦に持ち込んでいける選手。
真ん中はここはコンディションが戻ればで遠藤。FK、PKにも使えますし、
キラーパスw も出せそうです。まれに打ちますし。
左はどうだろう。意外と玉田がいいかもしれません。松井と
長友も良いようなのでそっちも有りかも。

でDF、サイドはもう名前出しましたのでCB。
中澤はここに来て大分悪いようなのでどうでしょう。
闘莉王も怪我のようですし。
まあコンディションが戻ればこの二人。
サブは阿部入れてましたけど絶対ない。
ここは今野だと思います。
闘莉王、今野なんかそれなりにいい組み合わせかと。

GK楢崎はひょうひょうとしてる分、止めるか止めないかが
いまいちワカラナイ。今回は外れまくり。
好調なら川口…てのはないか。

つうわけでこんな感じ。
これなら前半0-0でもイケそう。
んでもって相手がつかれてきたところで
本田△投入するとか、
スペースが出来たところで俊輔入れて
フィジカルの弱さを活かしてゴール前で倒されFKを貰うとか。
岡崎だって後半なら何とか体投げ出してヘッドでゴール出来そう。

ナカナカ楽しげになってきたね。
スポンサーサイト

日韓戦

昨夜の日韓戦は2-0で負け。

でも何と言うかいつものパターンと言うか。
ベストなメンバー組めないどころか、ずっと指摘され続けた
DFラインのバックアップがいない所に、闘莉王、内田の故障。
一点目はそこを崩された結果だし。

明らかに俊輔は低調。
ボールキープが出来ず、パスの質も悪ければいらない選手。
岡崎もリーグで調子は上がってないし、そもそもワントップはムリな選手で、
DF頑張るのはいいけど得点の匂いゼロ。
本田については動きのなさだけが目立った。
オフザボールの場面でタラタラ歩いて、味方が必死にボールキープしてても
フォローに行かず、シュートのこぼれ球を狙う気概も無し。
全く機能していなかったといっていいだろう。
大久保は前からいらない選手と思っているが、やっぱりという感じ。
動きはあっても質がない選手。レッド退場の危険もあるし。
今野、阿部は責められないが、出来は悪い。
等々、他の選手も頑張ってはいたが。

最終的に何が問題かといえばもう監督。
今の4-2-3-1ではとうてい立ちいかず、メンバーの選択も結局
選手のコンディションや出来でなく、遠い過去の実績で選んでるし、
的確なバックアップメンバーや、流れを変えるサブ(フィット含め)もいない。
あの程度のプレスで簡単にボールを失い、攻め手も見つけられず
自陣でパス回ししているしか出来ないのではムリ。
又、交代についても、キーマン3人が揃って出来が悪く、ベンチに戻り、という
形ではその後の評価も出来ないし。
あの場面で例えば石川や田中達がいれば、と思うし、
岡崎でなく前田を使い続けてフィットさせていれば、とか
DFにしたってどう考えても本職のCBがいなければ無理だし。
ハエのように、と言う喩えが虚しく聞こえたが、
今回を見ると、ただの「頭の悪いハエ」がボールの周りを
ブンブン飛んでいるだけのようだ。
全く何か監督の強い意志が感じられす、
挙句の果てにここまで来て進退伺い。
信じられない。

でもこのまま行くしか無いんだよね。
ドイツの時だって期待はできなかったって言うのに、
今回はそれよりもっとダメだ。
まあそうは言ってもサッカーは水物だから、
見るは見るだろうけど。
もう日本以外の好カードの観戦の方にしか
興味がわかない。

SBK

この間深夜何となくケーブルつけたらやっていたが。

もう寝ようと思っていたのだが、いい感じの
デッドヒートに最後まで見てしまった。(第1ヒートだけだけど)

というか何とBMWがその時トップ走ってて。
その後にホンダ、アプリリア、ドカ、ヤマハと。
5メーカーが入り乱れる形。

やっぱり2~3社のメーカー、ある特定のライダーが
予定調和的に独走するより、こういった方が面白い。

その時はスズキが調子悪かったのと、何とドカに乗っている
芳賀の調子が悪そうなのは気になったが。
後ろがほぼカワサキなのはご愛嬌。

BMWがそういうバイク出してるのは知ってたけど
まさかそこまで来てるとは。
結局最後は失速しちゃったけどね。

とにかく面白い。
今度も見れたら見よう。

代表選出

GK
楢崎正剛(名古屋グランパス)
川島永嗣(川崎フロンターレ)
川口能活(ジュビロ磐田)

DF
中澤佑二(横浜F・マリノス)
田中マルクス闘莉王(名古屋グランパス)
今野泰幸(FC東京)
岩政大樹(鹿島アントラーズ)
駒野友一(ジュビロ磐田)
長友佑都(FC東京)
内田篤人(鹿島アントラーズ)

