スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本代表トーゴ戦

取りあえず相手が主力でなく、
アフリカから飛行機乗り継いで着いたばかり、
ワールドカップも逃しゴタゴタ…

そんな所へ持ってきて、いきなりいい攻撃から
ポンポン点が入ってしまっては、
もうアフリカ人なんて集中できそうもなく。

とまあそんなわけで、気持ちいいと言えばいい、
悪く言えば物足りない、そんな試合だったが。

岡崎はハットトリックとノリノリだ。
どんな状況であれ、点を取るのが仕事。
やはりこういう展開を経験していかないと、
伸びるモノも伸びないというか。
メンタルの部分での成長を促せたのでは?

森本もやはり良い。
元々ベルディで出てきたときから「持っている」
選手だったが、セリエの弱小チームに買われて
行ったときには、やはり名波や柳沢みたいな
運命に終わるかと思われた。

ただ一つ違ったのは、「まだ子供」だったこと。
そして南米から若くして渡ってくる面々のように、
下部組織からじっくり育てて貰えたこと。
なおかつそんな中で結果を残し、なんと
いまはレギュラーでワントップ!!を張るという。

いまや陰りの見えるセリエとはいえ、
DFの強さが基本のリーグ、そこで屈強な
相手に競り勝っての得点を上げているのである。
そんな期待に対し、またDFを背負って反転からのシュートという
形で結果を残してくれた。

本田については、所謂ビッグマウスであって、
シュートを外し続け、あまりチャンスにも絡めないながら、
ごっつあんゴールを2回続けてモノにするなど、
こいつも持っている選手ではある。
また、大口をたたいているながら、中田とは違い
アタッカーなので、「得点を取る」という誰にでも分かる
評価基準で評価されようとしているのが良い。
又、意外と先輩連中にもかわいがられているようだし。

という形で考えていくと、FWについては岡崎、森本は良いとして、
他が大分微妙である。玉田、大久保、前田など、
ほとんど得点の匂いがしない。
怪我で出遅れている田中達や、佐藤、はたまた石川の方が、
よっぽど取れそうではある。

中盤はW中村、長谷部、遠藤で落ち着いてしまっている。
それぞれ流動的に動けるので、変に怪我無く行ってくれれば、
それで良いような気がする。
もうちょっと守備的なボランチもほしいが、
稲本、今野がバックアップにいればOKと思う。

やはり問題はDFの4枚であって、この3試合においては
相手方の問題もあってほとんど仕事のない状態。
岩政、徳永も使ったが、どう生きるかという意味では
分からずじまい。

GKは楢崎筆頭にどの選手も一長一短で
特に問題もないように思える。

あとはレギュラーとして出ている中でも
今一立ち位置が曖昧になっているのが
玉田、大久保、松井、阿部などであろう。
やはり彼らにはまず自分のチームで、もう一度
しっかり結果を出していくことが重要だと思う。
スポンサーサイト

日本代表スコットッランド戦

何というか、スターティングメンバーを見て、
「ああ、もうダメだなあ」と。

別に出場選手自体が悪いわけではない、
石川だって本田だって他の選手だって見たい。
しかしここまで入れ替えてしまっては
単なるBチームではないか。

コレでいかに活躍しようが点を取ろうが、
じゃあ今までのスタメンからこのメンバー主体になることは絶対に無く。
このやり方で選手を見て、じゃあAチームにどう生きるか、
って言うのも難しいところではないか。

さらに当然のことながら正式試合ではほぼ初顔合わせ。
ここに選ばれるメンバーだから何とか最低限
合わせてはいるが、個々が生きたとは言えないだろう。

最終的にスコットランドがそれほどでもなかった点、
選手を次々入れ替える中で相手も混乱し、
個人技のちょっとした良いアイデアが実って
得点できただけではある。

いやはやどうなって行くやら…

又つまらぬものを作ってしまった…

新型ステップワゴン…

もう発表前に写真が出るのは普通になってしまったが。
オデッセイに乗っているので発表前にミニカタログが届いた。

ちょっと前に某自動車評論家の本を読んでなるほど、
と思ったばかりなのだが、新型車の開発に携わり、ましてや
それのデザインをするなんて大変なことである。
1車種にしてだいたい4年~作り続けるわけだし、
形としてはずっと長く世に残る。
もうこのまま車文化も徐々に衰退、変化していくなか、
その形が気に入られて売れてくれないことには
メーカーだって大変なはず。

ただだからと言って、他のメーカーで売れている
AとBを持ってきて、「コレが売れてるからコレっぽい形で」
っていうのは屈辱ではないのだろうか。

なんていうか、今度のステップワゴン、
お父さんが「トヨタ ノア」、お母さんが「日産 セレナ」
どちらもそう目立つ方でなく、堅実で地味な成り立ちだが、
その地味なところだけ遺伝しちゃった残念な子供のよう。

