スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンピック

本当にあっけなく、又何も感じられなかった男子サッカーに比べ。

この違いは何だのなでしこジャパン。
最後は力負けではありましたが、良い経験値を
稼げたと思います。

男子の方は負けて出るのはなんだかんだ言い訳ばかり。
「あれがたりない」「あれをやってない」「あれがわるかった」等々。
そんな事じゃ当然無いのはなでしこ見れば
サッカーファンじゃなくてもわかる。

そしてソフトボール。
これは何というか。

ちょうど夏休み期間でもあり、じっくり見れた。
解説が宇津木さん、と言うのも良い選択で、
すごく腑に落ちる、と言うか、アナといいコンビw

じっくり見るとちょっと「えっ」っていうミスやら
采配やらも多かったけど。

とにかくどきどき、ハラハラ。
アメリカ、オーストラリアで延長に次ぐ延長。
そして決勝、因縁のアメリカ。
今回で無くなるこの競技。
投げきるエース。
支えるバッテリー。
アツイ守備。
ホームラン、返されるホームラン。
1死満塁をしのぐ。
落球の続くアメリカ。
気迫のホームイン。
そして歓喜の渦へ…

なんという。
筋書きのないドラマ。
スポンサーサイト

渋谷時代

20代後半、渋谷で働いていて。
お昼やら夕飯やらでお世話になった店は
今でもたまに思い出したり。

とは言えかれこれもう20年経とうかという感じだし、
それっきりほとんど足を向けていないのでどうしたかなあと。

で、この間テレビ見ていて出ていたうどんや。
これが渋谷から移転したという店で。
「やしま」と言う。
以前は一階に駒形どぜうの入った雑居ビルの地下にあり、
お昼時はいつも並んでいるような小さい店。
自分はそこの「ホット冷やし」の大ファンで。
あの椎茸、揚げ、昆布?だったっけの甘く煮たのが乗ったやつに
イカ天を載せて貰うのだ。(デフォルトはエビ天)
うどんは量も多く、その当時でもぎりぎり食べれる位で。
でもそのイカ天が、イカの身に醤油だれ?をつけて揚げてあり。
今でもたまに食いたいなあ、と思います。

あとは本格カレーの「ラージマハール」
これも雑居ビルの5階、シースルーエレベーターで上がるともうお店。
ずっとインド映画ビデオが流れていて。
ランチのチキンカレー、それとナンも美味しい。
「大根のカレー」がオイシイと知ったのもここ。

「桂花」の支店もあって、疲れるとここの太肉麺(たーろーめん)
を食べていた。
後は思い出すままに書くと。

ちた屋の味噌煮込みうどん
「ゴールドラッシュ」のハンバーグ(この店最近は有名店ですね)
それから忘れられないのは洋食屋の「芳松」
井の頭線ガードの裏あたりにあって。
棟方志功のでっかい版画が階段とこにかけてあって。
もうお世辞にも綺麗でもなく、さっき調べたらビル開発で
姿を消してしまったらしく残念。
同僚と行く他に、会社帰り一人で寄ることもあった。
お金があるときはビーフカツ。デミグラ?がかかっているのだが、
そこに又ソースをかけ回して食べるのが好きだったのに。

駒形どぜうもたまにいったし、2階の牛タン屋も美味だった。
その他路地裏には盛りの良い中華屋や和食屋。
台湾系の中華屋も多く好きだった。

なんて思い出すとどんどん出てきちゃう。
もう年かなあ。
いつか又行ってみたいですね。

オリンピックサッカー男子三戦全敗

という結果ですね、まあ。
予想できてはいても、あまりにひどい最低の結果。

まあ、監督の力量以前に、サッカー協会として
ホントに何がしたかったのか疑問。

ばらばらの日程の中、セレクションの繰り返し。
「その時一番良い選手を使う」ってのは一見(一聴?)
聞こえが良いけれども、競馬馬でもあるまいし、
ましてやチームでやる競技。

結局本大会でも出てくるのは不協和音のみ。
選手がそういう事言うのどうよ、的な意見もあるが、
そのくらい気概のある選手を束ねてこそのもので。

選手の好不調はどうしたって必ずある、当然ながら
大会直前に良くても大会ではさっぱり、って事もある。
だからこそ本当の力量を見極め、戦術を練り上げ、フィットする
選手をセレクトし、合宿をともにし、コンビネーションを上げ…
と言う作業が本当に出来ていたのか?

端から見ると、ホント気まぐれで選手をとっかえひっかえ、
予選での中心選手もちょっとコンディション落ちたと言って
換え、呼ばなかったり直前で呼んだり。
海外組は相変わらずコンディションに関わらず使う的な。

ジーコの4年間以来、何がやりたいのやらさっぱり
わかりませんなあ。

オシムもこうなると良かったのか悪かったのか。
岡ちゃんには期待はしてますがね。

後なでしこはよかったね。
こういうのが見たかった、男子でも。

反町ジャパン

と言うことで第一戦対アメリカ。
眠くて寝ちゃって後半で出しぐらいから見始めたらあっさり取られ。
その後得点の気配すらないまま終了となった。

何つうか、ホント勝ちたいんだろうか、あの選手たち。
玉ぎわのがつがつ感が全くなし。
持ったとき絶対渡さない、相手から絶対取る、止める、
俺に持たせたら点取ってやる、ルーズボールに食らいつく、等々。

まあ、あの迷走消極テスト監督、反町の下じゃしょうがない?
最後の最後まで見極められず、固められず。
あげくあのスターティングメンバー、交代策。
入れた選手はどこにいるの的な。
また解説も前オリンピック腑抜け監督で哀れをそそるし。

でもサッカーって何が起こるかわからないから、
若干期待してしまったこっちが悪いんかなあ?

 ▲ 

カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。