MF
中村俊輔(横浜F・マリノス)
遠藤保仁(ガンバ大阪)
中村憲剛(川崎フロンターレ)
稲本潤一(川崎フロンターレ)
阿部勇樹(浦和レッズ)
長谷部誠(ボルフスブルク/ドイツ)
本田圭佑(CSKAモスクワ/ロシア)
松井大輔(グルノーブル/フランス)

FW
岡崎慎司(清水エスパルス)
玉田圭司(名古屋グランパス)
大久保嘉人(ヴィッセル神戸)
矢野貴章(アルビレックス新潟)
森本貴幸(カターニア/イタリア)

取りあえず覚書的に。

でもコレで誰も壊れてないとして
フォーメーションも例の4-2-3-1とすればスタメンは、
GK 楢崎
DF 内田・闘莉王・中澤・長友
MF 遠藤・長谷部
中村俊・本田・松井
FW 岡崎

と言った感じで。

マスコミは俊輔と本田のライバル関係みたいなところを
面白おかしく作り上げたいからか、「どちらかひとり」
的な書き方をしているが、結局本田を中央で使うとすれば、右は俊輔。

もし右、と言うことになれば、先発俊輔で、交代で本田。
でもそうなると、真ん中に大久保とか玉田とか、さらに悲惨なことになるので、
やめてほしいものである。真ん中を憲剛ってのはありとはおもうが、
岡田がやってくるようには思えないし。

ただこのフォーメーション、と言うかワントップで、
少なくともこの組で得点が取れるとは思えず、
2トップ、岡崎、森本のコンビが熟成すれば、
多少の可能性があると思う。
でもそうなると中盤が4人、さらに難しい、ように見えるけど。
ホントはボランチに稲本、遠藤。
前に長谷部と本田、辺りでコンビネーション作った方が良いと思うが。

まあ中々難しい。
3バック、と言う選択もあり、だが、
中澤、闘莉王+岩政か阿部辺りで組むとして、
サイドバックの2人をそのまま前に上げると
MFは3人しか選べないし、(3-5-2の場合)
3-4-3で、といってもそれで守備できるのか、
結局ウイングが押し込まれて…とかとか。

まあもう時間も無いので。
4-4-2で普通に熟成してくれば良かったのにね、
と言っても後の祭りではあるよね。

何となくJで3トップもはやってるけれど、
あれはヨンセンとかケネディとかがいればの話で、
しかもJだから通用してるだけだからねえ。

ワールドカップメンバー発表

という訳で発表されました。
まあ想定する限り岡田そのまま。
ツイッターでRTさせてもらった言葉、
「これなら1年前に発表でも良かったんじゃね」
っていうのがしっくり。

自分的にいらない、疑問な選手は
(ファンの方にはごめんなさい)
大久保、玉田、矢野、松井、川口。

入らなくて残念なのは、
石川、田中達、佐藤寿あたり。
また、ちょっと遅かったかなあ、ってのは
小野、都倉、柏木、、香川、乾、家長のセレッソトリオとか。
もうちょっと安定してれば、ってのは
渡邊、山瀬、前田その他大勢。

どうしても前目の人になるね。
後ろの人も、選ばれた人たちよりスキルの高い人もいるかとは思うけど。

いらないとした人たちの使えなさ加減に比べれば
まともだから。

結局怪我しない限り外さず、
怪我してても、パフォーマンス落ちてても選ばれるのに。

ココまであれだけ大勢を呼びまくって、
変に期待させ、壊し変調させクラブに迷惑をかけ、
ファンやサポーターを一喜一憂、失望させ、
あげくがこの体たらくなんだから。

この責任は、協会、そして代表監督の岡田に、
絶対にとってもらう。

4強に入れなかったら切腹するくらいのつもりで
やってもらわなければ困る。
もう浮かれている場合ではないのだ。

J雑記

浦和対マリノス見た。
全体に、浦和のつなぐサッカーが形になってきて、
綺麗に崩して得点出来ている。
ただまあそこにはまだまだ全員が同じ意識で、
と言うわけにも行かず、やはり細貝とか下げるとムリなんかな。
結局最後の何とかもう一点と言う場面では、
あー闘莉王いればなあ、なんて思うしw
マリノスの方も、メンバーとかフォーメーションとか
変えすぎるから、出来がいいんだかなんだかわからない。

清水が、小野が抜けたタイミングであっさり負けたりとか。

今年はさらに監督力が重要と思うが、
FC東京はどうなの?城福言ってることはすごいけど、
結果が出てないし、面白くも無いんだけど。
サンフレッチェ広島は、ACL入って逆に良かったか。
キツイ状況が、昇格2年目の中だるみを消した感じ。
新潟黒崎もどうかとおもったが、どうにかなるか。
京都はちとやばい。そろそろ潮時か。