車にさほど興味がなければ、3車全く見分けが付かないだろうし、
車に詳しい人でさえ、バッジがなければ到底ホンダの車だと
判断できないのではないだろうか。

また、フロントグリルにピッカピカwのメッキをしちゃってるところも、
もうプライドもこだわりもないのかなあと。
さらに言えば確かにセレナのハイウェイスターとか
ヴェルファイアとかも売れてるけど、
あちらさんはそれなりに格好いいからねえ…
大体ターゲット層がメッキグリルを好むのかなあ?
トヨタだってノアよりヴォクシーの方が売れてるんだけど。

初代があれだけ良い資質を持って作られたのに、
それをうまく継承(利用)できずつまらん物を作ってしまう。
まあホンダに限らず多いんだけれども。
好きなメーカーだけに、コレが又売れなくて
衰退しちゃうのも困るんで何とも歯がゆい気分です。

と、話変わって東京モーターショー出展の
「ハチロク復活」プロト。
RX8フロントフェンダーはやめてほしいが、
成り立ち、シルエットは結構良い。
ホイールベースは長すぎるけど、
フラット4フロントミッドに積んだFR、
って言う構成は興味津々。
低重心、重量バランスの良い、
軽量、低価格のスポーツカーって良いと思う。
ただ本当に市販するんだったら、剛性は多少目をつぶって、
昔のトヨタ風に言うとクーペじゃなくリフトバック、にして欲しい。

最近のねこ

仲良し2匹
しばらく画像をアップするのがメンドくて
のせていませんでしたが、
だいぶ近所の川沿いのねこ事情も
変わってしまいました。

以前の自分の記事をひっくり返してみると、
2005年初めあたりから写真上げ出してて、
その頃からずっといたちびのお母さんねこ、実質
メスながらその辺りのボス的な感じだったんですが、
去年辺りかな、新入りの長毛の混じった白猫が
ふらりとやってきて、相当けんかを繰り返し。

双方ボロボロになってきてしまい、
見かねた近所のねこ好きのヒトが
引き取って育てることになった模様。
その時に茶虎のむすめも一緒に引き取られ、
一時ちび一匹と寂しい状況に。

ただちびもあんまり姿を見せなかったりするので、
恐らくだけど、ホームwはあるのかもしれない。

その後、新しく住み着いたのが上の2匹+1匹。
茶虎の方は最初は痩せているのにお腹だけ
ぽっこりしてて、子供いるのかと思ったら雄だった…
という子。えさをもらう内にすっかり立派な
体格となってきた。
すごくおとなしくて優しい子である。

写真には写ってないが、その後
黒猫の雌がふらりとやってきて。
はじめはすごいフレンドリーなねこで、
自分からヒトの膝の上に乗ってくるような子
だったのだが。
それが災いし、ある日中学生ぐらいの
子供らにヒドイ目にあったらしく、
その後は声をかければ返事はするものの、
すっかり人嫌いになってしまった。

そして写真の黒ちゃんは、
子猫に近い位の時から見かけている。
スマートな体型なので雌かと思ったが、
男の子である。

この子はホント昔のちびを思い起こさせる、
いかにもノラネコらしい気まぐれさ、
やんちゃさにあふれていてかわいい子だ。
写真はしばらく前のものなのでまだ小さいが、
今は前記の黒と見分けが付かないほどに
成長した。気まぐれやなので
自分の気分が乗っているときしか
さわらせてくれないが、それはそれでよし。
この間なんか川沿いの木の
かなり高いところで下界を眺めていた。

と、ちびもまだ健在で、たまに会うのだが
暗かったり携帯持ってなかったりで写メはない。
最初に記事に載せたのが2005年1月、
その以前から見ているから、恐らく2004年生まれ。
もう5~6才、さすがに体毛に白髪が目立つようになり、
性格も穏やかになった。
綺麗で真っ直ぐだった尻尾はちょっと
折れ曲がったりしてしまっていた。
今一きちんと住処があるのか分からないだけに、
どうにか長生きして欲しいものである。

それと、餌をあげているおばさんとかいるのだが、
一時植え込みに中に段ボールで家を作った人がいて、
餌やりも実はそうだと思うが、そういうのが嫌いな人に
変に攻撃される理由を作るのは良くない。
餌やりも、毎日来ているおばさんは分かっていて、
食べ終わった分は片付けていくのだが、
たまにやりっ放しの人がいてそれもどうかと。

いずれにせよ、
のらねこ、っていうねこの立場が
ねこ的に厳しいのかどうなのかはわからないが、
実際家で飼えない立場から言うと、
そういうねこもいてほしい、
とおもうこのごろではある。

 ▲ 

カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。