スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡ちゃん辞任

先日横浜Fマリノス監督、岡ちゃんでおなじみw?の
岡田武史監督が辞任を発表しましたが。

基本的に日本では1、2を争う監督と思ってますが。
03、04と2年連続でJリーグを制覇したあと、それによる
国外カップ戦や、ワールドカップに選手をとられたり、
そしてその過密日程の中、次々と主力選手は故障。
ここのところベストの布陣なんて組めたこと無かった。

そう考えれば、岡ちゃんの責任と言うより、効果的な補強が
進まなかったフロントの体質とか、体調管理に問題があった、
フィジカルコーチ(代表の方含め)のも一因有りかと。

とはいえ長期政権が続いたせいで、マンネリに陥っていたのは
確かではあって。ここで一休みしてもらって、次に備えてもらえれば。
それに岡ちゃんのサッカー解説好きなんで、又聞く機会が
増えると思うと嬉しいです。

で、次監督はなんと?水沼君となりました。
まあ、お手並み拝見といったところでしょうか。
スポンサーサイト

誕生日

今日は誕生日。
42歳になりました。

たまたま休みだったですが、妻はパート、
子供2人も今更どうと言うこともなく、家でだらだら。
と言うわけで、朝起きて、ネットをちょっと徘徊、ゲームして、
銀行に振り込みに行って、洗濯して、なんて感じで。

午後一段落してテレビを付け、ケーブルのチャンネルを
一通り見て行ってみたら、池波正太郎原作の「剣客商売」やってまして。
しかもずっと見たかったキャスト版での再放送。
秋山小兵衛役が中村又五郎、大治郎が加藤剛という。
この組み合わせは今まで見たことがなくて、でも作者自身が
色々書いている中で、イメージが一番近いんじゃないかと思われ。

お題は「辻斬り」、昔放送したTVのスペシャル版らしい。
途中からでしたけど、本はもう何度も読み返しているのですっと入り込めました。
いや、やはり全然良い。実際のところ、今まで自分がイメージしていた
秋山親子そのものが、画面で動いているという感じ。
カット割りや照明、役者の立ち居振る舞い、台詞回しの一つ1つまで、
ほんとうに細やかに考えられているのが判る。
見始めるとあっという間に引き込まれ、楽しく見ることが出来ました。
当時は作者である池波正太郎氏も、当然制作に関与しているであろうし、
まさに「剣客商売」の世界そのもの。
個性的な脇役、眉墨の金ちゃん役を、若き地井武雄がやっていたのも
おもしろかった。軽妙ながら、最後はちょっと泣かせました。
残念なのは基本的にこの組み合わせは舞台のもので、通常の
テレビドラマ版は小兵衛が違う役者さんなんですねえ。
今もたまに藤田まこと主演とかでドラマになってますが、
イマイチというかイメージに合わなくて…

まあなにしろ、良いもの見れました。

日本代表公式戦:イエメン戦

オシムジャパン第2戦目、いよいよ公式戦のイエメン戦。
とは言ってもアジアカップ予選、格下との戦いではあり。

全く自陣に引いてしまっている相手に、やっぱり苦労していたようで。
今回は巻という前線のターゲットが出来るも、イマイチ又しても
決定力には欠ける感じは否めず。シンプルにボールを動かす、
と言う大命題があるせいか、一対一で仕掛けるべきところも
パスになってしまうのは残念な感じがした。

ただ、チャンスは何度もあり、それの内2回は生かせた、って
ところになるでしょうか。

見所はやっぱり後半ギリギリで投入された佐藤寿人の、
いかにも彼らしいゴール、と、先日A3で目の下を負傷した
双子の兄貴と、同じような怪我をした、ってところ?でしょうかw

 ▲ 

カレンダー
07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
Jリーグ順位表
TVゲーム
月別アーカイブ
最新記事
Translation
ブログ内検索
プロフィール

pri

Author:pri
12月6日.LOVAELOGより移行しました。
上の写真はラブリーちび
今後はのんびり更新していこうと思います

SKYRIM
PCゲーム
Amazonで検索
コメントありがとうございます
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。