覚え書き 花粉症

2010は5月7日、薬終了。

TZR

初期型TZR250に乗っていたのは、中型免許を取った21歳から25歳まで。
就職し、まだ結婚前で気楽な時代。

色はブルー。所謂ゴロワーズカラー。
GPでクリスチャン・サロンが駆っていたマシンの色。

たしか2年分割で。
TZR開発ライダーだった人が開いたYSPが職場の近くだったので
そこで買った。

元々原付時代もガンマに乗っていて、回して走る癖がついていて、
すごい乗りやすいバイクだったせいもあって、今考えれば
ムチャクチャ飛ばしていた。

会社の寮がある横浜緑区から大井町まで。
メインのR246で約30キロちょっと。

朝は朝で渋滞する車をちょっと言えない速度ですり抜け、
帰りは遅くなって空いた道を30分切るペースで。
信号に引っかかるまでアクセルは緩めないような
走り方であった。

軽量ボディに45馬力の2st。
少なくとも750ccクラスまでは負けないなんて言う
馬鹿な自信はあった。

休日は暇があれば、学生時代から通っていた
規制が入る前の奥多摩有料へ。
とは言え、峠は無茶してコケたらアウトなので
そこそこのところ。
後ろにライダーがつくと、前に行かせて
ついていくのがパターン。

まあそのせいで、目の前でクラッシュされたこと数回…

その後運良く某バイク雑誌編集部に転職が決まり。
速い人ばかりだった。

一度夏、部内で伊豆のペンションに行ったのだが、
東名とかも、もう言えない速度でw
普段はコーナーとも思わないコーナーで、
継ぎ目を踏む度フレームがヨレる、という
貴重な経験をした。
また、営業の某君がついてこれなくて、
この時初めて、「スピード自体が怖い」人がいるのを知った。

貴重な経験といえば、まずはここでしか経験出来ない
「ジェットコースター」がある。
元GPライダーの編集長のタンデムに乗り、
峠をこれまた言えない速度で走りまわると言う。
ほんと、「ええっ」って言うスピード、角度。
コーナーでは2人乗りの荷重がかかるので、
ふつう絶対つかないマフラーとか摩りながら走り抜ける。
ちなみに「体重移動はうまい」ってホメられたw
こっちは必死なんだけどね。

で、帰りのこと。
これまた国内のレースにスペ忠から出ていた編集部員の後につき
峠を下った時のこと。
これはライダースハイってもんだろうか。
もう全然余裕でついていけるし、どれだけ倒しこんでも
コケる気がしないと言う。

でも途中でペース落とされて、後で聞くと、
「何か危なっかしいからペース落とした」とwww

でもこの人もオカシくて、
仕事が朝帰りになったとき、バイクで送ってやると
人を後ろに乗せ、フルスロットルw

246の二子玉らへんの高架で、ギャップで跳ねて
最高速付近で振り落とされそうになったときは
流石に生きた心地がしなかった…

そんなこんなで乗ってきたTZRだが、別れは突然に。

とある夜、いつものようにR246を飛ばして帰宅中、
脇道から合流してきた軽トラ。全くこちらに気付かず…
最終的にまたまた言えない速度で追突。

30メートルも飛んで腰から地面に叩きつけられ、
それでも後ろを見ると、遥か彼方にバイクは転がっていて。
人生初の救急車乗車。
救急車来るまで、そばのサーフショップのお兄さんが
介護してくれたのには感謝。

病院に運ばれ、検査の結果は打撲のみ。
呼んだタクシーの運ちゃんが事故現場見ていたと言うおまけ付き。

実はその事故ったの結婚式の2週間前。
その頃上の子は生まれており、死ななくてよかった…

そのかわり後日見に行ったTZRは無残な姿。
フレームがインライン4が入りそうなほど拡がっており、
衝突のショックを吸収してくれたのが判る。
当然修理なんてムリで泣く泣く廃車。

でも今でも懐かしい思い出の愛車です。

バカの壁

つうと何だか語弊があるけれども。

最近の若い子達の中に、意思疎通レベルが極端に
低い子がいるので。

例えば何か頼むときに、
「AをBしておいて」と言ったときに、
常識で考えれば出来そうでも出来ない。

要は自分で考えたり、憶測したり類推したり気を使ったり。
そういう部分が一切欠如してるんじゃないの?と言う感じ。

結局、「そのCのDの場所にあるAを持ってきて、Eを使ってFの様にBして」
とか説明しなければならず、ひどいときはそれでも間違えたりする。
そしてしばらくして同じことを頼むときも、又1から説明しないと
分からなかったりする。

こういう子たちが確実に多くなっている気がするのだが。
どうだろう。

 ▲ 

カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。